オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2018/05/24
  • 価格:通常版:7480円(税抜)
    限定版「ペルソナダンシング オールスター・トリプルパック」:1万6880円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
80
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/24 00:00

紹介記事

さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介

 アトラスは,「ペルソナ」シリーズのサウンドアクションゲーム「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」PS4 / PS Vita。以下「P3D」)と「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」PS4 / PS Vita。以下「P5D」)を,本日(2018年5月24日)発売する。

画像(002)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介

 「ペルソナ4」の自称特別捜査隊の仲間達がダンスを披露した「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」(以下,「P4D」)に続き,「P3D」では「ペルソナ3」(以下,「P3」)の特別課外活動部の面々が,「P5D」では「ペルソナ5」(以下,「P5」)の怪盗団メンバーが,“ペルソナサウンド”で舞い踊るのだ。本稿で,いよいよ発売となる「P3D」「P5D」の魅力を,ゲームの基本的な遊び方とともに紹介していこう。

「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」公式サイト

「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」公式サイト



クラブ・ベルベットで開かれる一夜限りの“宴”

個性溢れるダンスでフロアを沸かせよう


 まずはゲームのイントロダクションに触れておこう。両作品の舞台となるのは「クラブ・ベルベット」。「ペルソナ」シリーズのファンならおなじみ「ベルベットルーム」と同じく,“夢と現実,精神と物質の挟間”にある謎の空間だ。「P3D」では自称“エリP”ことエリザベス,「P5D」ではジュスティーヌカロリーヌという,ベルベットルームの住人から,この場所で開かれる「宴」でダンスを披露するよう告げられる。

画像(011)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(010)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介 画像(012)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介

 ここで行われる宴は,“一夜限りで儚く消える,泡沫(うたかた)の夢”。この空間で流れる時間は現実に影響はなく,そして,この場で起きた出来事の記憶も残らないという。マイペースに,そして強引に話を進めるベルベットルームの住人達によって,謎の多い宴は幕を開ける。
 夢のような世界での出来事だが,その物語はそれぞれ題材となっている「P3」「P5」本編とのつながりを感じさせるものとなっている。会話のやりとりからは,登場人物達の関係性などもうかがい知ることができるので,より深く「ペルソナ」の世界を楽しみたい人は,あらためて「P3」「P5」をプレイしてみるのもいいだろう。

画像(014)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介 画像(016)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D
画像(015)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介

 ゲームのメインとなるのが,“ペルソナサウンド”でサウンドアクションが楽しめる「DANCING!」モードだ。ゲームの基本ルールは「P4D」と同様,楽曲に合わせて画面中央から外に向かって流れてくる「ノート」が,外周にある「ターゲット」に重なったときに,表示されているアイコンに該当するボタン([↑][←][↓][△][○][×])をタイミングよく押していくというもの。ノートは「★」のほか,該当のボタンを長押しする「H」(ホールド・ノート),2つのボタンを同時押しする「U」(ユニゾン・ノート),そして新たに追加された,2回連続してボタンを押す「D」(ダブル・ノート)がある。
 「PERFECT」「GREAT」「GOOD」「MISS」の4段階ある評価から「GREAT」以上をキープし続ければ「COMBO」となり,高スコアにつながっていく。ノートの種類を見極めてフルコンボを狙おう。

画像(035)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介 画像(036)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(037)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
画像(038)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介 画像(039)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D
画像(040)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介

 また,ノートとは別に「SCRATCH」と表示された青いリングが流れてくる。これは,ターゲットと重なったタイミングで,左右どちらかのスティックを弾くことでスクラッチ成功となり,スコアが加算されるというもの。スルーしてもミスにはならず,「COMBO」にも影響はないが,高スコアを目指すうえで重要だ。
 もう1種類ある虹色のリング「フィーバー・リング」は,スクラッチして「フィーバーゲージ」を溜めることで,「フィーバータイム」が発生する。高スコアにつながるのはもちろん,途中参加するパートナーとのダンスや,よりリズムゲームが盛り上がる特別な演出が楽しめるので,ゲームに慣れてきたら,タイミングを逃さずスクラッチを狙いに行こう。

