オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]ASUSの新型ZenBookは,GTX 1050 Ti搭載モデルや外付けグラフィックスボックス対応薄型ノートPCに注目だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/05/30 00:00

ニュース

[COMPUTEX]ASUSの新型ZenBookは,GTX 1050 Ti搭載モデルや外付けグラフィックスボックス対応薄型ノートPCに注目だ

熱のこもったプレゼンで新製品をアピールするJohnny Shih会長
 台湾時間2017年5月29日,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)は,台湾・台北市で5月30日から始まる「COMPUTEX TAIPEI 2017」に合わせて,新製品発表会「The Edge of Beyond」を開催し,ZenBookシリーズなどの新型ノートPCを発表した(関連記事)。
 ASUS会長のJohnny Shih氏は,いつものように「Incredible」を連呼して新製品をアピール。発売時期はいずれも2017年第3四半期とのことで,地域によって最適なタイミングで発売するという。日本での発売時期や価格は,今のところ明らかになっていない。
 本稿では,薄型軽量に重点を置いたクラムシェルタイプのノートPC「ZenBook Pro」「ZenBook 3 Deluxe」と,2-in-1タイプの「ZenBook Flip S」の3製品について,写真を中心にレポートしよう。


ZenBook Pro


 まずは薄型ノートPCである「ZenBook Pro」(型番:UX550)から見ていこう。ZenBook Proは,Shih会長が,「今までのZenBookの中で,最も薄く,軽く,そして最もパワフル」と主張するとおり,高いスペックが特徴の製品だ。
 北米におけるメーカー想定売価は1299ドル(税別)からとなっている。

ZenBook Pro
Zen

背面側には,ZenBookシリーズの定番である同心円状の模様が刻まれている
Zen

 ZenBook Proは,NVIDIAのノートPC向けGPUである「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載し,CPUには「Core i7-7700HQ」を採用するのが特徴だ。メインメモリはDDR4-2400を16GB分,内蔵ストレージにはPCI Express(以下 PCIe) x4接続の1TB SSDを備えるなど,確かにスペックは高い。

 搭載する液晶パネルは,15.6インチサイズの4K解像度(3860×2160ドット)で,sRGBカバー率100%の色再現性を実現して,豊かな色表現が可能であるとのこと。ボディの面積に対して,ディスプレイ部分の占める割合が83%という狭額縁デザイン「NanoEdge」を採用したことで,ディスプレイサイズに対してコンパクトなボディに仕上がっているのもポイントだ。
 本体重量は約1.8kgで厚さは18.9mmと,このスペックにしては薄型軽量という点をShih会長はアピールしていた。

高いスペック(左)を薄型軽量ボディ(右)に搭載したのがZenBook Proの特徴だ
Zen Zen

15.6インチサイズで4K解像度という,高精細かつ広色域の液晶パネルを搭載
Zen

左側面には,フルサイズのHDMI出力と,Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートが並ぶ(左)。右側面には3.5mmミニピンのヘッドセット端子とmicroSDカードスロット,USB 3.0 Type-Aポート×2を備える(右)
Zen Zen

 キーボードの左右とタッチパッドの手前の計4か所に,harman/kardonブランドの認定を受けたスピーカーを搭載し,より大音量でのサウンド再生が可能となったという。Shih会長は,ASUSの従来製品(※製品名は未公開)に比べて,「音圧は2.5倍,再生周波数も1.6倍」に拡大したと説明していた。

 そのほかに,急速充電機能を備えており,49分間の充電で0%から60%まで充電できる点も特徴であるとのことだ。

14時間のバッテリー駆動時間に加えて,急速充電機能もサポート(左)。メインメモリ容量やストレージも充実しているので,この価格で約1300ドルならお買い得かもしれない
Zen Zen


ZenBook 3 Deluxe


 「ZenBook 3 Deluxe」(型番:UX490)は,「宇宙船クラスのグレード」(Shih会長)という全アルミニウム合金製ボディと,金色に輝くダイヤモンドカットのパーツを側面に配置した,デザイン重視のノートPCだ。
 北米におけるメーカー想定売価は1199ドル(税別)からとなっている。

ZenBook 3 Deluxe
Zen

側面に配した金色のパーツがデザイン上の特徴だ
Zen Zen

 液晶パネルのサイズは14インチ級なのだが,ベゼル幅が7.46mmという狭額縁のNanoEdgeデザインを採用したことで,ディスプレイ部分に占める液晶パネルの比率が84%にもなり,フットプリントも13インチクラスのノートPC並みという点も特徴だ。
 ちなみに,液晶パネルの表面には,世界で初めて強化ガラスの「Gorilla Glass 5」を採用しているとのこと。

