オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS公式サイトへ
  • ブシロード
  • 発売日:2019/09/26
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
20
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/22 18:00

プレイレポート

「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 27人のきらきら輝く少女たちを,一番近くで応援する。ライブをRPGのように攻略していく,最強で最高のアイドルゲーム。スクールアイドルみんなの文化祭に向けて,あなたと叶える新しい物語。

 そんな志しを胸に,スクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」シリーズが新たに打ち出すスマホゲームが,このスクスタこと「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」だ。

画像(001)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 本作は,ブシモが2019年9月26日に配信するリズムアクションRPGで,作中にはプロジェクトの立て役者「μ's」,太陽のように元気いっぱいの「Aqours」,新進気鋭の「ニジガク」(虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会)のスクールアイドルが登場し,既存のTVアニメシリーズとは異なる世界観で,まさにオールスターな物語がくり広げられる。

 さらに,高品質な3Dモデルを用いたライブパフォーマンスや,ノーツを叩くとスタミナが減る? 無謀な賭けを勝ちにきたリズムアクションなど,ゲームとしての意気込みも万全だ。本稿ではこれらスクスタの内容を,先日行われた試遊会での体験をもとにお伝えしていく。

画像(006)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」公式サイト

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」ダウンロードページ

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」ダウンロードページ



27人の少女が交わる,新たな時間軸の物語


 μ'sとAqoursの物語は,アニメではそれぞれ異なる時間軸で描かれている。しかしスクスタでは,ニジガクを加えた計3グループが“同じ時間軸に存在”している。大ボリュームで届けられるこの新規ストーリーは,サンライズによるプロデュース・監修のお墨つきで展開されるものだ。

 これまでのラブライブ!シリーズと異なるのは“物語の主人公はプレイヤー”であること。あなたは東京・お台場にある「私立虹ヶ咲学園」に通う学生で,音ノ木坂学院所属のμ'sと,浦の星女学院所属のAqoursによる合同ライブを見て,我々と同じく衝撃を受け,新たな一歩を踏み出す。

ストーリーは完全フルボイス。イベントスチルも用意されている
画像(002)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(003)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(004)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(005)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 あなたとスクールアイドルたちの物語は,ニジガク同好会の立ち上げからはじまる。ここに所属する9名の少女は,同じグループの仲間だが,活動区分やその目的がそれぞれ異なるという,一風変わったものだ。

 そして物語上には,各々が同年代になったμ'sとAqoursのメンバーがひっきりなしに登場する。これまでifとして想像するしかなかった組み合わせ,かけ合いも含め,シリーズファンなら必見だ。原作時間軸が馴染み深くても,プレイ後,胸に聞いたら「YES!!」と答えるだろう。

 またメインストーリーだけでなく,各スクールアイドルに焦点を合わせた「キズナエピソード」や,彼女たちを育成すると開放される「サイドエピソード」なども存在し,これらもすべてフルボイスで楽しめる。

画像(007)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(008)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(009)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(010)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 ホーム画面からはストーリーやライブ,育成やガチャにアクセスできるほか,スタミナや有料通貨などの表示が。「お気に入りのキャラクター」を設定すれば,その子をタップしてキズナを深められるようだ。

 スマホゲームの作りとして煩雑さを感じることはなく,誰でも問題なく遊べる出来だ。ただし,リズムアクション面に関してはリズムゲームに慣れている人にとっても,なかなかの新機軸が用意されている。

画像(011)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(012)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!


ノーツを叩くとスタミナが減る? 戦略とリズム


 リズムアクションを体験できる「ライブステージ」では,プレイヤーである“あなた”がメンバーを応援することで,彼女たちのパフォーマンスが上がり,ライブも盛り上がる。ただし,一般的なリズムゲームとは異なる,かなり奇抜なシステムが採用されている。

 ライブ楽曲を選び,9名のスクールアイドルを編成し,衣装を選択する……といった部分は普遍的だが,“3つの作戦ごとにメンバー配置を考え,アクセサリーを付け替える”ところがスクスタの特色である。

画像(013)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(014)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 ライブが始まると画面内にタップ,ホールド,フリック,同時押しなどのノーツが流れてくる。レーン式ではなく,画面全体を活用するスタイルだが,ノーツ自体をタップする必要はなく,画面のどこを押してもいい。判定ラインと重なったタイミングで好きな場所を打鍵しよう。

 クリアの条件は「ボルテージ」(スコア)を高めていくことだが,最大のギミックは“ノーツを叩くたびにスタミナが減少する”ところである。つまり,楽曲の進行に合わせてノーツを叩いていると,スタミナがなくなっていき,そのままではライブ失敗に終わってしまうのだ。

 そのためプレイヤーは,3つの作戦(編成内の区分け)を切り替え操作しながら,ライブを成功に導いていく。ボルテージ稼ぎなら「ボルテージ増加」の作戦に,スタミナ確保なら「特技発動率増加」や「ダメージ減少」にと,ライブ中に次々と作戦をチェンジするのだ。

