オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
装甲娘 ミゼレムクライシス公式サイトへ
  • DMM GAMES
  • 発売日:2020/05/21
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/05/14 12:00

プレイレポート

「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 EXNOAが事前登録キャンペーンを行っている「装甲娘 ミゼレムクライシス」BROWSER / iOS / Android)は,DMM GAMESとレベルファイブのタッグにより制作された「装甲娘」のリニューアル作品だ。

画像集#001のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 本作は,レベルファイブが手掛ける「ダンボール戦機」の世界観をベースに,同作中に登場するメカ「LBX」をモチーフとした“装甲”を身に纏った少女たちが活躍する世界を描くRPG。2018年1月30日に「装甲娘」のタイトル名で正式サービスが開始したのち同年6月に戦闘システムやシナリオの改修を含むリニューアル期間に入り,約2年の時を経たいま,まさに“再起動”の時を迎えようとしている。
 こういった経緯を持つだけに,サービスの再開を心待ちにしていた隊長も多いことだろう。そんな“新生”装甲娘のiOS版を先行してプレイできたので,そのレポートをお届けしよう。

画像集#015のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

「装甲娘 ミゼレムクライシス」公式サイト



LBXの技術が軍事転用された“IF”の世界で

ミゼルの残滓「ミゼレム」との戦いが描かれる


 まずは本作の世界観を解説しておこう。少々長くなるが,リニューアルによって大きく変化した物語は,装甲娘オリジナルでありながら“ダンボール戦機らしさ”も感じられるものとなっているため,ダンボール戦機シリーズのファンや,リニューアル前の本作をプレイしていた人も是非読んでほしい。

画像集#002のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 物語は2050年代の近未来世界で展開する。この時代では,あらゆる衝撃を吸収する新素材「強化ダンボール」を活用したホビー用の小型ロボット「LBX」が爆発的な人気となっていた。
 そんな大ブームの裏で,驚異的な力を持つミゼルが世界中のLBXをハッキングし,その力を持って世界中を制圧。人類は自ら作り出したLBXによって存亡の縁に立たされる。人類を救ったのは,LBXをホビーの世界に取り戻そうとする少年たち。彼らの奮闘によってミゼルの野望は止められ,戦いの末に炸裂した超メガトン級ミサイルも,世界中のLBXプレイヤーの協力によって被害は最小限に抑えられた。

画像集#003のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
画像集#004のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 そののちの“いくつかの可能性がある世界”の一つとなる,ダンボール戦機のパラレルワールドを描く装甲娘では,LBXが軍事転用された世界の物語が描かれる。
 LBXのハッキングという事態の再発を恐れた各国の政府は,LBX技術を応用したパワードスーツ「LBCS」の開発に着手。制御を奪われる可能性のある自律制御型を避け,人間が直接制御できる兵器としてLBX技術を活用しようというわけだ。

画像集#005のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 それから3年後。「ミゼルクライシス」と呼ばれるミゼルが引き起こした事件に酷似するテロ事件が勃発する。人類はこの敵性存在を「ミゼレム」と名付け,対ミゼレム用のLBCSを装着した部隊「装甲娘」を組織し,再び訪れた人類存亡の危機へと立ち向かうのだった。

画像集#006のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 プレイヤーは,そんな装甲娘で構成された世界初の部隊「ファーストケース」こと,チーム・アテナスの隊長だ。隊長自身は戦えないが,ファーストケースに選定される以前からチームの指揮を執っていたこともあり,部隊内外の装甲娘からの信頼は厚いようだ。

イラストレーターのPOP氏が手掛けるキャラクターは,Live2D技術により感情豊かな動きを見せてくれる。彼女たちは身にまとうLBCSとは別に“本名”も設定されているので,ぜひそちらも覚えてあげよう
画像集#007のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 ゲーム進行は,スタミナを消費してクエストに挑戦して経験値や資源を集めてユニットを強化し,さらに新しいクエストやコンテンツに挑戦していく……という,ブラウザゲームやスマホアプリでおなじみのものとなっている。
 一方でシナリオの扱いは少し変わっており,メインクエストをはじめとするバトルとストーリーが展開するシナリオが分離されている。バトルを楽しみたいときはバトル,物語を読み進めたいときはシナリオと,自分のペースでゲームを進められるのは嬉しいポイントだ。

画像集#009のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
画像集#010のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
シナリオの一覧にも「メインクエストのどこをクリアすれば解放される」といった表示があるので,まずは未解放のコンテンツのアンロックを目標にゲームを進めよう
画像集#011のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに


