オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ダーククエスト5公式サイトへ
  • ゲームロフト
  • 発売日:2015/03/12
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハクスラの醍醐味を押さえた「ダーククエスト5」のプレイレポートをお届け。敵をなぎ倒す爽快感とPvP要素「アジト」が魅力的【プレイ動画あり】
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/02/21 00:00

プレイレポート

ハクスラの醍醐味を押さえた「ダーククエスト5」のプレイレポートをお届け。敵をなぎ倒す爽快感とPvP要素「アジト」が魅力的【プレイ動画あり】

 ゲームロフトは,スマホ向けアクションRPG「ダーククエスト5」iOS / Android)を近日配信する予定だ。本作は,世界中で高い評価を得ている人気シリーズ「ダーククエスト」の最新作で,ダークな世界観と美麗なグラフィックス,爽快なアクションが魅力のハック&スラッシュ型のゲームとなっている。
 そんな本作を配信前にプレイする機会があったので,さっそくインプレッションをお伝えしたい。

本作は,基本プレイ無料のアプリ内課金制。ちなみに同シリーズの料金形態は,「Dark Quest」「Dark Quest 2」と初期の頃は売切りだったが,「Dark Quest 3」以降は基本プレイ無料のアプリ内課金制が採用されている
ダーククエスト5

「ダーククエスト5」公式サイト



 ゲームを開始すると,おおまかなストーリーの紹介が行われたのち,キャラクタークリエイト画面へと移行する。キャラクタークリエイトと言っても,顔や体つきなどを細かく設定するわけではなく,性別(男/女)と武器を選択するというシンプルな形式となっている。なお,武器は5種類(後述)用意されているが,職業というわけではないので,ここは直感で選んでしまってOKだ。

ダーククエスト5

 その後,さっそく戦闘シーンへと移るのだが,まず目に飛び込んでくるのが,Appleの最新グラフィックス描写技術「Metal」を用いた美しいグラフィックス。敵を攻撃した際に飛び散る粒子の表現など,細かい部分まで緻密に描き込まれている。
 ゲームの面白さとグラフィックスの美しさは必ずしもイコールではないが,美しいグラフィックスは気持ちを高めてくれること間違いなし。また,サウンドも「ダーククエスト」らしい重厚なものになっているので,こちらにもぜひ耳を傾けてみてほしい。

ダーククエスト5 ダーククエスト5
ダーククエスト5 ダーククエスト5

 また本作では,美しいビジュアルだけでなく,爽快なアクションも魅力のひとつだ。基本的な操作は,画面左下に配置されているバーチャルパッドで移動しつつ,右下にある攻撃,ローリング(緊急回避),アイテム,スキルといったボタンで行えるアクションを駆使してステージを進んでいく。
 次第に浸透してきてはいるものの,バーチャルパッドにあまり良い印象を持っていない人も多いかと思う。しかし本作においては,イメージどおりにキャラクターを操作でき,ストレスを感じることはなかった。ただ,今回はiPadでのプレイだったので,スマートフォンでプレイした場合は,また違ったプレイフィールになるかもしれない。

ダーククエスト5 ダーククエスト5

 攻撃ボタンをタップすることで通常攻撃ができるだけでなく,連続タップ,もしくはホールドすることで連続攻撃が行える。連続攻撃の最後は範囲攻撃となるようなので,敵の集団に囲まれた時などにうまく使っていきたい。
 またローリングとスキルは,アイコンの右上にある数字が使用回数になっており,時間経過により回数がチャージされていく。チャージ速度は速いので出し惜しみする必要はなさそうだ。ただ,それぞれ最大値が決まっており(今回のバージョンでの最大値はローリングが3,スキルが2),それ以上はチャージできない。

ダーククエスト5 ダーククエスト5
ダーククエスト5 ダーククエスト5

 また本作に登場する武器や防具には,「ファイア」「ウォーター」「ネイチャー」「デス」「ライトニング」といった属性が付与されている。ネイチャーはファイアに,ファイアはウォーターに,ウォーターはライトニングに,ライトニングはデスに,デスはネイチャーに弱いといった具合に,それぞれの弱点となる属性が存在する。

