オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/06/16 18:09

ニュース

Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ

 北米時間2015年6月15日,Microsoftは,Xbox OneおよびPC用の新型ワイヤレスゲームパッド「Xbox Elite Wireless Controller」を2015年10月に北米で発売すると発表した。149.99ドル(税別)と,非常に強気な価格設定がなされた新製品は,豊富なカスタマイズ機能が最大の特徴だ。
 対応プラットフォームはXbox OneおよびWindows 10/8.x/7。現在のところ,国内販売の予定は明らかになっていない。

Xbox Elite Wireless Controller
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ


製品に付属するD-Padやスティック,パドル
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ
 さて,Xbox Elite Wireless Controllerで何をカスタマイズできるかだが,スティックやD-Padといったハードウェア部分と,ボタンやスティックへの機能割り当てというソフトウェア部分の両方である。

 まずはハードウェア面のカスタマイズから見ていこう。製品ボックスには交換用として,長さの異なるスティック頂部が3種類,左右1組で計6個と,形の異なるD-Pad頂部が2個付属している。これらを付け替えることで,好みのゲームパッドを作れるようになっているというわけだ。

製品ボックスに含まれるもの。ゲームパッド本体と交換用部品をまとめて持ち運べるキャリングケース(写真右上)も付属している
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ

 冒頭の写真でD-Pad部分が小さな皿のような形をしているのに気づいたと思うが,これがXbox Elite Wireless Controllerにおける新要素の1つ,「faceted D-pad」である。これは,とくに格闘ゲームの操作に重点を置いて設計されたものとのことで,見るからに斜め方向の操作がしやすそうだ。ちなみに,付属するもう1つのD-Pad頂部は,従来的な十字キー型の「standard D-Pad」となっている。

お皿のような形のfaceted D-pad(左)と,一般的な形状のstandard D-Pad(右)

 背面側には,パドルを最大4つ,左右の中指や薬指での操作に適した位置へ配置できるようになっている。これらはいずれもアナログ入力スイッチとなっており,自動車を操作するときのアクセルやブレーキのような用途で使うことが想定されているようだ。

背面側には[P1]〜[P4]パドルを取り付けられる。別に4つ全部取り付けなければならないというわけではないので,使うものだけ取り付ければいい
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ

 左右のアナログトリガーは,底面側にあるスイッチを切り替えることで,トリガーを引き切るのに必要な距離を,2段階で変更できるという。距離を短くすれば,トリガーの入力を通常よりも素早く行えるようになるため,たとえばFPSにおける武器の連射がしやすくなる,といった効果があるらしい。

左右アナログトリガーの形状自体はあまり変わっていないようだが,背面側にチラリと見える緑色のスイッチを切り替えることで,引き切るまでの距離を短く設定できる
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ

 アナログスティックは,柱の部分を変更することにより,3段階で高さを調整可能だ。他社製品でも似たようなものはあったが,それをXbox純正コントローラで対応してきたのがトピックということになるだろう。

最も短いアナログスティックを装着した状態(左)と,最も長いアナログスティックを装着した状態(右)。換えの“柱”は3セットあり,任意に変更できる。もっとも過去の経験からすると,長いスティックは使いづらいだけだったりもするのだが
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ

 一方,ソフトウェア面のカスタマイズ機能では,Xbox OneまたはWindows 10用のカスタマイズアプリを使用して,[A/B/X/Y]それぞれのボタンやD-Pad,トリガーやパドルといった14種類の入力に対して,好みの操作を割り当てられるという。アナログトリガーの最大/最小値やスティックの感度も調整可能だ。
 カスタマイズの結果は,最大で255個のプロファイルとして保存しておくことができる。そして,プロファイルのうち2つXbox Elite Wireless Controllerに登録できる(≒内蔵フラッシュメモリに保存できる)ようになっており,保存したプロファイルは,[Xbox]ボタンの手前に用意されたスライドスイッチ「Profile Switch」から,簡単に切り替えることも可能だ。
 なお,操作割り当てのカスタマイズアプリは,Xbox OneおよびWindows 10用とのこと。Windows 8.x/7搭載PCでは利用できないとされている。

操作割り当てカスタマイズのイメージ。任意のボタンに対して,ほかのボタンを割り当てるという形でカスタマイズするようだ
Xbox One&PC用の「Xbox Elite Wireless Controller」が北米で10月に発売。149.99ドルの高価なゲームパッドはカスタマイズ性の高さがウリ

 部品の交換や機能割り当てのカスタマイズといった高度な機能を備えたサードパーティ製のゲームパッドというのは今までもあったが,耐久性が純正ゲームパッドより劣るものが多く,高い対価を支払って手に入れるのは,なかなか勇気がいるものになっていた。その点で,Microsoft純正というのは,耐久性や,保証面で,かなり期待できるのではなかろうか。背面側のパドルも,従来とはひと味違う操作感を楽しめそうで,実機で試してみたい。
 国内展開の予定は今のところ不明だが,ぜひ国内でも販売してほしいところだ。

Xbox Elite Wireless Controller製品情報ページ(英語)


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日