オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Shadowverse公式サイトへ
読者の評価
40
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Shadowverse」がe-Sports大会「RAGE」の種目に採用。10月に大会を開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/01 13:30

リリース

「Shadowverse」がe-Sports大会「RAGE」の種目に採用。10月に大会を開催

RAGE
配信元 CyberZ 配信日 2016/08/01

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

e-Sports大会「RAGE」の新競技タイトルにCygames社の提供する「Shadowverse」採用が決定
〜国内最大規模の賞金総額700万円をかけた「RAGE」を2016年10月に開催予定〜


 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、運営するe-Sports大会(※1)「RAGE」の新競技タイトルに株式会社Cygames(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一)が提供するカードゲームバトル「Shadowverse」の採用が決定したことをお知らせいたします。また、本大会の賞金総額は700万円で、これまで開催された「Shadowverse」の大会においては過去最高の金額となります。

 「RAGE」とは当社が運営するe-Sports大会で、複数のゲームタイトルを採用し年間を通した大会の運営を行っております。これまで「RAGE」では、Super Evil Megacorp社(本社:米国カリフォルニア州サンマテオ、CEO:BO DALY)の提供するモバイルゲーム「Vainglory」、株式会社カプコンの提供する「ストリートファイターV」を競技タイトルとして採用しており、このたびCygames社が提供する「Shadowverse」の採用があらたに決定いたしました。

 「Shadowverse」は7人のリーダーと400枚以上のカードから自分のデッキを作って戦うオンラインカードバトルゲームです。その多彩な駆け引きと高いゲーム性から、2016年6月17日のサービス開始以来9日間で200万ダウンロード突破を達成するなど、多くのファンから支持されています。本タイトルを採用した第一回目のオフライン大会(※2)は2016年10月の開催を予定しており、賞金総額700万円、優勝者には400万円が贈呈される予定です。大会の概要は、RAGE公式サイトにて順次公開いたします。

 当社は本取り組みを通して、日本におけるe-Sportsの認知拡大を図り、市場発展に向けたe-Sportsコミュニティの活性化を目指してまいります。

※1 e-Sportsとは「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略をさし、ゲームを競技として捉え従来のスポーツのようにプレイおよび観戦をする際の名称です。
※2 本大会は参加無料のオープン大会で、使用する端末は大会運営側が用意し、参加者によるカードの優劣はございません。


「RAGE」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月20日〜01月21日