オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ゼノンザード公式サイトへ
  • バンダイ
  • 発売日:2019/夏
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/20 16:54

ニュース

パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始

 バンダイのスマートフォン向け新作アプリ「ゼノンザード」iOS / Android)のサービスが,2019年夏にスタートする。

画像(004)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始

 ゼノンザードは,AI(人工知能)の技術を活用したデジタルカードゲームブランド,「AI CARDDASS(エーアイカードダス)」の第1弾タイトルだ。本作にはカードゲームに特化したAIが用いられており,新たなポイントとしてAIとの対戦,共闘,育成が挙げられている。
 さらに,キャラクター化されたパートナーAIのサポートにより,カードゲーム特有の難しさや手間が軽減されているとのこと。具体的には,パートナーAI「コードマン」をバディとして選択すると,バトル中にサポートしてくれるのはもちろん,対戦後のバトル分析やデッキ構築についてアドバイスしてくれるという。

 また,ゲーム内のストーリーは,「ブギーポップは笑わない」などで知られる上遠野浩平氏が原案と世界観設定を,バンダイとストレートエッジが共同で原作を手がけるとのこと。

「ゼノンザード」公式サイト


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



カードゲームで人間はAI(人工知能)を超えられるのか!?
AIとの対戦・共闘/AIの育成ができる
初のデジタルカードゲーム誕生!!
【AI CARDDASS】第一弾タイトル
『ゼノンザード』2019年夏サービス開始
豪華クリエイター・制作陣によるメディアミックス展開もスタート!

画像(004)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始

株式会社バンダイ(代表取締役社長:川口勝、本社:東京都台東区)は、AI(人工知能)の技術を活用したデジタルカードゲームの新ブランド【AI CARDDASS】(エーアイカードダス)を立ち上げ、AIを活用したサービスの企画・開発・運営を行うHEROZ株式会社(代表取締役:林隆弘/高橋知裕、本社:東京都港区)との共同開発により、その第1弾タイトルとなるスマートフォン向けアプリ『ゼノンザード』(ダウンロード・基本プレイ無料/アプリ内課金あり)を2019年夏にサービス開始します。主なターゲットは10代後半〜20代の男性です。

画像(003)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲アプリ内の画面イメージ
『ゼノンザード』は、昨年カード事業の開始から30周年を迎えたバンダイが贈る、新たなデジタルカードゲームです。カードゲームに特化したAIを用い、「AIとの対戦」に加え、「AIとの共闘」、「AIの育成」という要素が新しいポイントとなります。“ルールが複雑で初心者が参入しづらい”と言われるカードゲームにおいて、キャラクター化された“パートナーAI”のサポートによりカードゲーム特有の難しさや手間が減り、誰でもすぐに一流プレイヤーと肩を並べることができます。

また、ゲームにはストーリーがあり、原案・世界観設定に人気小説家・上遠野浩平氏(代表作:『ブギーポップは笑わない』)を迎え、バンダイと株式会社ストレートエッジ(代表取締役:三木一馬、本社:東京都千代田区)が共同で原作を手掛けます。ゲームを進めるにつれ徐々に明かされる人間とAIの「戦い」や「共闘」のドラマを描く壮大なストーリーをお楽しみいただけるだけでなく、2019年夏にはTVアニメ1話分相当のプロモーションアニメを公開しWEB配信を行うなど、メディアミックス展開もスタートします。

また『ゼノンザード』では、プレイヤーとAIキャラクターをリアルタイム合成した映像を投影してバトル空間を演出するなど、プレイヤーだけでなく観客も楽しめるショーバトルイベントを実施していきます。さらに、
レイジ

6月には国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」への出展も予定しています。

AI CARDDASS『ゼノンザード』

2019年夏サービス開始
(ダウンロード・基本プレイ無料/アプリ内課金あり)

■AI CARDDASS『ゼノンザード』とは
【AI CARDDASS】とは、「AIがキミを一流にする。」をキャッチコピーとした、「AIを活用したデジタルカードゲーム」の新ブランドです。本ブランドでは、AIがプレイヤーを徹底的にサポートし、カードゲーム特有の難しさや手間を減らして、誰でもすぐに一流プレイヤーと肩を並べられるようなプレイを可能にします。

画像(006)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始

■第1弾タイトル『ゼノンザード』のポイント

◇カードゲーム特化型AIを搭載
HEROZ株式会社の提供する独自AI「HEROZ Kishin」を活用し、共同開発した「カードゲーム特化型AI」を搭載し、さまざまなシーンでAIを活用しています。

◇AIのサポート
プレイヤー1人1人がキャラクター化されたパートナーAI「コードマン」をバディとして選択することで、バトル中のサポートだけでなく、対戦後のバトル分析やデッキ構築のアドバイスなども行ってくれます。

◇AIの育成
「コードマン」は、ユーザーのプレイ内容や思考、癖によって様々な成長を遂げます。同じ見た目でも、中身はプレイ内容や頻度によって異なります。

◇AIとの対戦
サポートだけではなく、“倒すべき存在”としての“AIキャラクター”も用意しており、アプリの中で誰でも「人間vsAI」を楽しめるようになります。

画像(001)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
「AIアドバイス」イメージ
画像(005)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
「バトル分析」機能のイメージ

