パッケージ
Shadowverse公式サイトへ
  • Cygames
  • Cygames
  • 発売日:2016/06/17
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
60
投稿数:14
レビューを投稿する
準備中
Shadowverse
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/01/26 17:45

リリース

「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

シャドウバース シャドウバース シャドウバース
配信元 RAGE 配信日 2023/01/26

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」
福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが
前人未到の3連覇を果たし年間王者へ!
プロシーンでは3年ぶりの有観客開催で有料チケットは完売!

株式会社CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント株式会社、 株式会社テレビ朝日が運営する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」は、 対戦型オンライントレーディングカードゲーム『Shadowverse』の大会「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP(以下、 PTCS)」を、 2023年1月22日(日)に東京ポートシティ竹芝 ポートホールで開催しました。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

前シーズンまで行われていた「RAGE Shadowverse Pro League」からフォーマットを一新し、2022年5月から開幕した「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR(以下、RSPT)」。今大会はSeasonごとに8チームからローテーションと2Pickの代表選手が出場し、予選と本戦を実施し、それぞれSeason王者を決定します。試合での勝利数や順位に応じてチームポイントが付与され、全5Seasonの累計ポイントによってチームの年間順位が決まります。

Seasonを通じて「PTCS」に出場権利を獲得したのは福岡ソフトバンクホークス ゲーミング(1位)とGxG(2位)。今大会では各チームから選ばれた3名の選手が出場し、ローテーション、2PickともにBO3形式で対戦。チームとして先に3勝したチームが優勝となります。

メインエリア入場チケットが完売した本大会には、大勢の観客が集まり、MCの布施宏倖さん(テレビ朝日アナウンサー)・斎藤ちはるさん(テレビ朝日アナウンサー)、実況の平岩康佑さん・友田一貴さん・ソーさん、解説の海老原悠さん・まるさん・くすきさんが見守る中、3勝1敗で福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが優勝を果たしました。3連覇という偉業を成し遂げた彼らは、優勝賞金1500万円を獲得しました。

また試合後には「RSPT22-23 AFTER PARTY」が開催され、来場者とプロ選手・キャスター陣との交流、ビンゴ大会やチーム対抗のゲーム大会が行われました。

本大会の模様はYouTube・OPENREC.tvのアーカイブ配信で視聴できます。

配信URL
【YouTube】
https://www.youtube.com/watch?v=BvMfmAxMHj4

【OPENREC.tv】
https://www.openrec.tv/live/olry51ee0z2

【ABEMA】
https://abema.tv/channels/world-sports-3/slots/EBMQ3RTt34u4FR

【第1試合】ローテーション:“努力の新星”MURA選手(福岡ソフトバンクホークス ゲーミング) vs “蒼空の覇者”拓海選手(GxG)

画像集 No.013のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

レギュラーシーズンで準優勝経験があるMURA選手と、本戦に3度出場した拓海選手という2選手による対戦で大会はスタートしました。事前に行われた優勝予想ではGxGがやや優勢となっていましたが、その期待に添う形で初戦は拓海選手が2-0でストレート勝ち。チャンピオンシップの初優勝に向けて、GxGの勢いを加速させます。

【第2試合】ローテーション:“盤上のカレイドスコープ”Atom選手(福岡ソフトバンクホークス ゲーミング) vs “天翔ける鳳凰”リグゼ選手(GxG)

画像集 No.005のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に
画像集 No.004のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

昨年のCHAMPIONSHIPでは負けなしで優勝した福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが1敗した状況で始まった第2試合。序盤からリグゼ選手が調子よくプレイし、控室にいるGxGメンバーはシャドーボクシングのパフォーマンスで鼓舞します。しかしここで奮起したのがAtom選手。福岡ソフトバンクホークス ゲーミングのリーダーである彼は、ハイレベルな戦いで形勢を逆転し2-1で勝利。勝敗を五分に戻しました。

【第3試合】2Pick:“未来を切り開くキレ者”oya選手(福岡ソフトバンクホークス ゲーミング) vs “魁の総大将”フォレスト選手(GxG)

画像集 No.003のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に
画像集 No.012のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

2Pickはレギュラーシーズンで本戦に3回出場した安定感あるoya選手と、シーズン後半に調子を上げて優勝や準優勝をしたフォレスト選手という2選手が対戦しました。oya選手が流れに乗り2-0でのストレート勝利。福岡ソフトバンクホークス ゲーミングが3年連続の年間王者に向けて王手をかけます。

【第4試合】ローテーション:“努力の新星”MURA選手(福岡ソフトバンクホークス ゲーミング) vs “蒼空の覇者”拓海選手(GxG)

画像集 No.011のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に
画像集 No.013のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

各チームで、以降の試合に出場する選手や持ち込みデッキを決める作戦タイムを挟んで第4試合に突入します。両チームから申請があった選手とデッキは第1試合と全く同じものに。
完全なリベンジマッチとなります。MURA選手は2-1でリベンジを果たし、そのままチームの優勝も決めました。チームルームに戻ったMURA選手はチームメンバーとハイタッチを交わしました。

