オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]ASRockブースでX299搭載のゲーマー向けマザーボードを見てきた。「Micro-STX」仕様の超小型マザーボードにも注目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/01 15:33

イベント

[COMPUTEX]ASRockブースでX299搭載のゲーマー向けマザーボードを見てきた。「Micro-STX」仕様の超小型マザーボードにも注目

Fatal1ty Gaming Products
 COMPUTEX TAIPEI 2017の主会場である南港展覧館(Taipei Nangang Exhibition Center)にブースを構えるASRockは,Core-Xプロセッサに対応するIntel X299チップセットを採用するゲーマー向けマザーボードなど,多数の新製品を出展している。すでにMini-ITX仕様の製品「X299E-ITX/AC」については速報でお伝えしているが,それ以外のマザーボードをまとめて紹介しよう。

 ASRockのX299シリーズ搭載マザーボードは,以下の6製品がラインナップされている。

  • Fatal1ty X299 Professional Gaming i9:ゲーマー向けのフラッグシップモデル
  • Fatal1ty X299 Gaming K6:プロゲーマー向けを謳うハイエンド製品
  • X299 Taichi:ハイエンドの自作PCユーザー向け製品
  • X299 OC Formula:オーバークロッカー向け製品
  • X299 Killer SLI/ac:一般的な自作PCユーザー向け製品
  • X299E-ITX/ac:「リトルモンスター」と称するMini-ITX仕様の製品

 フラッグシップモデルのFatal1ty X299 Professional Gaming i9は,世界で初めて,Aquantia製の10Gbps対応LANコントローラを搭載したマザーボードというのが大きな特徴の製品だ。IEEE 802.11ac対応の無線LAN機能も,標準搭載している。

Fatal1ty X299 Professional Gaming i9
Fatal1ty Gaming Products

 メモリスロットは8基で,最大メインメモリ容量は128GBになるとのこと。
 また,フロント用USBポート用に,USB PowerDelivery対応(※36W)のUSB Type-Cポートを搭載しているのも特徴の1つだ。そのほかに,3つのUltra M.2スロットを備える点や,オーバークロック用の機能「Hyper BCLK Engine III」なども特徴であるという。
 メーカー想定売価は399ドル(税別,以下同)の予定とのことだ。

Fatal1ty X299 Professional Gaming i9の主な仕様と価格
Fatal1ty Gaming Products

 もう1つのゲーマー向けマザーボードである「Fatal1ty X299 Gaming K6」は,Fatal1ty X299 Professional Gaming i9から10Gbps LANコントローラや無線LANといったネットワーク系の機能を省略したうえで,サポートする最大メモリクロックを4400MHzから4266MHzに引き下げるなど,一部機能を簡略化した製品だ。
 ゲーマー向けX299マザーボードの主力モデルといったところか。

Fatal1ty X299 Gaming K6
Fatal1ty Gaming Products

I/Oパネル部。有線LANポートは2つで,USB 3.1ポートはType-AとType-Cを1つずつ備える。PS/2ポートが残っているのは,いかにもゲーマー向けらしい
Fatal1ty Gaming Products

 ゲーム特化型ではない自作PCユーザー向けのX299 Taichiは,チップセットのヒートシンクが歯車のような形をしていて,マザーボード上のイラストと噛み合っているような,変わったデザインが特徴の製品だ。あくまでもデザインなので,実際に歯車が回ったりはしない。
 10Gbps LANコントローラや,フロントのUSB Type-Cポートなどは備えていないが,3-way SLIまたは3-way CrossFireの対応や,IEEE 802.11acの搭載,3つのUltra M.2スロットなどを備えている。
 米国でのメーカー想定売価は299ドルとのこと。

X299 Taichi
Fatal1ty Gaming Products


小型PC用の新規格「Micro-STX」採用のZ270搭載マザーボードも出展


 最後に紹介するのは,Mini-ITX仕様のX299E-ITX/acと並ぶ「もうひとつのリトルモンスター」として紹介された「DeskMini」シリーズのマザーボード「Z270M-STX MXM」だ。
 名称からも分かるとおり,Intel Z270チップセットを採用するKaby LakeやSkylake向けのマザーボードで,Mini-ITXよりも一回り小さな「Micro-STX」というフォームファクタを採用する製品だ。

Z270M-STX MXM。表側には,CPUソケットと2つのDIMMスロット,MXM仕様の小型グラフィックスカードを接続するのに使うと思われる謎のスロットがある
Fatal1ty Gaming Products

Z270M-STX MXMの背面。なんとチップセットはこちら側にある。Ultra M.2スロットが3つ並ぶなど,ストレージの拡張性も考慮している
Fatal1ty Gaming Products

 「コンパクトなPCでも,グラフィックスカードや大容量のストレージを使いたい」といったニーズに応える製品とのことで,GeForce GTX 10シリーズやRadeon RX 500シリーズに対応可能であるとのこと。小型のPCケースにZ270M-STX MXMを組み込んだデモPCは,「Radeon RX 580」搭載のMXMカードを搭載していたそうだ。

コンパクトなPCでMXMタイプのグラフィックスカードを搭載できる。このデモ機は,容量2.7ℓという非常に小さなものだが,Radeon RX 580を搭載していた
Fatal1ty Gaming Products Fatal1ty Gaming Products

 チップセットはIntel Z270またはIntel B250で,CPUソケットはLGA1151,DDR4 SO-DIMMスロットを2つ備えており,メインメモリ容量は最大32GBとなる。ストレージ用のインタフェースとしては,Serial ATA 6Gbpsを2つと,M.2スロットを3つを装備。そのほかに,フロント用のUSB 3.0 Type-Cポートや無線LAN機能なども備えるとのこと。

 ASRockでは,機器制御用のPCや4K解像度のデジタルサイネージ用途,あるいはキオスク端末での利用を想定しているそうだが,説明員は,「PCゲーム用にも使えるよ」と述べていた。放熱の問題をどうにか対策できれば,面白い小型PCが作れるかもしれない。

最後に,ゲームとはまったく関係ないが,COMPUTEXらしい面白マザーボードがあったので紹介しておきたい。それが,マイニング用途向けのマザーボード「H110 PRO BTC+」だ(左)。マイニングと言っても「Minecraft」とは何の関係もなく,「ビットコイン」のような仮想通貨を“発掘”して入手するために,長時間安定して稼動することを目指した製品である。13基ものPCIスロットを備えており,グラフィックスカードを13枚差しして,効率よくビットコインを発掘できるそうだ(右)
Fatal1ty Gaming Products Fatal1ty Gaming Products

ASRock 日本語公式Webサイト

COMPUTEX TAIPEI 2017取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    Fatal1ty Gaming Products

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月