オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
マジック:ザ・ギャザリング アリーナ公式サイトへ
読者の評価
49
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

マジック:ザ・ギャザリング アリーナ

マジック:ザ・ギャザリング アリーナ
公式サイト https://magic.wizards.com/en/mtgarena
発売元 Wizards of the Coast
開発元
発売日 2018/09/27
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
49
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • すごく理不尽でイライラするゲーム 30
    • 投稿者:syurac(男性/20代)
    • 投稿日:2019/09/30
    良い点
    ・昔懐かしいMTGがネットで気軽に対戦出来る
    悪い点
    ・課金しないとまともに遊べない
    ・新規参入が極めて厳しいゲーム仕様
    ・公平性を疑いたくなるようなカード采配が多く強いストレスを感じる
    ・過疎による格差マッチングが多い(リミテッドではランクゴールドVSランクミシックなんてザラ)
    ・煽り等が多くユーザーの質が低い
    ・ゲームテンポが悪い
    ・(人によっては)ルールが複雑で難しい
    総評
    このゲームは古く歴史あるゲームなので純粋な新規と呼べる人はあまり居ないと思われます。
    低ランクでも紙のMTGを何年もやってたという歴戦のプレイヤーが殆どだと思われます。
    そんな古参達の中に、無課金の新規が初期デッキで乗り込むのは難しいと思います。

    最初はカード資産も無く、数ヶ月やられ役をコツコツ続けてようやく環境上位のデッキを一つ組める資産が集まるかといった感じですが、このゲームのメタ環境は良くも悪くも新陳代謝がとても早いので、今強いデッキが一ヶ月には既にメタ圏外に追いやられているという可能性も十分あり得ます。

    そうなるとまた新しいデッキを作り直す訳ですが、勝てなくなった古いデッキでまた数ヶ月やられ役を続ける必要があります。そうこうしてる間にローテーションの時期になり古いカードが使えなくなり、新しいカードセットが来ても、新しいカード配布等は雀の涙ですので、古いカードが抜け落ちたもはやデッキとも呼べないような紙束でまたしばらくは戦わざるを得ない悪循環に陥ります。

    こうならない為にも新規は大人しく課金してカード揃えた方が良いでしょう。

    リミテッドでは超格差マッチングも多かったり、「ウィザーズさんこれ本当に公平に配ってる?」と言いたくなるような土地事故が多かったり、強いストレスを感じる事がこのゲームには多々あります。

    後はユーザーの質も決して良いとは言えません。
    放置や煽りも多く、相手が故意にクライアント落として回線切断すると、何故かこちらのクライアントも再起動が必要となる等、悪質ユーザー側に都合の良い訳の分からない仕様もあります(そして残念ながらそれは多い)。

    私は土地事故関連で強いストレスを感じすぎてメンタル疲弊して辞めてしまいました。
    これから始める方はメンタル管理に気をつけて頑張ってください。


    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 3 3
  • マッチングのバランスが悪い 30
    • 投稿者:まさお(男性/40代)
    • 投稿日:2019/08/12
    良い点
    ・マジックザギャザリングという王道カードゲームをPCでできる。
    ・通常であれば膨大なカード数になるが、PC上だと管理が楽。
    悪い点
    ・マッチングが悪い。
    ・恐らく初心者ではほとんど勝てない(他のカードゲームでもそうだけど大会で上位のデッキをコピッたものが多い)
    ・テンポが悪い
    ・配布されたデッキでは勝てない
    相手のデッキに勝てるようなレベルじゃないwwww
    総評
    マッチングの改善は難しいと思う。
    現状、MTG好き勢ばかりだろうから、未経験者では厳しい。
    まず、今どのフェーズなのかを可視化した方が良い。
    また、時間制限を今の3分の1にした方が良い。
    長考されるとかなりだるい。

    十分な時間があるということは相手のあらゆる手を考えれるということ。
    時間を短くして、人為的なミスを誘発させることでバランスを取ることも大事。
    また、そうすることでゲーム展開のテンポの悪さが改善される。
    テンポが良ければ、次、次と簡単に切り替えれる。