CPUは2コア4スレッドのCore i7-7500U。メインメモリやストレージは,ZenBook Proと同等だ
Zen
 ボディの厚さは12.9mmで,重量は約1.1kg。搭載CPUは「Core i7-7500U」で,メインメモリにはLPDDR3-2133(最大容量16GB),内蔵ストレージにはPCIe x4接続のSSD(最大容量1TB)となっている。さらに,Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートを備えており,2台の外付け4K解像度ディスプレイに映像の同時出力が可能であるという。

単体で4K解像度のディスプレイ2台に映像を出力できる(左)。ZenBook 3 Deluxeの主なスペックと価格(右)
Zen Zen

Zen
 ZenBook 3 Deluxeは,単体GPUを搭載していないので,本体だけなら,取り立ててゲーマー向きの製品ではない。ただ,注目すべきポイントとして,ASUSの外付けグラフィックスボックス「ROG XG Station 2」に正式対応しており,これと組み合わせれば,デスクトップPC用のグラフィックスカードを利用できるという特徴を備えているのだ。
 ROG XG Station 2は,単体で7万1500円もする高価な製品なので,費用対効果という面では疑問がなしとは言わないものの,ハイスペックな薄型ノートPCでもPCゲームを楽しみたいという人には,1つの選択肢となるだろう。

ROG XG Station 2
Zen

ROG XG Station 2は,内部に2スロット仕様のグラフィックスカードを装着できる(左)。ROG XG Station 2の背面(右)。PCとの接続はThunderbolt 3ケーブル1本でOK
Zen Zen


ZenBook Flip S


 最後に紹介する「ZenBook Flip S」(型番:UX370)は,ディスプレイ部分が360度回転する,いわゆるコンバーチブルタイプの2-in-1ノートPCだ。
 北米におけるメーカー想定売価は1099ドル(税別)からとなっている。

ZenBook Flip S
Zen

 13.3インチサイズの液晶パネルを搭載しながら厚さは10.9mmで,「MacBook」より20%,「MacBook Air」より55%も薄い「世界最薄のコンバーチブルノートPC」(Shih会長)とのこと。重量も約1.1kgで,HPの2-in-1ノートPC「Spectre X360」より17%,MacBook Airより22%も軽いと,その薄型軽量ぶりをShih会長は強調していた。

他社の薄型ノートPCに比べて薄く,軽いとアピールするShih会長
Zen Zen

 「ErgoLift」と称する2段階に駆動するヒンジ機構を採用したことで,薄さを維持しながら360度回転するディスプレイを実現可能になったとのこと。2万回の開閉テストもクリアしており,ヒンジ部分は高い耐久性を実現しているそうだ。

360度回転してタブレットモードに
Zen Zen

 13.3インチサイズの液晶パネルは4K解像度で,狭額縁のNanoEdgeデザインにより,ベゼル幅は6.11mm,ディスプレイ部分に占める液晶パネルの割合は80%になっている。さらに,オプションの「ASUS Pen」によるスタイラス入力にも対応するとのこと。
 また,PCモードやタブレットモードのどちらでも利用できるように,本体側面に「Windows Hello」指紋認証センサーを搭載しており,指紋認証を使った素早いログインが可能となっている。

Zen
左側面。フルサイズのUSBポートを装備する余裕がないほど,ボディは薄い
Zen
右側面。電源ボタン,音量調整ボタン,指紋認証センサー,USB Type-Cポートが並んでいる

 搭載CPUはCore i7-7500Uで,メインメモリ容量は16GB,内蔵ストレージは容量1TBでPCIe x4接続のSSDを搭載するなど,ZenBook 3 Deluxeと変わらないスペックを実現。薄型軽量ながら,MacBookなどと比べて高い性能を実現したと,Shih会長はアピールしていた。
 バッテリー駆動時間は最大11.5時間で,急速充電対応により,0%から60%まで49分程度で充電できるという。

ZenBook Flip Sの主なスペックと価格
Zen Zen

競合他社の薄型ノートPCよりも高い性能を実現しているという
Zen

 Shih会長は,2016年の「ZenBook 3」で,MacBookよりも薄型軽量かつ高性能というチャレンジを実現したので,今夏の新製品では,さらなるチャレンジを目指したとのこと。とくにZenBook Proは,エントリー市場向けゲーマー向けノートPC並みの性能を薄型軽量で狭額縁のボディに収めることに成功し,完成度の高い製品になったと,ご自慢の様子だった。

ASUSTeK ComputerのCOMPUTEX TAIPEI 2017特設ページ

ASUSTeK Computer 公式Webサイト


COMPUTEX TAIPEI 2017取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    Zen

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日