オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ADATA,ゲーマー向けのPCI Express x4/M.2接続型SSD計2モデルを発売。片方はヒートシンクが付属,もう片方は標準搭載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/12 16:21

リリース

ADATA,ゲーマー向けのPCI Express x4/M.2接続型SSD計2モデルを発売。片方はヒートシンクが付属,もう片方は標準搭載

XPG SX8200,XPG GAMMIX S11
配信元 エイデータテクノロジージャパン 配信日 2018/07/12

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


第2世代64層3D TLC NANDを採用し
読み出し速度3,200MB/sを実現した
XPGブランドのM.2 SSD「XPG SX8200」を発表

エイデータテクノロジージャパン株式会社(略称、ADATA Japan)は2018年7月12日、第2世代64層3D TLC NANDを採用したXPGブランドのM.2 SSD、「XPG SX8200」2モデルを発表いたしました。2モデル共に本日より販売を開始いたします。

XPG SX8200には記録容量の違いで960GBモデル(ASX8200NP-960GT-C)と480GBモデル(ASX8200NP-480GT-C)の2モデルがあり、960GBモデルでは最大3,150MB/s、480GBモデルでは最大3,200MB/sもの高速な連続読み出し速度を実現しています。

XPG XPG

XPG

○発表製品の主な仕様
XPG

価格:オープン価格
960GBモデル(予想実売価格:税込41,980円前後)
480GBモデル(予想実売価格:税込19,680円前後)
予定発売日:2018年7月12日

○発表製品の主な特徴

・ゲーマーおよびパワーユーザー向けのXPGブランドの製品
「XPG」(エックスピージー:Xtreme Performance Gear)は、ゲーマーおよびパワーユーザー向けに特化した、ADATAのハイエンド製品ブランドです。ヘッドセットやキーボードなどのゲーミングデバイスから、メモリやSSDといったPCパーツまで、特別に設計を行った製品を多数ラインナップしています。本製品もXPGの製品として、極めて高い性能を実現したM.2 SSDとなっています。

・最大3,200MB/sの高速な連続読み出し速度を実現
フォームファクターにM.2 2280を採用し、インターフェースにPCI Express 3.0 x4を使用することで、連続読み出しで最大3,200MB/s、連続書き込みで最大1,700MB/sもの高速な転送速度を実現しました。また、ほかにもSLCキャッシングやDRAMキャッシュバッファなどの高速化技術を搭載することでパフォーマンスの向上を行っています。ゲームの起動時間やデータの読み出し時間をはじめとして、あらゆる用途に最高のパフォーマンスを提供します。
※読み出し速度は480GBモデルが最大3,200MB/s、960MBモデルが最大3,150MB/sです。

・MTBF 200万時間の優れた信頼性
フラッシュメモリに第2世代64層3D TLC NANDを採用し、大容量化と高い耐久性に優れた電力効率を実現しました。MTBF(平均故障間隔)は200万時間にも達し、大切なデータを安心して保存できます。また、LDPC(低密度パリティ検査符号)に、RAIDエンジンとデータシェーピングへの対応により、優れたエラー訂正を行うことができ、データの整合性確保とSSDの長寿命化を実現しています。

・M.2 SSDの温度上昇を抑えるオリジナルヒートシンクを付属
製品には黒色のスタイリッシュな「XPGヒートシンク」が付属しており、使用環境によってSSDの温度が気になるようであれば、XPGヒートシンクを取り付けることでM.2 SSDの温度上昇を抑えることができます。

・安心の5年間保証
製品には過剰と思われるほどの十分なテストを行っており、ADATAでは製品の品質に自信を持っています。その証明として、5年間の製品保証を行っています。

・製品ページURL
http://www.xpg.com/jp/feature/547



高性能なヒートシンクでM.2 SSDの熱問題を解決した
読み出し速度3,200MB/sのM.2 SSD「XPG GAMMIX S11」を発表

エイデータテクノロジージャパン株式会社(略称、ADATA Japan)は2018年7月12日、第2世代64層3D TLC NANDを採用したXPGブランドのM.2 SSD、「XPG GAMMIX S11」2モデルを発表いたしました。2モデル共に本日より販売を開始いたします。

XPG GAMMIX S11は高性能なヒートシンクを搭載することで、M.2 SSDの高負荷時の温度上昇を抑えており、従来のM.2 SSDよりも安定して高いパフォーマンスを発揮でき、より安心して使用できます。

記録容量の違いで960GBモデル(AGAMMIXS11-960GT-C)と480GBモデル(AGAMMIXS11-480GT-C)の2モデルがあり、960GBモデルでは最大3,150MB/s、480GBモデルでは最大3,200MB/sもの高速な連続読み出し速度を実現しました。

XPG XPG

○発表製品の主な仕様
XPG

価格:オープン価格
960GBモデル(予想実売価格:税込34,980円前後)
480GBモデル(予想実売価格:税込16,980円前後)
予定発売日:2018年7月12日

○発表製品の主な特徴

・ゲーマーおよびパワーユーザー向けのXPGブランドの製品
「XPG」(エックスピージー:Xtreme Performance Gear)は、ゲーマーおよびパワーユーザー向けに特化した、ADATAのハイエンド製品ブランドです。ヘッドセットやキーボードなどのゲーミングデバイスから、メモリやSSDといったPCパーツまで、特別に設計を行った製品を多数ラインナップしています。本製品もXPGの製品として、極めて高い性能を実現したM.2 SSDとなっています。

・M.2 SSDの温度を10℃下げる高性能ヒートシンクを搭載
高性能なオリジナルヒートシンクを搭載しており、高負荷時の温度上昇を効果的に抑えることができます。ヒートシンクがない状態と比較して最高10℃もの温度低下を実現しており、より安定したパフォーマンスを発揮できます。

・最大3,200MB/sの高速な連続読み出し速度を実現
フォームファクターにM.2 2280を採用し、インターフェースにPCI Express 3.0 x4を使用することで、連続読み出しで最大3,200MB/s、連続書き込みで最大1,700MB/sもの高速な転送速度を実現しました。また、ほかにもSLCキャッシングやDRAMキャッシュバッファなどの高速化技術を搭載することでパフォーマンスの向上を行っています。ゲームの起動時間やデータの読み出し時間をはじめとして、あらゆる用途に最高のパフォーマンスを提供します。
※読み出し速度は480GBモデルが最大3,200MB/s、960MBモデルが最大3,150MB/sです。

・MTBF 200万時間の優れた信頼性
フラッシュメモリに第2世代64層3D TLC NANDを採用し、大容量化と高い耐久性に優れた電力効率を実現しました。MTBF(平均故障間隔)は200万時間にも達し、大切なデータを安心して保存できます。また、LDPC(低密度パリティ検査符号)に、RAIDエンジンとデータシェーピングへの対応により、優れたエラー訂正を行うことができ、データの整合性確保とSSDの長寿命化を実現しています。

・安心の5年間保証
製品には過剰と思われるほどの十分なテストを行っており、ADATAでは製品の品質に自信を持っています。その証明として、5年間の製品保証を行っています。

・製品ページURL
http://www.xpg.com/jp/feature/548
  • 関連タイトル:

    XPG

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日