画像(042)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(043)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D
画像(005)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(006)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D

 画面左上に表示されている「ノリノリ・ゲージ」が一定以上の状態で曲を終えることでステージクリアだ。クリア楽曲数が増えたり,特定の条件を達成したりすると,新たな楽曲や後述する「COMMU」の新エピソードが開放される。
 ゲージは,「GOOD」以上をキープできれば増加,「MISS」だと減少し,下がり過ぎると曲の途中でもゲームオーバーになってしまう。最後まで踊り切れたとしても,ゲージが低いとクリアとならないので,少しでも高い評価を狙い,リズムに乗りながらタイミングよくボタンを押そう。

画像(009)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(013)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D

 リズムアクション用の楽曲は,題材となったタイトルのオリジナル楽曲や,著名なアーティスト達が手掛けたリミックス楽曲など,「P3D」「P5D」ともに25曲が収録されている。
 「P3」の特別課外活動部と「P5」の怪盗団のメンバーは,そんな楽曲をバックに“自身がイメージしたままに身体が動かせる”というこの空間で,それぞれ自由に自分らしく,個性を生かしたダンスを披露してくれるのだ。

画像(017)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(018)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D
画像(033)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(034)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D

■「P3D」「P5D」収録楽曲リスト
「P3D」収録楽曲 「P5D」収録楽曲
Mass Destruction Rivers In the Desert
Brand New Days (Yuyoyuppe Remix) Wake Up, Get Up, Get Out There (Jazztronik Remix)
When The Moon's Reaching Out Stars (Hideki Naganuma Remix) Keeper of Lust
Want To Be Close (ATOLS Remix) Blooming Villain (ATLUS Konishi Remix)
深層心理(Lotus Juice Remix) 星と僕らと(tofubeats Remix)
Deep Breath Deep Breath (Yuu Miyake Remix) Tokyo Daylight (ATLUS Kozuka Remix)
Soul Phrase Wake Up, Get Up, Get Out There
Light the Fire Up in the Night“KAGEJIKAN”+“MAYONAKA” Rivers In the Desert (Mito Remix)
Burn My Dread (Novoiski REMIX) Blooming Villain
When The Moon's Reaching Out Stars Life Goes On
Time (ATLUS Kitajoh Remix) Price
Wiping All Out (ATLUS Kozuka Remix) The Whims of Fate (Yukihiro Fukutomi Remix)
A Way of Life (ATLUS Kitajoh Remix) Beneath the Mask (KAIEN Remix)
Heartful Cry (ATLUS Konishi Remix) Will Power (Shacho Remix)
Light the Fire Up in the Night “KAGEJIKAN”+“MAYONAKA”(sasakure.UK Remix) Last Surprise (Taku Takahashi Remix)
Mass Destruction (Tetsuya Kobayashi Remix) 母のいた日々(ATLUS Kitajoh Remix)
全ての人の魂の詩(t.komine REMIX) Life Will Change (ATLUS Meguro Remix)
Burn My Dread Jaldabaoth 〜 Our Beginning
全ての人の魂の戦い(Daisuke Asakura Remix) Last Surprise
キミの記憶(ATLUS Meguro Remix) Life Will Change
Our Moment GROOVY
Moonlight Serendipity One Nightbreak
Laser Beam (PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB!!!! 2017) Rivers In the Desert (PERSONA SUPER LIVE P-SOUND BOMB !!!! 2017)
Burn My Dread -Last Battle- 星と僕らと
Brand New Days Last Surprise (Jazztronik Remix)