【勝利チームコメント&表彰式】

画像集 No.008のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

「PTCS」に出場した3選手は表彰式で以下のようにコメントしました。

Atom選手「僕たちは有観客でやる試合が初めてで緊張もあったけど、『とにかくいい試合を見せたい』という思いで今日まで練習してきた。僕自身はいいプレイできたかなと思うし、優勝できて嬉しい」

MURA選手「自分は有観客での試合が初めてで、1試合目は緊張してふがいないプレイをしてしまった。自分のせいで負ける可能性があるなかで、最後はそれなりのプレイができて嬉しい」

oya選手「本戦で2PickのBO3は苦戦していたけど、この一番大事なところで勝てたし、結果的にチーム全員が揃って勝って優勝できたのもよかった」

その後、優勝チームに賞金プレートを手渡した「RAGE」プロデューサーの大友真吾は、「前人未到の3連覇、本当におめでとうございます。また、惜しくも本日敗れたものの、『RSPT』2位でこの地に辿り着いたGxGのみなさんもお疲れ様でした」と選手を労います。また今シーズンのフォーマット変更に触れたのち「新シーズンも、またバージョンアップしてみなさんにお届けできるよう頑張りますので、引き続きよろしくお願いします」と語りました。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

最後はAtom選手が来場したファン・配信の視聴者に対して「『RSPT22-23』、みなさん応援ありがとうございました。今回、僕たちが3連覇できてとても嬉しいです。全体的なレベルもどんどん上がっていっているなかで、毎年いいものをお届けできるよう選手も頑張っていくので、来シーズンも応援をお願いします」とコメントし、大会を締めくくりました。

RSPT22-23 AFTER PARTYの様子


画像集 No.009のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に
画像集 No.010のサムネイル画像 / 「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」の公式レポートが公開に

【「Shadowverse Invitational 2023」に関して】
2022年の『Shadowverse』競技シーンで活躍したプレイヤーが一堂に会するオールスター配信イベント「Shadowverse Invitational 2023」が2023年2月17日(金)・18日(土)・19日(日)に開催されます。今回PTCS優勝の福岡ソフトバンクホークス ゲーミングの選手をはじめとする「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR」の成績優秀者も出場招待対象となります。続報をご期待ください。

「Shadowverse Invitational 2023」公式サイト:
https://shadowverse-invitational.jp/

「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR 22-23 CHAMPIONSHIP」概要

開催日時:2023年1月22日(日)11:00開場
場所:東京ポートシティ竹芝 ポートホール
主催:RAGE

「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR」とは

「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR」は、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社Cygamesが合同で開催する国内最大級のeスポーツ大会「RAGE」のプロツアーです。「RAGE」は5年目を迎える「Shadowverse(シャドウバース)」の大会「RAGE Shadowverse Pro League」を変更し「RAGE SHADOWVERSE PRO TOUR」となりました。デジタルTCG「Shadowverse」のプロプレイヤーたちが、日本最高峰の戦いを繰り広げます。「AXIZ」、「au デトネーション」、「G×G」、「名古屋OJA ベビースター」、「福岡ソフトバンクホークスゲーミング」、「横浜F・マリノス」、「よしもとゲーミング」、「レバンガ☆SAPPORO」の8チームが戦います。

「Shadowverse」(株式会社Cygames)

https://shadowverse.jp/
『Shadowverse』は、「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利となる、スマートフォンで遊べる対戦型オンラインTCG(Trading Card Game)です。2023年現在、日本語を含む9言語が世界にリリースされ、累計ダウンロード数は2,700万を突破しています。競技性の高さを生かし、賞金総額2億8,000万円の世界大会開催やプロリーグ設立など、eスポーツシーンにも参入しています。

RAGEとは

RAGE(レイジ)とは、次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテインメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、新たな常識に挑戦するeスポーツエンターテインメントです。Apex Legends、VALORANT、Shadowverseといった人気タイトルの「公式大会」の運営をはじめ、オフラインやオンラインでの一般参加型の「イベント」、プロチームの頂点を決める「プロリーグ」、3つのプロジェクトを実施しています。

オンライン視聴による最高同時接続数は41万人を超え、eスポーツイベントの国内同時接続数TOP3をRAGEが席巻※1。2022年に2年ぶりに行われたオフラインイベント※2では1万3千人超のチケットを即完売させ、その翌月にはさいたまスーパーアリーナ※3においてもチケットは完売。国内最多動員数を記録する2万6千人超が来場し、日本のeスポーツイベントにおける歴史的な記録を達成しました。

RAGEは国内公式大会における同時接続者数の記録を更新し続け、eスポーツイベントにおける総動員数、総視聴数においても国内No.1となり、今、Z世代を突き動かすeスポーツエンターテインメントです。

公式サイト:https://rage-esports.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/eSports_RAGE
※1 同時接続数は公式のYouTube、Twitchのウォッチパーティー合計 ※Esports Charts調べ
※2 RAGE VALORANT 2022 Spring
※3 2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2 Playoff Finals

「シャドウバース」公式サイト

「シャドウバース」ダウンロードページ

「シャドウバース」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月29日〜05月30日