オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
EXOS HEROES公式サイトへ
  • LINE Games
  • 発売日:2020/05/28
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/07/21 15:30

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

画像集#009のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

アニゲラ,次回のゲストも引き続き声優の伊藤美来さんです。カオスの化身のような我々をも受け入れてくれるママ……じゃなくてミックさんの包容力に御注目ください
画像集#013のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」
 電撃G'sマガジン.comにて大好評連載中の「GOHOマフィア!梶田くん」。今月の更新が無いことにヤキモキしているファンも多いかと思いますが,実は現在リニューアル準備&コミックス2巻の単行本作業でお時間をいただいております。御報告が遅れてしまい申し訳ありません!

 掲載媒体も含め,リニューアルしたうえでの再開は来月からを予定しておりますが,打ち切りやら何やらといったネガティブな要素は一切ありませんので,どうか御心配なく。引き続き,「GOHOマフィア!梶田くん」を楽しみにしていただければ幸いです!


画像集#010のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 「RADIO 4Gamer Tap(仮)」の第146回では,LINE GAMESが配信中の「EXOS HEROES」iOS / Android / PC)を特集。ゲストとしてマーケティングディレクターのMITARAI氏をお招きし,ゲームの魅力をご紹介いただきつつ,実際に遊んできました。

 番組が通常営業に戻り,再びメーカーの方をゲストとしてお招きできるようになった一発目の今回。「EXOS HEROES」は記念すべきタイミングで取り扱うに相応しいゲームでしたね。キャラクターモデルが美しいだけでなく,細かな動作など演出面に洗練されたセンスを感じます。200人以上ものヒーローが登場するそうですが,すべて入手してみたくなるような魅力がありますね。
 ちなみに個人的な高評価ポイントは,スキンヘッドのキャラクターを実装しているという点です。ぜひとも動画でチェックしてみてください!

「EXOS HEROES」公式サイト

「EXOS HEROES」ダウンロードページ

「EXOS HEROES」ダウンロードページ



画像集#011のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 6月19日に発売されたPlayStation 4用ソフト「The Last of Us Part II」を最近ようやく遊びはじめました。前作「The Last of Us」PS4 / PS3)の発売が2013年ということで,なんと7年の歳月が流れております。

 もはや前作の記憶も曖昧……と思いきや,意外にちゃんと覚えているんですよね。それだけ当時,本作のシナリオが心に響いたということじゃないかと。マフィア梶田がポスト・アポカリプス系の作品に目がないということは常々話しておりますが,「The Last of Us」は今までに遊んできた同ジャンルの作品内でも1,2を争うお気に入りです。

 以下,ストーリー上重要な話でネタバレになるので,未プレイの方はブラウザバックするなり,自己責任で読み進めてください。

画像集#001のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 前作のラストで主人公の「ジョエル」は“世界”と“少女”を天秤にかけた結果,少女……「エリー」の命を選択しました。それはエゴイズムかもしれませんが,ジョエルとエリーの旅路を見届けたうえで納得のいく結末であり,強く共感できたんですよね。
 大切な人の命と,世界の命運。主人公がスーパーヒーローであれば尊い犠牲によって世界を救うという選択,あるいは両方とも救ってしまうという選択肢があり得たのかもしれませんが,ジョエルは人間として正しく自分本位であり,死なせてしまった娘とエリーを重ねてしまう“弱さ”が,曖昧な世界救済の使命に勝ってしまったのは無理からぬ事と思えます。

画像集#005のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 ……しかしながら,エリーを選んだことでワクチンを開発する手段は失われ,世界は救われず,人々が感染者の脅威に苦しみ続けるのもまた事実。お伽噺のような「めでたし,めでたし」では終われず,続編である「The Last of Us Part II」ではその“ツケ”を支払うことになります。
 主人公をエリーに交代した「復讐」の物語であるという点から,なんとなく覚悟はしていたのですが……やはり,前作プレイヤーからすると非常にショッキングな展開が待っていました。

画像集#004のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 ちなみに個人的な嗜好となるのですが,自分は「復讐モノ」だと徹底的に仇を追い詰めていくような内容が好みでして。一方で,「復讐は結局のところ無益である」というテーマ性の作品には昔からあまり共感できません。もし本作が前作の展開を経て,そういった陳腐な結論に落ち着いてしまったらどうしよう……と,心配していた面もあり,発売日に購入したにも関わらず,遊び始めるのに1か月近く経ってしまったのはそのへんも影響しています。

画像集#006のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 ところが,「The Last of Us Part II」は想像していたより何倍もの鋭さで心を抉ってきました。本作は“エリーにとって”の復讐を追いかける物語であり,プレイヤー(自分)はそれをエリーの味方として見届けるつもりだったのですが,それは考え得る限りもっとも残酷な形で裏切られてしまいます。
 物語における復讐というのは,ひとたび覚悟を決めたら憎い仇にどんな事情があろうとも,一族郎党を皆殺しにするくらいの残酷さを主人公に持たせなければ,成し切らせることは難しいものです。だからこそ,敵方の事情も描いたうえで「復讐は結局のところ無益である」という結論に至るのは,ある意味で作劇において一番お手軽なルートであり,復讐という“悪”の行為に対して,最後に多くの共感を誘えるような善性を差し込むことができるんですよね。……ヒネクレが過ぎて恥ずかしい限りなんですが,自分はそれに対してどうしても「貴様の事情など知ったことか」と思ってしまう。

画像集#002のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 なので本作においても敵方の掘り下げが行われたとして,多くのプレイヤーがそれに同情的だったとしても,自分だけは「事情は分かった。それでも死ね」の精神を保ち続けようと心に決めていたのですが……まぁ浅はかでしたよね。これ以上は深刻なネタバレになるので言葉を濁しますが,最大限の賛辞としてゲームにここまでイヤな思いをさせられるとは思っていませんでした。量産型のカタルシスで終わらせまいとする強い意志を感じます。

画像集#003のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 結局のところ,本当に優れたシナリオや演出というものは触れた者の感情を引き裂く凶器なんだなと。その切り口がメスのように鋭利か,ノコギリのようにズタズタになるか。本作は間違いなくノコギリですが,切り口をドリルで掘られるというオマケも付いてきます。

画像集#008のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」

 そんな「The Last of Us Part II」。まもなくPS4からPS5に切り替わろうというこのタイミングで,スゴいモノを出してきたなと。ジョエルの選択,エリーの選択。取り返しがつかないからこそ価値のあるドラマは,まさしく人生の縮図。今プレイしておけば,間違いなく一生の思い出に残る1本となることでしょう。

画像集#007のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第509回「復讐に燃えるGOHOマフィアのEXOS HEROES」
  • 関連タイトル:

    EXOS HEROES

  • 関連タイトル:

    EXOS HEROES

  • 関連タイトル:

    The Last of Us Part II

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月28日〜11月29日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月