画像(002)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
『ゼノンザード』AIキャラクターイメージ

■HEROZ株式会社との取り組み
HEROZ株式会社は「驚きを心に」をコンセプトに、「AIの技術で世界を驚かすサービスを創出する」ことを目指しており、将棋AIの開発を通じて培ったディープラーニングなどの機械学習のノウハウを活用した独自AI「HEROZ Kishin」を各種産業へ展開しています。

エンターテインメント領域では、ユーザーの対戦相手となるAI、ユーザーの行動分析を行うAI、行動分析の精度やユーザーの継続率を向上させるAI、ゲームの不具合を発見したり、自動テストを行ったりするAIなどを提供しており、将棋AIでは、電王戦でプロ棋士や名人に史上初めて勝利した「Ponanza」や、コンピュータ将棋選手権で1位を獲得した「Apery」など、「人間vsAI」という戦いで話題となったエンジニアが在籍しています。

『ゼノンザード』にはHEROZ株式会社が開発した独自のカードゲーム専用AI技術を活用しており、電王戦でAIがプロ棋士を破ったように、カードゲームにおいても「人間vsAI」というショーバトルを展開していきます。

■アプリ『ゼノンザード』概要
タイトル : AI CARDDASS 『ゼノンザード』
ジャンル : AI×デジタルカードバトル
対応OS : iOS 11以降、Android OS 5.1以降予定
配信予定時期 : 2019 年夏
価格 : ダウンロード、基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
権利表記 : (C)BANDAI・STRAIGHT EDGE

■『ゼノンザード』開発協力
共同原作 : 株式会社ストレートエッジ
原案・世界観設定 : 上遠野浩平
AI 開発 : HEROZ株式会社

『AI CARDDASS』公式サイト :
https://www.aicarddass.com/

『ゼノンザード』公式サイト :
https://www.aicarddass.com/zenonzard/

『ゼノンザード』公式 Twitter :
https://twitter.com/zenonzard

バンダイ公式サイト :
http://www.bandai.co.jp/
※画像は一部開発中のもので、実物とは異なる場合があります。



【イベントレポート】
AI CARDDASS『ゼノンザード』発表会
“佐野ひなこ”さんや人気YouTuberが
『ゼノンザード』のバトル空間を体験!
2019年2月19日(火)恵比寿Actsquare

株式会社バンダイは、デジタルカードゲームの新ブランド【AICARDDASS】の第一弾タイトル『ゼノンザード』の発表会を開催しました。本レポートでは、その様子をご報告します。

画像(007)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲左から株式会社ストレートエッジ代表取締役 三木一馬氏、タレント佐野ひなこ氏、株式会社バンダイ代表取締役社長 川口勝、HEROZ株式会社代表取締役 高橋知裕氏

発表会では、株式会社バンダイ代表取締役社長川口勝と、AI技術の開発・運営を行うHEROZ株式会社の代表取締役高橋知裕氏の挨拶に続き、バンダイと共同で原作を手掛ける株式会社ストレートエッジ代表取締役三木一馬氏と、バンダイの『ゼノンザード』プロデューサー小谷英斗より、本作のストーリーやキャラクター等についての説明が行われました。会場に用意された透過モニターには、『ゼノンザード』に登場するAIキャラクターの1人、広報担当の「ミーナ」が登場し、出演者とのトークで会場を盛り上げました。

画像(008)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲株式会社バンダイ代表取締役社長 川口勝
画像(009)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲HEROZ株式会社代表取締役 高橋知裕氏
画像(010)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲左からAIキャラクターの『ゼノンザード』広報担当「ミーナ」、MC、『ゼノンザード』プロデューサー小谷英斗、タレント佐野ひなこ氏

続いて、MCがスペシャルゲストを呼び込むと、会場モニターにはAIキャラクターと対峙するタレントの佐野ひなこさんが登場し、『ゼノンザード』で使用するバトル空間でAIキャラクターとの初共演を果たしました。

画像(011)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲会場モニターに投影された、AIキャラクターと対峙するタレントの佐野ひなこさん

発表会後に開催したイベント『THEZENONSHOW』では、事前にご招待したお客さま達を前に、「最強AIvs人間代表」のショーバトルや、アイドルAIキャラクター「ノノイン」によるライブをお楽しみいただきました。またプロモーションアニメ制作の決定やリアルカードセットの販売、国内最大規模のeスポーツイベント「RAGE」への出展など、最新情報を発表しました。

画像(012)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
▲「最強AIvs人間代表」ショーバトルの様子
画像(013)パートナーAIがあなたをサポート。スマホ向けデジタルカードゲーム「ゼノンザード」のサービスが今夏に開始
会場全景

報道陣やご招待客の皆さまなど総計147名にお集まりいただき、本発表会及びイベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

「ゼノンザード」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ゼノンザード

  • 関連タイトル:

    ゼノンザード

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日