ダーククエスト5

 先述したように武器は5種類で,広範囲の敵を一気になぎ倒す「グレートソード」,素早い連撃を得意とする「デュアルブレイド」,遠距離から素早く攻撃できる「クロスボウ」,間合いを取って強烈な一打を与える「グレイブ」,遠距離からの魔法攻撃が行える「スタッフ」と,それぞれに特徴がある。ステージとの相性を考慮したうえで武器を選択するのも本作の楽しみと言っていいだろう。

武器は最大2つまで装備可能で,戦闘中に切り替えられる。状況や敵の属性などに合わせて使い分けるといいだろう
ダーククエスト5 ダーククエスト5

 また本作では,ゲームを進めていくと装備の「合成」が解禁される。これは,強化したい装備に,アイテムや不要になった装備を合成して,装備のレベルを上げられるというもの。ゲームの進行とともにアイテムや不要な装備がどんどん溜まっていくが,お気に入りの装備に合成していけば,戦力の強化を図れるのだ。

ダーククエスト5 ダーククエスト5

 今回のテストプレイでは体験できなかったが,上記の要素以外にも,ほかのプレイヤーと対戦できる「アジト」と呼ばれるものが用意されるとのことだ。
 これは,他のプレイヤーが持つアジト(ダンジョン)に侵攻し,見事攻略できれば,そのプレイヤーの財宝が手に入るというもの。もちろん,その逆も然りで,他のプレイヤーが自らのアジトに攻め込んでくることもあるという。
 またアジトはエディット可能で,ほかのプレイヤーに攻略されないように,さまざまな対策を講じられるとのことだ。
 こうした概要を聞くだけでもかなり面白そうな要素だと感じたのは,きっと筆者だけではないはず。過去のシリーズ作品にはなかった要素だけに,どういった仕様になるのかという一抹の不安もあるが,製品版でのアジトエディットを楽しみにしていたい。

「シングルプレイ」のすぐ下に用意されているのが「アジト」だ
ダーククエスト5

 さて,そんな押さえるところしっかり押さえている印象の「ダーククエスト5」だが,やはり最大の魅力は,シンプル操作で敵をバッサバッサとなぎ倒す,爽快感あふれるゲーム性だ。
 この手のゲームは,攻撃とポーションのがぶ飲みでごり押しできてしまうものもあるが,本作ではしっかりと頭を使うシーンが用意されており,プレイヤーを飽きさせない。

ダーククエスト5 ダーククエスト5

 例えば,ボスが使用するスキルは,中範囲の攻撃を数か所へ順番に放ってくるものなどがある。その攻撃範囲が順番どおりに地面へ表示されるので,単純に攻撃エリアから出るだけでなく,敵の攻撃の順番を覚える必要もあるのだ。こうした攻撃は,うまく見極めることで回避できるものが多いようなので,しっかりとした状況判断を行うことで,ステージクリアがグッと近づくはずだ。

ダーククエスト5 ダーククエスト5

 アイテムのドロップに関しては,序盤だったためか,正直なところ「少し渋いかな」と感じた。しかし,色の付いた(レアリティの高い)武器や防具を入手すると,非常に気持ちが高まるのも事実。これはハック&スラッシュ系ゲームの醍醐味であり,同ジャンルのゲームを経験しことのある人であれば,きっと分かってもらえるはずだ。
 シリーズファンはもちろん,ハック&スラッシュ系ゲームが好きな人であれば,ずっぽりハマること間違いなしの本作。配信は間近となっているので,まずは公式サイトから事前登録を済ませておこう。

ダーククエスト5 ダーククエスト5

ダーククエスト5 ダーククエスト5
ダーククエスト5 ダーククエスト5

「ダーククエスト5」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ダーククエスト5

  • 関連タイトル:

    ダーククエスト5

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日