オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ReversEstory公式サイトへ
  • ilili_barcode
  • 発売日:2019/06/15
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/13 10:00

連載

移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回

画像(009)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ランダム生成のステージを攻略していき,最奥に潜むボスを討伐する,スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」iOS / Android)を紹介しよう。

アプリは無料で遊べる。ゲーム内リソースの有料要素もあるが,無料でも全コンテンツを体験可能だ
画像(001)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回 画像(002)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回

「ReversEstory」ダウンロードページ

「ReversEstory」ダウンロードページ


 主人公「ナナ」はタップで弓射撃,フリックで移動する。矢は自動で敵にフォーカスされるが,強力なチャージショットはエイミングの必要がある。操作こそ簡単なのだが,攻撃に移動に回避,時間経過で回復するものの全然足りない矢数などが組み合わさり,考えることは多い。
 また敵の攻撃もなかなか激しく,初期状態のライフ3をあっという間に削りきられてしまい,ゲームオーバーになることもしばしばだ。大切なのは絶えず動き続けることなのである。

チャージショットの溜め中は動きが鈍くなるので,利用は慎重に
画像(003)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回 画像(004)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回

 ステージ内ではさまざまな装備品を入手できる。1度に撃てる矢数が増えたり,倒した敵が爆発したりするなど,アイテムの種類は多彩だ。
 それにシューティング要素が強いのもあって,腕がよければ装備が貧弱でも進むことはできる。あれこれ試しつつ,腕を磨いていこう。

ステージ移動時に特殊効果を選択する。こちらも腕前と相談するといいだろう
画像(007)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回 画像(008)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回

 ゲームオーバー後は,ローグライクらしく初期装備でやり直しだ。慣れないうちは苦労するかもしれないが,ゲーム中に手に入る通貨を貯めることで,ライフの最大値を永続的に上昇させることもできる。
 それに攻略中に苦難に陥っても,どこかで回復薬を得るチャンスはあるので,命の灯が乏しくなっても諦めずに進もう。

ゲームオーバーになると拠点に戻される。ライフ最大値もここで上昇させられる
画像(005)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回 画像(006)移動に射撃に大忙し。スマホ向けアクションRPG「ReversEstory」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2106回

 ローグライクな収集要素と,攻撃に移動にとアクションに大忙しな本作。片手でプレイできる手軽さながら,人によってはどっぷりハマれる魅力があるので,興味を持った人はぜひ遊んでみてほしい。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,"キャプチャー・ザ・フラッグ"こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ReversEstory

  • 関連タイトル:

    ReversEstory

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月