オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/11/12 20:00

紹介記事

PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 本日(2020年11月12日)発売されたPlayStation 5(以下,PS5)の特徴の1つが,プレイ動画やスクリーンショットをSNSに投稿したり,動画配信サービスを使って生配信ができる,DualSenseコントローラの「クリエイトボタン」だ。
 PlayStation 4の「シェアボタン」に新要素を追加し,より分かりやすく,簡単にできるものへと進化した,このボタンから使えるシェア機能を紹介しよう。

DualSenseコントローラ。クリエイトボタンは方向キー右上(PS4のコントローラでいうとシェアボタンの位置)にある
画像集#001のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 PS5のクリエイトボタンででできることは,基本的にPS4の「シェア」ボタンと同じ。ゲームの動画やスクリーンショットの撮影アップロード,ゲームプレイ動画の生配信(ブロードキャスト)だ。
 ゲームプレイ中での動画やスクリーンショットの撮影方法,生配信を始め方といった部分も基本的にPS4の「シェア」と同じだが,撮影やシェアに関する各種機能がより細かく設定できるようになり,それらが気軽かつスピーディに行えるようになった。

画像集#003のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 手軽さを感じさせてくれるのが,クリエイトボタンを押した際に画面下部に表示されるメニューだ。アイコンでの表示がメインとなったため,文字情報が多かったPS4のシェアメニューに比べかなりすっきりして見やすくなっている
 カメラのアイコンがあるのがスクリーンショットの撮影。赤い丸(REC)が録画開始。電波塔がブロードキャストと,アイコン自体も一目瞭然といったデザインで分かりやすい。

縦長の表示だったPS4のメニュー画面では,スクロールしないと表示されない選択肢があったので,横長で限られた数のアイコンのみが並んでいるPS5のメニューはかなりラクになった印象
画像集#002のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 “手軽かつスピーディにゲームプレイ動画や写真をシェアできる”を実現しているなによりの要素が,プレイ中のゲーム画面のまま,シェアする画像や動画の選択,簡単な画像の調整,各種機能の設定変更などができるところだろう。
 保存する画像のファイル形式,録画時のマイク音声の有無,ブロードキャストのビデオ品質など,シェアや配信に必要な設定が,PS4のシェアのように別画面が開くことなくサクっとできるのだ。
 
現在ブロードキャストに対応している動画配信サービスは,YouTubeとTwitchの2つ
画像集#006のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介
PS4と同じく,各機能を使用するには「PlayStation Network」(以下,PSN)のアカウントでのログインと,アップロードや配信に使うサービス側のアカウントが必要
画像集#004のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介 画像集#005のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介
ブロードキャストのオプションも一画面で見やすく,解像度とフレームレート,各種表示を手軽に変更できる
画像集#007のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介
キャプチャオプションでは,ビデオクリップの保存形式(WebMかMP4)の変更も可能に
画像集#008のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 プレイ動画を制作する人にとって嬉しいものとなりそうなのが,「直近のゲームプレイを保存」という機能だ。選んだ時点から最大で60分前から現時点までのプレイを保存できるというもので,直近の15秒 / 30秒 / 5分 / 15分 / 30分のゲームプレイを保存できる「一部分をビデオクリップに保存」と,60分の動画が保存可能な「全体をビデオクリップに保存」がある。
 長回しで動画を撮影し,そこから良いシーンを切り取って……という流れでプレイ動画を作成すると,なかなか時間がかかることがある。そこで,プレイ中に「今のシーンは使えそうだぞ」と思ったら「一部分をビデオクリップに保存」でその部分のみを切り出し,プレイ全体の流れを「全体をビデオクリップに保存」で残しておく形にすれば,効率よく動画編集ができそうだ。

クリエイトのメニューの中心,スクリーンショット撮影のアイコンの左横にある
画像集#009のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介
画像集#010のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 メニューの一番左にある「最近のクリエイト」も,動画制作に役立つ機能となっている。
 これは,直近で撮影した15個までの画像や動画をゲーム画面を開いたまま確認でき,動画のトリミングや画像の切り抜きといった簡単な編集,YouTubeやTwitterへの投稿も簡単にできるというものだ。
 PS4では,撮影した動画や画像を「今のはうまく撮れていたかな」とちょっと確認するにも,プレイ中のゲームを離れてギャラリーを開かなければならず,なかなか手間だった。それがサクッと確認できるのは,作業効率だけでなくストレス軽減の点でも効果が大きい。

クリエイトのメニューの一番左。画像で表示されているのが「最近のクリエイト」。画像の左下の矢印アイコンを選べば,TwitterとYouTubeに選んだ画像や動画(YouTubeは動画のみ)を投稿できる
画像集#012のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介 画像集#013のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介
ちょっとした切り抜きやテキストの追加なら,ゲームから離れずサクッとできる。なお,動画編集の場合,プレイ中のゲームによってはプレビューが見れない場合があったので要注意だ
画像集#014のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

 ゲームを一人で黙々と遊ぶことが多く,自身のプレイ動画をSNSに投稿したり生配信をしたりといったことは考えたことがなかった筆者も「ここまで手元でできるならちょっとアップしてみようかな」と思えるくらい簡単だった。さらに動画編集ツール「Share Factory Studio」を使えばなかなか凝った動画を作成できるので(関連記事),PS5でゲーム動画制作やストリーマーデビューをするのもありかもしれない。
 まだまだできることが増えそうな,拡張性の高さも感じさせるクリエイトボタンが,今後どのように進化するかも気になるところだ。

こちらは実際にTwitchで配信した動画を撮影したもの
画像集#011のサムネイル/PS5ではプレイ動画 / 画像の投稿や生配信がより手軽に。DualSenseのクリエイトボタンから利用できるシェア機能を紹介

PlayStation 5公式サイト

  • 関連タイトル:

    PS5本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月24日〜01月25日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月