お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/06/29 19:56

ニュース

NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり

 北米時間2022年6月28日,NZXTは,同社初のPC用USB接続型ビデオキャプチャデバイス「Signal 4K30」と「Signal HD60」を北米市場で発売した。どちらも,PC側のCPU,またはGPUでエンコードを行うキャプチャ機器で,上位モデルのSignal 4K30は,最大で解像度3840×2160ドット,30fpsの映像を録画できるのが特徴だ。

Signal 4K30。外観はSignal HD60も同じだ
画像集#003のサムネイル/NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり

 北米市場におけるメーカー想定売価は順に179.99ドル(約2万4600円),139.99ドル(1万9000円)となっている。時期は未定だが,国内発売の予定もあるとのことだ。

背面にHDMI 2.0入力と出力を備える。PCとの接続端子はUSB Type-Cだが,付属ケーブルはUSB Type-C to Type-Aケーブルだ
画像集#002のサムネイル/NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり 画像集#004のサムネイル/NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり

 Signal 4K30は,4K解像度で60HzのHDR映像を,Signal HD60は4K解像度で60Hzの映像を,遅延なしでパススルー出力できるなど,今どきのUSBビデオキャプチャデバイスとしては標準的なスペックを有する。Signal 4K30の場合,1920×1080ドットであれば最大240Hzの映像もパススルー出力可能だ。

 また,NZXTは,ゲーム機やビデオキャプチャ用PCと組み合わせて使うサウンド分岐ケーブル「Chat Cable」も発表している。北米市場におけるメーカー想定売価は9.99ドル(約1360円)だ。

Chat Cable(左)と接続例(右)
画像集#005のサムネイル/NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり 画像集#006のサムネイル/NZXT,初のUSBキャプチャデバイス「Signal 4K30」などを米国で発売。国内発売の予定もあり

 ゲーム機のゲームパッド側にある4極3.5mmミニピンヘッドセット端子に,本ケーブルの片側を接続したうえで,分岐側の一方に4極3.5mmミニピン対応のヘッドセットを,もう一方はキャプチャ用PCの3.5mmミニピンマイク入力端子に接続することで,音声を遅延のない状態で聞きながら,キャプチャ用PCでも同じ音声をキャプチャできるという製品である。

NZXTのSignal 4K30製品情報ページ(英語)

NZXTのSignal HD60製品情報ページ(英語)

NZXTのChat Cable製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    NZXT

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月22日〜06月23日