オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/28 14:20

ニュース

NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

 2019年2月28日,NETGEARの日本法人であるネットギアジャパンは,新世代の高速無線LAN技術「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応する無線LANルーター「Nighthawk 8-Stream AX6000 WiFi Router」(国内製品名Nighthawk AX8 プレミアムWi-Fi 6ルーター型番:RAX80-100JPS,以下 Nighthawk AX8)を国内販売すると発表した。
 メーカー想定売価は4万9980円前後(税込)で,2月28日からAmazon.co.jpで予約注文(※リンクはAmazonアソシエイト)の受付を開始している。出荷開始は2019年4月26日の予定となっているが,前倒しの可能性があるそうだ。

Nighthawk AX8
画像(002)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

 本稿では,2月28日に東京都内のネットギアジャパン本社で行われた新製品発表会での情報と合わせて,Nighthawk AX8を簡単に紹介したい。

 冒頭でも触れたとおり,Nighthawk AX8最大の特徴は,新しい高速無線LAN技術であるWi-Fi 6に対応している点にある。Nighthawk AX8では,周波数5GHz帯の電波を使う接続時で最大4.8Gbps(※理論値,以下同),2.4GHz帯を使う接続時は最大1.2Gbpsという高速な無線データ通信が可能であるという。
 現時点では,Wi-Fi 6に対応する機器は国内でほとんど存在しないのだが,Samsung Electronicsが発表した新型スマートフォン「Galaxy S10」がWi-Fi 6への対応を謳っているように,2019年に登場するハイエンドスマートフォンでは,対応する製品が少しずつ増えていくと思われる。その点では,宝の持ち腐れにはならないだろう。

 なお,Nighthawk AX8は,60GHz帯の電波を使う「IEEE 802.11ad」(関連記事)や,複数の無線LANアクセスポイントを組み合わせるメッシュネットワーク機能には対応しないので,その点には注意が必要だ。

Nighthawk AX8の特徴をまとめたスライド
画像(007)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

 Nighthawk AX8で面白い点は,内蔵する無線LANアンテナが固定式で,ユーザーが自分で向きを調整したりする必要がないという点だ。今どきの高性能無線LANルーターでは,4〜8本ほどの可動式アンテナを備えるものが珍しくないが,アンテナの向きを最適な状態に調整するのは,ノウハウを持たないユーザーにはなかなか難しい面があるのも事実。その意味では,Nighthawk AX8のようなアンテナ固定式のほうが設置は楽に行えよう。

大きな翼のようなアンテナカバー(左)。カバー内には2本のアンテナがあり,両側合わせて4本のアンテナによる4x4 MIMO対応を実現している。右はアンテナ部分を持ち上げて折りたたんだ状態だ
画像(003)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表 画像(004)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

 有線LAN機能については,1000BASE-T対応のLAN用Gigabit Ethernetポートを5基備えており,そのうちポート4番と5番の2つを使ったリンクアグリゲーション機能にも対応しているそうだ。
 なお,米国版のNighthawk AX8は,WAN用Gigabit EthernetポートとLAN用のポート1番を組み合わせたWAN用のリンクアグリゲーション機能も備えているのだが,国内版では技術基準適合証明(技適)に対応するため,WAN用リンクアグリゲーション機能は使えなくなっているとのことだった。

Nighthawk AX8の背面。有線LANポートはWAN用×1,LAN用×5という構成だ。そのほかに,プリンタやUSBストレージを接続できるUSBポートも2つ装備する
画像(005)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

本体の天面にはメッシュ状のパネルがあり,その中に冷却ファンが見えた(左)。また,天面奥側には無線LAN機能やWPSの操作ボタンと,動作状態を示すLEDが並んでいる。右は底面側で,通風孔と壁掛け用と思われる孔があった
画像(006)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表 画像(010)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

 説明書を確認してみても,ゲーマー向けに特化した機能を備える製品ではないが,これから無線LANルーターを導入するのであれば,新しいWi-Fi 6をサポートする製品を選びたいという人なら惹かれる点があるのではないだろうか。

ネットギアジャパンは,プロゲームチーム「SCARZ」をスポンサードしているが,新たに「ぷよぷよ」のプロゲーマーであるtema選手のスポンサードを行うことも発表となった。右は,ゲストで登壇したSCARZ代表の友利洋一氏(左)と,tema選手(右)
画像(009)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表 画像(008)NETGEAR,「Wi-Fi 6」対応で最大4.8Gbpsの通信が可能な無線LANルーター「Nighthawk AX8」を発表

Nighthawk AX8をAmazon.co.jpで購入する(Amazon Android アプリストア)

NETGEARのNighthawk AX8製品情報ページ


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日