画面左右のアイコンで作戦チェンジ。ノーツを処理しつつ,状況に応じて作戦も変更しよう。リズムアクションだけに留まらない,マネジメント力が問われる。といっても難しすぎることはない。あなたが応援するから,最高のライブになる。その気持ちがカギなのだ
画像(015)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 スクールアイドルたちは各々スキルを保有しており,回復重視でクリアを目指したり,ボルテージ重視でハイスコアを狙ったりと,組み合わせが生まれている。またライブ中は「NICEを4回取ろう」などとアピールチャンスが発生することもあるので,特定楽曲の特化編成もありえそう。

 なお,一度クリアした楽曲はオートプレイに対応する。この場合,いっさい操作せずとも自動でノーツを叩いてくれるので,手軽に遊ぶにせよ,周回するにせよ,個々人のプレイスタイルをカバーできる。

 そして,いくつか楽曲をプレイしてみたところ,単に高難度のノーツをさばいていくタイトルよりも,やはり編成方針やライブ中の作戦といった,それこそRPG的要素が印象深かった。とくに作戦変更はノーツ処理と並行していることで,慣れるとさまざまな遊びが生まれそうだ。

ライブ中にゲージをためると「SP特技」が発動可能に。その際,編成したスクールアイドルごとの特殊な演出を見られる
画像(016)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 育成面に関しても,経験値を稼いで,スクールアイドルをレベルアップさせて強くする,などといったポピュラーな形ではなく,素材を消費して強化パネルを開放していくものとなる。育てていくと個別エピソードや新規衣装がアンロックされるほか,スキルも強化されていくようだ。

 ほかにも,9名のスクールアイドルを選んで送り出す「合宿」では,参加者に新たな「ひらめきスキル」を覚えさせられるなど,育成要素に横幅が設けられている。いずれも思考すべき点はあるが,意味が分かりづらいものではないので,ゲームを進めていれば自然と身につくはずだ。

 スクールアイドルたちを育てて,最適なメンバーを編成し,最高のライブに臨む。そうすれば,スクスタのストーリーも進んでいく。RPG的なゲームサイクル自体が,ラブライブ!らしい物語進行とさえ思える。

画像(017)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(018)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(019)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(020)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(021)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(022)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 当然だが,魅力的な3Dモデルを使用したライブ演出も見ものだ。グループを問わない組み合わせ,オリジナルの新規衣装,複雑なフォーメーションダンスなど,見ているだけで楽しめる。

 MV(ミュージックビデオ)の鑑賞も可能なので,ローンチ時は「私の考えた最強の組み合わせ」があっちこっちで飛び交うかもしれない。

画像(023)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(024)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(025)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(026)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

画像(027)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(028)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに! 画像(029)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!
画像(030)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!

 最後に,今回の試遊会にはニジガクのキャスト陣より,大西亜玖璃さん前田佳織里さん村上奈津実さん指出毬亜さん田中ちえ美さんの計5名が姿を見せくれた。次いで,スクスタへのそれぞれの想いもコメントをしてくれたので,そちらもあわせて紹介しておこう。



大西亜玖璃さん(上原歩夢 役):
 収録は2年ほど前にスタートしていたので,当時のことを思い出しながら,不思議な気持ちでプレイしていました。ゲーム画面をタップするとメンバーのいろんな反応が見られて,とっても楽しかったです!

前田佳織里さん(桜坂しずく 役):
 先ほど,私たちも初めてゲームを遊ばせていただきました。発表からこれまで,ライブやCDリリースなどで活動させてもらってきましたが,実際にアプリを遊んでみると,クオリティ以外にも新しい発見がありました。ライブ演出の見応えもあり,多くの方々に楽しんでいただけるゲームになっていますので,ぜひ楽しんでプレイしてもらえればと思います。

村上奈津実さん(宮下 愛 役):
 私はスクスタをとおして「ラブライブ!」に関われると決まったときから,このゲームをプレイするのをずっと楽しみにしていました。今は,早く自分のスマホでもプレイしたい気持ちでいっぱいです。

指出毬亜さん(エマ・ヴェルデ 役):
 スクスタが発表されてから,この日をずっと楽しみに待っていました。私たち虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の楽曲もたくさん入っているので,ゲームを遊びながら聴いていただければうれしいです。

田中ちえ美さん(天王寺璃奈 役):
 「ラブライブ!」シリーズの楽曲がたくさん入っているので,人それぞれのいろんな楽しみ方がある,そんな新しいゲームに感じられました。アプリがリリースされたらもっと遊びたいです。

画像(031)「ラブライブ!スクスタ」を先行試遊。ノーツを叩くとスタミナが減る? 新感覚のリズムアクションRPGに!



 「ラブライブ!」。この言葉に馴染みのある人には言うまでもないが,中にはこの言葉を聞いたことしかない人もいたかもしれない。

 スクスタが配信されたその日。ゲームを遊ぶかどうするか,それでどうなるかはあなた次第ではあるが,なぜかこの記事をクリックして,本文を読んでみて,ワクワクしたのなら話は早い。これも縁だと思って,ぜひとも遊んでみてほしい。出会いってそれだけで奇跡と思うんだよ。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」公式サイト

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」ダウンロードページ

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS

  • 関連タイトル:

    ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月