    こういうのはAPEXとかでも同様にされてる。
    多くのプレイヤーはバトロワ系の序盤のテンポの悪さから、序盤や中盤でやられる際のストレスが大きかった。
    しかし、APEXで大幅にテンポの改善に成功したため、マッチングの回転率が大きく上がり、序盤での理不尽な死へのストレスが緩和されている。

    大会では1戦1戦の重みがあるんだろうけど、初心者の参入を考えるなら、どうせマッチング調整がうまくいかないんだから、そういうところで敷居を下げる必要がある。
    この手の開発者って統計学に疎いだろうから、ユーザーのPSやデッキの強さの定量化に成功してないでしょ?w
    ぶっちゃけ、今は大体の定量化はできるので、統計学の学位を取った人を雇って、ちゃんと最適化をした方が良い。

    世界トップクラスのカードゲームといっても、そもそもカードゲーム自体がある程度の課金が前提で敷居が高く、一般ユーザーにとってそれほど魅力がある分野ではない以上、人口を増やすためにも敷居を下げる必要がある。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 2
  • MTGファンを失望させるゲーム 50
    • 投稿者:宇佐美(男性/40代)
    • 投稿日:2019/05/26
    良い点
    ・いつでもMTGの対戦ができる。
    ・美しいグラフィック。
    悪い点
    ・デッキシャッフルの出来が悪く、土地事故が頻繁に発生する。
    ・実は使いづらいUI。
      他ゲームからパクった部分は操作がスムーズだが、
      MTGのオリジナル部分は問題山積。スキップボタン連打は苦痛。
    ・タイマーが異常に長い。相手への嫌がれせとして使われている。凡戦消化に30分。
    ・無課金だと楽しめない。まともなデッキは多くても2つしか作れない。
    ・課金するほど信用できない。短期間でサービス終了を連発、資産リセットなどの前科あり。
    ・壊れたカードが増やしすぎ。マジック・ザ・プレイングウォーカーに改名するべき。
    ・日本語の情報がサイトが少ない。
    総評
    プレイヤーを失望させる要素がてんこ盛り。
    MTGの楽しさより、このゲームへの失望を感じることが多い。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 2 2
  • ようやくMTGが日本語で遊べるようになった!! 85
    • 投稿者:jiji(男性/30代)
    • 投稿日:2019/02/20
    良い点
    トレーディングカードゲームの元祖にして今も世界中で遊ばれているMTGの
    ゲームとしての面白さは折り紙つき。

    動作も概ね快適です。

    デイリークエスト等で毎日カードパック1つ分程度のゴールドを稼ぐことができ、
    任意のカードと交換できるワイルドカードもそこそこの数が入手できるため、
    無課金プレイでも環境トップクラスのデッキを作ることができます。
    レアカード満載の一部のデッキを作ったり、複数のデッキを使い分けたいのなら
    課金が必要になります。(ものすごく上手でゲーム内イベントで勝ちまくる人は別)

    日本語で遊べる!
    悪い点
    ゲームとしての面白さは文句なしですが
    あくまでも紙のゲームがベースなのでやや操作が煩雑なところがあります。
    特に相手ターン中に介入できることがMTGの特徴であり面白さの中核でもあると思うのですが
    逆に言えば、「介入しない」ことを選ぶ為に多くのクリックが必要になりますし、
    その手順を飛ばすと「介入する手段を持っていない」ことを相手に知られてしまいます。
    まあ通常のプレイで気にするほどのことでは無いですが。

    上記の点もあって一試合に掛かる時間がやや長め。
    早い対戦だと3分くらいですが、長いと30分くらい掛かります。
    3本勝負のモードだと1時間以上になることも。
    一番酷くゲームを遅延させるカードが禁止されたのでこれでもマシにはなったのですが。
    総評
    自分にとっては待ちに待った日本語化。
    約20年ぶりのMTGです。

    ゲームとしての面白さは間違いないですし、操作も直観的で分かりやすいですが
    あくまでも紙のゲームのデジタル化であって
    もともとデジタル向けにデザインされたゲームと比べてプレイの快適さが劣るのは
    どうしても避けられません。

    “あの”MTGをやってみたかった人や、
    事情があって離れていた人には文句なしにおススメ。
    デジタルカードゲームが何かやりたい、という人にとっては選択肢の一つ。
    と私は評価します。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月