オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/07/18 15:46

リリース

親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

コドモ社長vsオトナ社長
配信元 ブランコ・カンパニー 配信日 2019/07/18

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


親子で起業体験できるボードゲーム
「コドモ社長vsオトナ社長」発売
AI・グローバル化…「予測困難な時代」を
生きる子どもたちに、どんな力が必要?
ゲームしながら「仕事観」「ビジネス」に
ついて話す親子体験をつくろう!

親子の好奇心をくすぐるwebマガジンUZUZU[ウズウズ]を運営するブランコ・カンパニー株式会社(東京都千代田区、代表取締役:市原真理子)は、親子が起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」を、7月18日(木)より、300個限定で発売することをお知らせします。

画像(001)親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

ボードゲームの価格は3,980円(税別)。webマガジンUZUZU(https://uzuzu-mag.jp/boardgame)および神保町ブックセンターにて、販売いたします。

発売記念キャンペーンとして、webマガジンUZUZUからの購入先着30個は3,500円(税別)でお買い求めいただけます。また、ゲーム発売を記念した親子イベントを小学生の親子10組を招待して、8月24日(土)、神保町ブックセンターにて開催いたします。

■親子が起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」とは

画像(002)親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

「コドモ社長vsオトナ社長」は、親子でトークしながら遊ぶ「会社づくり」ゲームです。

各プレイヤーが資本金300万円を手元に、やりたい事業と会社名を決めてスタートします。社員はどのくらい雇うのか、商品を仕入れたり、会社のブランドパワーを高めたり。チャンスもあれば、アクシデントもきて・・・さまざまな決断をしながら、最後まで会社をうまく経営できた人が勝ちとなります。

小学校2年生以上の子供と親が一緒にプレイできる。

■ゲームの企画・開発の背景
グローバル化や人工知能・AIなどの技術革新が進み、予測困難な時代。未来を生きていく子供たちにどんな体験を与え、どんな力を育んだらいいのか?子育て世代は悩んでいます。世の中の仕組みや会社に関心を向け、どんな仕事を選んで生きていくのか…そうした「子供の考える力」を育みたいと思っている親は多いのではないでしょうか。

このゲームは、会社を始める時には「どんな会社を目指すのか?」「誰に喜んでもらうのか?」等をトークし、中間地点や決算では、様々な「働く」をテーマにしたサイコロトークを行います。

画像(003)親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

「遊びながら、親子が自然と『仕事』について語り合う時間をつくれないだろうか?

そう考えたのがこのゲームを作るきっかけです。お父さんやお母さん自身の『仕事観』や『素晴らしいと思う会社』について話したり、会社づくりをする体験から、子供が社会や仕事へ関心をもつ機会をつくりたい。一方、大人も働く環境が変化しています。会社経営・起業をゲームで体験し、会社員とは違う視点で『働くこと』を考えてみる、そんな親子体験ができたら面白いのでは。そう考えて親子の起業体験ゲームを作りました。」(小学生の母でもあるUZUZU編集長の市原真理子)

本ゲームでは、親が会話をリードすることが、子供たちが楽しむコツとなります。ゲームの共同開発者である、おもちゃクリエイターの高橋晋平さんは、次のように話します。

「このゲームは、オリジナルの新しい事業を考えてスタートすることもできます。『ビジネスは、そんな甘いものじゃない!』などと教えるのではなく、子供なりの発想を大切にして、『すごい発想だ!』『そこによく気づいたね!』と褒めるトークをして、親は子供を全力で楽しませることに注力してください」。

■ゲーム監修者:高橋晋平氏プロフィール

画像(004)親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

株式会社ウサギ代表取締役、おもちゃクリエーター。バンダイを経て独立。各種企業のチームと共同で、玩具雑貨やゲームなど、遊びの要素を持った新商品を開発している。開発に携わったゲームに『アンガーマネージメントゲーム』『民芸スタジアム』『THE仮想通貨』『グーチョキパーダラピン』など、著書に『一生仕事で困らない企画のメモ技』(あさ出版、2018年)などがある。

■ボードゲームの内容

画像(005)親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

商品名:おやこで起業体験ゲーム コドモ社長vsオトナ社長
企画・開発:おもちゃクリエイター高橋晋平×親子の好奇心をくすぐるUZUZU編集部

ロゴ・イラスト:イラストレーター久野貴詩
発売日:2019年7月18日
価格:3,980円(税別)
販売場所:親子の好奇心をくすぐるwebマガジンUZUZU、神保町ブックセンター他(予定)
対象年齢:7歳以上の親子
対象人数:2人〜4人
プレイ時間:30分〜60分
セット内容:ゲームボード1枚、社長カード4枚、事業内容カード10枚、行動カード54枚、チャンスカード4枚、会社パワーカード4枚、マーカー9個、紙幣60枚、サイコロ5個、説明書

ゲーム詳細・購入方法は公式サイトで紹介:https://uzuzu-mag.jp/boardgame

画像(006)親子で起業体験できるボードゲーム「コドモ社長vsオトナ社長」が本日より300個限定で発売

ゲームパッケージ(B5サイズ/左:表、右:裏)

発売記念の親子イベント開催

■ゲームを体験できるイベント開催!小学生の親子10組をご招待
発売を記念して『コドモ社長vsオトナ社長』を実際に親子で体験できるイベントを8月24日(土)、神保町ブックセンターにて開催いたします。

親子イベントには、ゲーム開発協力者の高橋晋平さん(おもちゃクリエイター)およびUZUZU編集長の市原真理子などが登壇。ゲームの遊び方を解説し、親子で一緒にプレイするとともに、ワークショップ形式で「働くこと」や「起業」に関して楽しくトークし合うイベントです。本商品で遊ぶ時の「10倍楽しむ親子トークの秘訣」を、親プレイヤーにお伝えするイベントでもあります。

親子イベント「おやこで起業体験ゲーム!コドモ社長vsオトナ社長で遊ぼう!」
■開催日時:2019年8月24日(土)13:00-15:00(受付12:45〜)
■開催場所:神保町ブックセンター
■住所:東京都千代田区神田神保町2丁目3?11F
■参加対象:小学校2年生〜6年生のお子様と保護者の親子
■参加費用:特別価格3,000円(税別)
■定員:親子10組(先着順)
■参加特典:
1.『おやこで起業体験ゲームコドモ社長vsオトナ社長』(定価3,980円・税別)をプレゼント
2.UZUZUオリジナルキーホルダーをプレゼント

■申し込み:https://uzuzu-mag.jp/boardgame

「コドモ社長vsオトナ社長」公式サイト

  • 関連タイトル:

    コドモ社長vsオトナ社長

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月