オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2019/05/21
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/01 15:05

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」

画像(004)マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」


著者近影:10月4日公開の映画「JOKER」。マフィア梶田が公式にコメントを寄せておりますが,今年最高の1本になりそうです。皆さん,ぜひ劇場でご覧ください
画像(002)マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」
 電撃G'sマガジン.comにて大反響連載中の「GOHOマフィア!梶田くん」。今夜20:00に,第29話が掲載されます。

 ちなみに現在,本作のLINEスタンプを出すべく各所調整中なんですが,思った以上に使えそうなコマが多くて選別に苦労しましたね。

 逆に言えば,気の早い話ですが,売れ行き好調なら第2弾,第3弾と出していけるだけのストックは十分にあるということですわ。

 審査などもあるので,リリースまではもうちょっとかかるかもしれませんが,梶田くんフリークの皆様には首を長くしてお待ちいただければと思います!

ポプテピピックの作者,大川ぶくぶ氏がマフィア梶田をコミック化! 詳しくは「こちら
画像(007)マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」

電撃G'sマガジン.com

GOHOマフィア!梶田くん



画像(005)マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」

 「RADIO 4Gamer Tap(仮)」第125回では,9月12日〜15日に幕張メッセで開催された,東京ゲームショウ2019のレポートをお届け。「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -」iOS / Android)や,「beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE」などが出展されていたKONAMIブース,「ラクガキ キングダム」iOS / Android)が出展されていたTAITOブースにしこりん(岡本信彦さん)が突撃取材をしております。ぜひ動画でお祭り騒ぎのライブ感を味わってください!

「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -」公式サイト

「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -」ダウンロードページ

「ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -」ダウンロードページ


「beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE」公式サイト


「ラクガキ キングダム」公式サイト



画像(006)マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」

 気が向いたとき,いつでもどこでもネットで面白そうな映画を購入して観られるこの素晴らしき時代。最近は,2014年の映画「ナイトクローラー」という作品をチェックしまして,これが想像よりも面白かったんですよね。

 仕事が見つからず,夜な夜な工事現場で盗みを働きながら暮らす主人公。鬱屈した日々を過ごしているなか,偶然にも交通事故の現場に遭遇するんですが,そこで事故車や被害者へ無遠慮にカメラ向けているフリーランスのカメラマンに出会います。それがきっかけで「事故や犯罪のショッキングな映像を撮影し,テレビ局に売り込む」という仕事の存在を知った主人公は,裸一貫からカメラマンの真似事をやりだす……というお話。


 そんな本作の見どころは,主人公が一般的な道徳心や良心を欠片も持ち合わせていない完全な社会病質者,サイコパスであるという点。彼はその異常性から,犯罪被害者の家に不法侵入して無断で撮影したり,瀕死の事故被害者をカメラ写りのいい場所まで引きずっていったりと,正常な人間であればとてもできないようなことを平気で実行できてしまうんです。それがフリーのカメラマンという仕事と奇跡的に噛み合ってしまい,業界でメキメキと頭角を現していく。


 通常なら,このような“マスゴミ”野郎は,身を持って因果応報という言葉の意味を知るのが定番のストーリーラインというものですが,本作のスゴイところは勧善懲悪なんて知ったことじゃないとばかりに,完璧な「悪のサクセスストーリー」に仕上げてきたところ。つまり「社会病質者が社会病質者であるが故に“社会”で成功していく」という描き方にあるんです。じゃあ後味の悪い映画なのかと言うと……視聴後の余韻は,暗くて,甘い。

 そもそもこの映画,なんでチェックすることになったかというと,メインビジュアルで主人公の背後に映っている車が真っ赤な「2012年式 ダッジ・チャレンジャー SRT8」なんですよ。そう,年式やグレードは違えど,マフィア梶田の愛車と同じ車種なんです。


画像(001)マフィア梶田の二次元が来い!:第472回「東京ゲームショウをパパラッチするGOHOナイトクローラー」
 主人公はカメラマンの仕事で稼げるようになってくると,ずっと乗っていたボロ車からパワーとスピードを求めてダッジに買い換える。で,この真っ赤なチャレンジャーがまた作中で大活躍するんですよ。サイコパスの主人公は当然ながらスピード違反なんぞ気にしませんし,とんでもなく無茶な運転で事故や犯罪現場にバンバン一番乗りしていく。

 挙句の果てには,逃亡犯とパトカーの後ろをさらに追いかけるという三つ巴のカーチェイスまでやらかしてくれます。メインビジュアルにも堂々と写り込んでいるくらいですから,ただの小道具では終わらないと思っていましたが,本作は優秀な「クルマ映画」としての側面も持ち合わせているんですよね。

 というわけで些細なきっかけからチェックした「ナイトクローラー」ですが,この面白さは嬉しい誤算でした。クセの強い主人公とアメリカンマッスルカーが活躍する映画が観たければ,断然オススメです!

映画「ナイトクローラー」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -

  • 関連タイトル:

    ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -

  • 関連タイトル:

    ラクガキ キングダム

  • 関連タイトル:

    ラクガキ キングダム

  • 関連タイトル:

    beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月