オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/26 10:00

連載

手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

画像(011)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向けアクションゲーム「田中にタイキック2」iOS / Android)を紹介しよう。本作は連載第439回で紹介したバカゲー「田中にタイキック」の続編だ。

アプリは無料で遊べる。プレイ中に広告表示あり
画像(001)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回 画像(002)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

「田中にタイキック2」ダウンロードページ

「田中にタイキック2」ダウンロードページ


 プレイヤーは「田中(口を開けているキャラクター)」か「それ以外か」を見極め,タップで「けらない」「ける!」を判断し,制限時間内にスコアを稼いでいく。タイトル名のとおり,田中のみをキックしよう。

口を開けているのが田中。田中以外を蹴ると「なんでやねん!」とツッコミが入る
画像(003)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回 画像(004)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

 蹴る or 蹴らないの選択を連続して成功させると,コンボ数が増えていく。すると,プレイ中は制限時間が延長されるタイムボーナスが入り,タイムカウントが0になった終了後はスコアボーナスが加算される。

素早く正確にプレイしているとタイムボーナスが入り,スコアも稼ぎやすくなる
画像(005)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回 画像(006)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

 スコアが伸びると,田中も衣装も変化していく。それぞれの姿の田中を一定回数キックすると「称号」を獲得可能だ。
 この称号には「最大コンボが○○以上」や「スコア××点以上」なども存在するので,一覧で確認してみるといい。

画像(007)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回 画像(008)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

 ゲームモードはノーマル,ハード,ストレス解消の3種類で,それぞれ難度が異なる。なお,ストレス解消は田中しか出てこない,憂さ晴らし専用のモードとなっている。
 それとハイスコアは全プレイヤー間で集計されているので,配信開始から長らく時間が立ってしまっているものの,ランキング上位を狙ってみるのもいいだろう。

トップ100は信じられないスコアを叩き出しているようだ
画像(009)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回 画像(010)手と目で瞬間的に判断! スマホ向けアクション「田中にタイキック2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2115回

 瞬間的な判断と操作を繰り返すだけのシンプルなゲームだが,称号やランキングなどのプレイ目標も充実している本作。単純なスコアアタックに挑戦するだけでも思わずやり続けてしまう魅力があるので,気になる人はぜひとも挑戦してみてほしい。

著者紹介:H.H
 ゲーム系分野で活動中のフリーライター。現役アーケード格闘ゲーマーとして,日々ゲーセンで第一線級のプレイヤー達と鎬を削っている。コンシューマやスマホアプリでは,ジャンルを問わずに面白いゲームなら何でもやる雑食系。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    田中にタイキック2

  • 関連タイトル:

    田中にタイキック2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月