※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ピンチになっても仲間が何とかしてくれるかも。Android向け放置系弾幕シューティング「だんまくりっかー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第754回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/02/06 10:00

連載

ピンチになっても仲間が何とかしてくれるかも。Android向け放置系弾幕シューティング「だんまくりっかー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第754回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 “弾幕系”といえば,画面を覆い尽くさんばかりの敵弾を,緻密な操作で避ける緊張感を味わえる,シューティングゲームのサブジャンルだ。本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」で紹介する「だんまくりっかー」は,弾幕系シューティングに放置系ゲームの要素が取り入れられた,一風変わった作品になっている。

本作は,登場キャラが女の子だらけの放置系弾幕シューティングだ。無料でダウンロードできるが,画面下部に広告が表示される
だんまくりっかー だんまくりっかー

Android版「だんまくりっかー」ダウンロードページ


2月6日16:55頃追記。
iOS版「だんまくりっかー」が配信されたため,リンクを追加しました。


iOS版「だんまくりっかー」ダウンロードページ


 本作は,ザコキャラクターと戦いながら道中を進み,最後に待ち構えているボスを倒すと次のステージに進めるという構成になっている。操作方法は一般的なスマホ向けシューティングと同様,スワイプで主人公・サラの移動,タップで攻撃というシンプルなものだ。
 ちなみに,ボスとして登場するのは,基本的に洗脳されてしまったサラの知人女性だが,倒せば洗脳が解けて,“後衛”として戦闘に参加してくれる。実は彼女達こそが,本作のキモになるのだ。

 プレイ中,サラが被弾して倒れると,ゲームは継続されたまま一定時間動けなくなるのだが,仲間がいればサラの代わりに戦ってくれる。仲間には敵の攻撃が一切効かないという特徴があり,サラが復帰するまで戦いを任せられるというわけだ。この要素のおかげで,弾幕系シューティングでありながら,放置系ゲームとしても成立しているのが,本作のユニークなところ。なお,すぐにサラを復帰させたい場合は,画面を連打して復帰までの待ち時間を短縮させられる。

ステージの前後やボス戦開始前などでは,サラをはじめとした登場キャラ達によるイベントシーンが楽しめる
だんまくりっかー だんまくりっかー

 敵を倒すとexp(経験値)を獲得でき,これを消費して,サラや仲間をパワーアップさせることが可能だ。強化できる項目はショットの威力や速度,強力な威力を持つ奥義(一般的なシューティンゲームでボムにあたるもの)などがある。サラの強化項目には,放置プレイに特化したものも用意されているので,自分のプレイスタイルに合わせて育成していくといいだろう。

キャラクターの強化にはexpが必要になり,レベルが上がるほど要求されるexpがアップする
だんまくりっかー だんまくりっかー だんまくりっかー
キャラクターの強化を進めていくほど,新たな項目が開放されていく
だんまくりっかー だんまくりっかー だんまくりっかー

 操作の忙しいシューティングゲームに,まったりと楽しめる放置系ゲームの要素を融合させた本作。放置プレイをうまく活用しつつ,じっくりとゲームを進めたり,仲間に攻撃を任せて,自分は弾幕を回避し続けたりなど,プレイヤーの好みに合わせて楽しめる。能力を引き継いだ周回プレイにも対応しているので,やり込み派のゲーマーにもオススメだ。

著者紹介:げっつ☆先生
 ゲーム系フリーライター兼イラストレーターでマンガ描き。ゲーセンに入り浸るか家でゲームをやるかアニメを見るかで悩む毎日だが,隙あらば魔女っ子にも思いを馳せる。ゲーム音楽が大好きすぎ。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧


  • 関連タイトル:

    だんまくりっかー

  • 関連タイトル:

    だんまくりっかー

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月