■「P3D」「P5D」リミキサー一覧(敬称略・五十音順)
「P3D」リミキサー 「P5D」リミキサー
浅倉大介 KAIEN
ATOLS Jazztronik
小林哲也 社長(SOIL&“PIMP”SESSIONS)
sasakure.UK ☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)
HIDEKI NAGANUMA tofubeats
三宅 優 福富幸宏
ゆよゆっぺ ミト(クラムボン)
Lotus Juice
目黒将司 小塚良太 喜多條敦志 小西利樹

 楽曲のステージは各タイトルでおなじみの場所を再現したものとなっている。ダンス中にはダンサー同士の掛け合いやダンスを見守る仲間からの応援などもあって,リズムゲームとしての楽しさはもちろん,「P3」「P5」ファンにはたまらない要素も盛りだくさん。エレクトロ・ポップユニット風な特別課外活動部の女性メンバーや,ロックバンドに扮した怪盗団の男性陣など,これまでにない雰囲気となった彼らが見せるパフォーマンスを,実際のアーティストのミュージックビデオのような演出で楽しめる特別なステージもあるので,こちらも注目だ。

画像(020)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
巌戸台分寮・ラウンジ(P3D)
画像(022)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
純喫茶ルブラン・店内(P5D)
画像(019)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
影時間の街(P3D)
画像(021)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
メメントス・ホーム(P5D)

P5D
画像(026)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
画像(023)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(024)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D
P3D
画像(025)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介


仲間との会話を楽しみながら新コスチュームをゲット

自分好みにキャラクターをコーディネートしよう


 メインとなるもうひとつのモード「COMMU」は,仲間達との会話が楽しめるイベントだ。キャラクターごとに設定された条件を達成することで,新たなエピソードが開放され,それを読み進めることでダンス用の新しいコスチュームやアクセサリーなどが入手できる。
 「COMMU」が進んで絆が深まると,彼らの現実世界の自室を再現したという「控室」に案内されることも。PS4版では,PS VRで仲間達の部屋を訪問することが可能だ。

画像(031)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(032)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D
画像(008)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(007)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D

 コーディネートは,「DANCING!」の楽曲選択時に,メインダンサーとパートナーともに設定できる。コスチュームやアクセサリーは,ステージ衣装となる「コスチューム」のほか,コスチュームで設定されているものとは別の髪型が選択できる「ヘアアレンジ」,メガネやヘッドフォンなどを2つまでセットできる「アクセサリー」,目の色を変えられる「カラーコンタクト」,髪の色を変更できる「カラーウィッグ」という5項目6種類までセット可能だ。
 コスチュームやアクセサリーは,DLCも合わせるとおよそ120種類用意され,その組み合わせは10万通りを超えるとのこと。かなり悩まされそうだが,お気に入りのキャラクターを自分好みにコーディネートしてリズムゲームを楽しもう。

 「DANCING!」でさまざまな条件を設定してサウンドアクションに挑み,条件を達成し開放された「COMMU」のエピソードを読み進めて新しいコスチュームやアクセサリーなどを入手。新たなコーディネートを楽しみつつサウンドアクションに挑戦し,謎の宴の真相に迫ろう。

画像(028)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介 画像(027)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P3D
画像(029)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介 画像(030)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介
P5D

 ダンスシーンはもちろん,メニュー画面や「COMMU」での会話シーンなど,とにかくキャラクターが良く動くところが印象的で,その細かなしぐさや表情は,ファンにはたまらないものがある。とくに「P3」キャラクターは,この頭身では初となるHD化なので,こちらも感慨深い。
 美麗なグラフィックスで再現されたキャラクター達と,さまざまなアーティストの手によってより広がりを見せるペルソナサウンドでリズムアクションが楽しめる「P3D」「P5D」。ネタバレ部分には注意してもらいたいが,「ペルソナ」シリーズファンだけではなく,音ゲーや音楽好きの人にも触れてほしいタイトルだ。

画像(001)さらなる広がりを見せる“ペルソナサウンド”でダンスが楽しめる。本日発売のサウンドアクション「P3D」「P5D」を紹介

「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」公式サイト

「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

  • 関連タイトル:

    ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5 ダンシング・スターナイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日