必殺ファンクションの発動順が勝敗を分ける

自由な編成が楽しめる新たなバトルシステム


 ここからは,クエストなどで展開されるバトルのシステムに触れていこう。戦闘はリアルタイムで進み,通常攻撃は自動で行ってくれる。倍速やオート戦闘などの便利機能も揃っているので,ストレスなくクエストを進められる。

デフォルメされた装甲娘のアクションはかなり作り込まれており,キャラクターの特徴を捉えた動きはなかなか見応えがある。最初はとりあえずさまざまなキャラクターをチームに加えて“推し”キャラを探すのもいいだろう
画像集#012のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
クエストには3つのアチーブメントが設定されていて,これをすべて達成したクエストは「スキップチケット」を消費して一瞬で完了させられるようになる。のちの素材集めに役立つので,可能なかぎり達成条件をクリアしていこう
画像集#013のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 一度にバトルに参加できるユニットは最大5人で,クエスト開始前に参加メンバーを選ぶことになる。戦闘に入るとユニットは特性に合わせて前衛・中衛・後衛のいずれかに自動的に割り振られるのだが,それぞれの列に人数制限は存在しない。
 コスト制限なども設定されていないので,かなり自由にチームを組むことができる。キャラクターが魅力的な作品だけに「あのユニットを使いたいのに制限で使えない」といった事態が発生しないのはありがたい。
 なお,ユニットは「斬(青)」「貫(黄)」「衝(赤)」のいずれかの物理属性を持っており,属性相性によって与えるダメージと受けるダメージが大きく変化する。クエストの情報画面では出現する敵の属性も表示されるので,可能な限り相性の良いユニットを連れて行きたい。

画像集#014のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
各ユニットのステータスは一覧から確認できる。クエストに合わせて,必要な強みを持ったユニットをチームに加えよう

 バトルのキモとなるのが,一定時間ごとに使用可能になるユニット固有の必殺技「必殺ファンクション」と,仲間たちが力を合わせて攻撃する「連携ファンクション」だ。とくに使用頻度が高い必殺ファンクションの扱いは極めて重要で,誰がどの順番で技を発動するかが勝敗を分ける要因となる。
 というのも,育成状況によっては敵の一撃が手痛いものとなるため,可能なかぎり攻撃の隙を与えずに殲滅するのが基本戦略となる。敵チームの中でも数の多い属性を見極めて全体攻撃を先に発動し,残った敵を単体攻撃の高威力な技で撃破するといった流れを構築できると,戦闘を有利に進められるだろう。
 発動までに時間が掛かる連携ファンクションは,発動時に残っているユニットが多いほど高い効果を発揮してくれる。出し惜しみせず必殺ファンクションを発動して敵の手数を減らすと,結果的に後半戦が楽になるだろう。

必殺ファンクションを含むプレイヤーの操作は最大3回分まで入力予約が利くので,この仕様を利用して相手に反撃のスキを与えず殲滅しよう
画像集#015のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
画像集#016のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
5人揃った状態での連携ファンクションは絶大な威力を誇る。最後の敵集団に最大威力の連携ファンクションを叩き込むことができれば,勝利はもう目の前だ
画像集#017のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 そして,戦いを重ねてクエストを進めていくと,装備することで戦闘中に「援撃ファンクション」を発動できる「ACCM」が利用可能になる。必殺ファンクションに比べて再使用可能になるまで時間がかかるが,敵が1体だけ残ってしまった場合や全体攻撃後のダメ押しなどに有効だ。

※2020年5月14日16:20,「援撃ファンクション」の発動条件に仕様変更があったため,該当箇所を修正いたしました

画像集#018のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
装備できるACCMの種類はユニットのウェポンタイプによって決まっているので,編成の幅を広げるためにも色々な種類のACCMを揃えておこう
画像集#019のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
ACCMを入手する主な手段はユニットを「探索」に出すこと。時間は掛かるが,探索に出ているユニットも問題なくクエストに連れていけるのでデメリットは存在しない。空いた時間には忘れずに探索を利用しておこう


コツコツとためたリソースが力に変わる

好きな装甲娘を限界まで育て上げられる育成システム


 編成を工夫するのも大事だが,各ユニットの能力自体を強化してあげるのも隊長の務めだ。
 戦力を強化する最も手っ取り早い方法はユニットのレベルを上げることだが,本作に登場するユニットは初期レベル上限が一律10に設定されており,さらに育成するためにはレベル上限を解放する「リミット解放」が必要になる。
 リミット解放のために必要なアイテムはメインクエストの中で入手できるので,クリア済のクエストを周回して入手しておこう。

