オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Rez Infinite
読者の評価
99
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2016]「Rez Infinite」を全身で楽しめる。シナスタジア(共感覚)スーツが“エンターテインメントの未来”ブースに出展中
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/09/16 01:58

イベント

[TGS 2016]「Rez Infinite」を全身で楽しめる。シナスタジア(共感覚)スーツが“エンターテインメントの未来”ブースに出展中

Rez Infinite
PlayStationブースで本日(9月15日)行われた「Rez Infinite」のステージイベントでは,水口氏がシナスタジアスーツを装着してゲームプレイを披露した
 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のEmbodied Media Projectは,9月15日〜18日にかけて開催(一般公開日は17,18日)されている東京ゲームショウ2016の“エンターテインメントの未来”ブース(ホール3)において,「シナスタジアスーツ」をプレイアブル出展している。

 シナスタジアスーツは,「Rez Infinite」のゲームデザイナーである水口哲也氏が,同作をより楽しめるよう,慶応メディアデザインやライゾマティクスと協力して開発したガジェットだ。全体に26個の振動素子が埋め込まれており,それがプレイに合わせて身体の各部を刺激することで,プレイの臨場感を高めてくれる。なおシナスタジアとは「共感覚」という意味で,一般的には「聞いた音に色彩を感じる」や「言葉に匂いを感じる」といった現象に対して用いられる。

 同ブースでは,シナスタジアスーツとPlayStation VRを着用した状態で,「Rez Infinite」の1面をプレイできる。また,周囲の人も発光・振動するチェアに座ることで,プレイヤーの体感している振動を共に感じられる。参加には,同ブースにて配布される整理券が必要だ。

 “エンターテインメントの未来”ブース内では「Rez Infinite」に加え,専用のデモプログラムを用いたシナスタジアスーツの体験コーナーも用意されている。そのほか,触感表現ツールや立体映像ディスプレイなども体験可能だ。

Rez Infinite
PlayStation VRとシナスタジアスーツで「Rez Infinite」をプレイできる
Rez Infinite
旧バージョンのシナスタジアスーツも展示されていた
発光・振動機構を内臓したチェアは,2月に行われたイベント「Media Ambition Tokyo」で用いられたものとほぼ同様
Rez Infinite
別のコーナーでは,サイケデリックなグラフィックスを背景にして飛んで来る泡状オブジェクトとの仮想的な接触を体感できる。なお,こちらではHTCのViveを使用する
Rez Infinite Rez Infinite Rez Infinite

4GamerのTGS 2016特設ページ

  • 関連タイトル:

    Rez Infinite

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月