オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/01/12 07:51

ニュース

Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

 北米時間2021年1月11日,Intelは,オンラインイベントとなった「CES 2021」に合わせて行った独自イベントで,2021年中に投入予定という第11世代Coreプロセッサおよび次世代CPU「Alder Lake」に関するいくつかの発表を行った。本稿ではそれらをまとめて,簡単に紹介しよう。

数々のCPUを発表したIntel上級副社長のGregory Bryant
画像集#002のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表


薄型ノートPCでも最大5GHz「Tiger Lake H35」


 Intelは,薄型ノートPC向け第11世代Coreプロセッサの新しいバリエーションとして,ゲーマー向けノートPCをターゲットにした開発コードネーム「Tiger Lake H35」をリリースすると発表した。
 Tiger Lake H35は,現行のノートPC向け第11世代Coreプロセッサと同じ10nm SuperFinプロセスで製造されるもので,ラインナップは「Core i7-11375H」「Core i7-11370H」「Core i7-11300H」の3種類となっている。

Tiger Lake H35の主なスペック
画像集#006のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

 最大4基のCPUコアと,Intel独自の統合型グラフィックス機能(以下,内蔵GPU)である「Xe-LP」(※演算ユニットであるEU数は96基),最大20レーンのPCI Express(以下,PCIe) 4.0も備えるといった特徴は,既存の第11世代Coreプロセッサと同じであるが,最大の特徴は,Turbo Boost時で最大5GHzという高い動作クロックで駆動できる点にある。

 ちなみに,Configurable TDP(※PCメーカーが設定できる最大消費電力)の最大値は35W,最小値は28Wとなっており,現行品の15Wよりは消費電力も増えているようだ。

Tiger Lake H35の主な特徴を示したスライド
画像集#007のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

Tiger Lake H35のブロック図。現行のノートPC向け第11世代Coreプロセッサと変わらないようだ
画像集#004のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

Tiger Lake H35搭載PCは,日本のPCメーカーであるVAIOの名も上げられていた。VAIOのゲームPCが登場するのだろうか?
画像集#009のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

 それに加えてIntelは,2021年後半にCPUコアを8基に増量したTiger Lake-Hをリリースすることも明らかにした。

8コア版Tiger Lake-Hの試作チップ
画像集#003のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

 スペックの詳細は公表されなかったものの,最大動作クロックは5GHzで,PCIe 4.0対応とのこと。高い処理能力を要求するゲーマー向けノートPCでは,8コア版Tiger Lake-Hは歓迎されるであろう。


デスクトップPC向け Rocket Lake-S


 2020年10月に概要が明らかになったデスクトップPC向けの第11世代Coreプロセッサ(開発コードネーム Rocket Lake-S)については,残念ながら目立つ情報のアップデートはなかった。
 Rocket Lake-Sは,「Cypress Cove」と呼ばれるアーキテクチャを採用する14nmプロセス世代のCPUで,Xe Graphicsベースの内蔵GPUを備えており,IntelのデスクトップPC向けCPUとしては初めて,最大20レーンのPCIe 4.0に対応する。

Rocket Lake-Sの主な特徴を示したスライド
画像集#005のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

12コア版のRyzen 9を搭載するデスクトップPCと,Rocket Lake-S搭載デスクトップPCでのゲーム性能を「Metro Exodus」で比較したデモ。競合より高いフレームレートを発揮できるとしている
画像集#010のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

2021年1月12日16時頃追記:初出時,Metro Exodusによる比較デモをノートPCによるものと記載しておりましたが,正しくはデスクトップPCでした。お詫びして訂正いたします。


次世代CPU「Alder Lake」


 言及があったという程度であるが,IntelはTiger Lake世代の後継となる次世代CPU「Alder Lake」(開発コードネーム)を2021年中にリリースすることも発表した。
 Alder Lakeは,現行の10nm SuperFinプロセスの改良版「Enhanced 10nm SuperFin」で製造するプロセッサで,新しいCPUアーキテクチャ,より高クロックで動作可能といった特徴を備えており,デスクトップPC向けとノートPC向けが開発中であるとのことだ。

Alder Lakeを予告したスライド
画像集#008のサムネイル/Intel,最大5GHz版の「Tiger Lake H35」や8コアTiger Lakeなどの新型CPUを発表

 そのほかにもIntelは,ビジネスPC向けプラットフォーム「Intel vPro」の第11世代Coreプロセッサ版や,教育市場向けノートPCにPentiumおよびCeleronブランドのCPUを展開することも明らかにしている。

IntelのCES 2021関連情報ページ(英語)

4GamerのCES 2021関連記事

  • 関連タイトル:

    第11世代Core(Rocket Lake,Tiger Lake)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月