リミットの上限はレベル80で,後述するレアリティ(スロット解放数)に関わらず上限まで上げられる
画像集#020のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
画像集#021のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
戦闘以外にも,アイテム「Expリキッド」で経験値を入手できる。Expリキッドの大量入手を狙える「Expクエスト」,同じくお金を入手できる「クレジットクエスト」はスタミナを消費せずに1日で最大3回まで挑戦できるので,毎日コツコツ挑めば育成を効率よく進められる
画像集#022のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 信頼度レベルを上昇させると個別のキャラクターシナリオが開放され,これを読み進めることでユニットの能力が強化される。能力の上昇幅もゲーム序盤としてはかなり高めなので,バトルによく編成するユニットとは仲良くなっておこう。

共にバトルを繰り返すことでも信頼度は上昇するが,ギフトを提供すればより効率的に親交を深められる
画像集#023のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 ユニットはガチャから入手することになるのだが,本作ではいわゆるレアリティにあたる要素が「スロット解放数」という概念に置き換えられている。スロット解放数は,特殊なスキルをユニットに付与する「コアパーツ」を装備できる上限数を定義する要素で,ユニット別の「ユニットチップ」を消費することで上昇させられる。

コアパーツをセットするとユニットは「パーツスキル」を習得し,同じ効果を持つパーツスキルを複数所持するとスキルレベルが上昇。より高い効果を得ることができる
画像集#024のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
指定されたコアパーツの組み合わせをセットすることで,「EXスキル」という特殊効果を発動させることも可能だ。パーツスキルのレベルを上げて特定の能力を重点的に上げるか,EXスキルの発動を優先するかはプレイヤー次第だ
画像集#025のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 ガチャ排出時の初期スロット解放数はユニットごとに異なるが,どのユニットでも最大値であるスロット5まで成長させられるので,実質的にほかのゲームでいうところのレアリティの差は存在しないと言っていい。育て方次第でどのキャラクターでも戦力となるのだ。

ガチャから出現する初期スロット解放数の最大値は3。現在の解放数が少ないほど必要なユニットチップの数が減るので,追いつくのはさほど難しくない
画像集#026のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
画像集#027のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに
すでに所有しているユニットがガチャから出現した場合,その初期スロット解放数に応じた「マルチチップ」を獲得できる。マルチチップは好きなユニットの専用チップと交換できるので,どのユニットを引いても“完全なハズレ”とはならない
画像集#028のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 今回のリニューアルで,本作はダンボール戦機という原作を活かした世界観へと生まれ変わり,単なる“LBX擬人化”ではない,シリーズの一端を担う作品へと進化したように感じられた。レアリティがユニットの能力に介入する余地を限界まで減らし,さまざまなユニットを活躍させられるよう調整されたシステムの感触は非常に良好だ。

準備画面で敵ユニットをタップすると,ユニットに関する設定が表示される。バトルとは直接無関係な要素だが,地味に内容が細かくてつい読んでしまう。このあたりもファンには刺さるものがあるだろう
画像集#029のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

 個人的に感じた不満点を挙げるとするなら,主にシステム面で説明が足りない箇所があったことだろうか。とくに射撃タイプと格闘タイプの攻撃力の違い,配置による変化や影響などの把握が難しかった。このあたりが分かりやすくなると,より遊びやすくなるはず。
 “ダンボール戦機らしさ”を感じながら,装甲娘ならではのオリジナリティある物語が楽しめる本作。リニューアル以前に隊長業を務めていた人はもちろん,プレイしたことがないというシリーズファンもプレイしてみてはいかがだろうか。

画像集#008のサムネイル/「装甲娘 ミゼレムクライシス」を先行プレイ。世界観はより「ダンボール戦機」に近く,バトルシステムは装甲娘の魅力を引き出す奥深いものに

「装甲娘 ミゼレムクライシス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    装甲娘 ミゼレムクライシス

  • 関連タイトル:

    装甲娘 ミゼレムクライシス

  • 関連タイトル:

    装甲娘 ミゼレムクライシス

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/11/20)
ダンボール戦機 DVD BOX 1
amazon価格:¥8,800円
DVD
発売日:2012/11/28
ダンボール戦機 DVD BOX 2
amazon価格:¥9,349円
DVD
発売日:2012/11/28

ダンボール戦機 爆ブースト - 3DS
amazon価格:¥5,700円
Video Games
発売日:2012/07/05
ダンボール戦機W 超カスタム - 3DS
amazon価格:¥15,400円
Video Games
発売日:2013/07/18


4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月29日〜11月30日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月