オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Vainglory公式サイトへ
読者の評価
72
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
Vainglory
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
タッチでMOBAが遊べるの? iOS「Vainglory」のインプレッションを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/28 10:00

プレイレポート

タッチでMOBAが遊べるの? iOS「Vainglory」のインプレッションを掲載

Vainglory
 Super Evil Megacorpが2015年4月7日に配信を開始したiOS向けアプリ「Vainglory」は,2014年9月に行われたAppleの発表会で披露され,iOS 8のグラフィックスAPI「Metal」に対応していることで注目を集めたMOBAタイトルだ。海外で配信が開始されて以来,北米をはじめとする各国でそのゲーム性が評価されており,日本での配信に期待を高めていた人もいるだろう。

 しかし,PCゲーム発祥のジャンルであるMOBAが,タブレット / スマートフォンのタッチインタフェースで遊べるの? という疑問をVaingloryに抱いている人は少なくないはず。スマートフォンメインでゲームを遊んでいる層には,そもそもMOBA自体を知らない人が多いかもしれない。そのため本稿では,MOBA経験者と未経験者の両方の視点から,Vaingloryのプレイインプレッションをお伝えしていこう。

Vainglory

「Vainglory」公式サイト

「Vainglory」App Storeページ



MOBA経験者なら誰もが抱く疑問

タッチインタフェースで遊べるの?


 筆者はタブレット「iPad Air」とスマートフォン「iPhone 5s」の両方でVaingloryをプレイしてみたが,結論から言うと,Vaingloryの操作感はかなり良好だ。

画面右上のミニマップをフリックするとマップ全体を見渡せ,ミニマップの上にあるアイコンで,仲間に集合の合図や危険な場所を知らせられる。仲間との意思疎通は現状アイコンのみだが,今後チャットシステムが搭載される予定となっている
Vainglory
 プレイスタイルはいろいろ試した結果,端末をテーブルの上に置き,両手それぞれの人差し指で操作するという形に落ち着いたが,操作をわずらわしく思ったことはなかった。それどころか,右手の指でヒーロー(プレイアブルキャラクター)の移動,左手の指で敵をターゲットするといった操作が可能なので,実はキーボード&マウスでMOBAを遊ぶより快適な面がある。

 MOBAプレイヤーならご存じのとおり,これは“オートアタックムービング”などと呼ばれる,オートアタックのディレイ中に敵との距離を詰める/離す技術だが,キーボード&マウス操作の場合,移動もターゲッティングもマウス(片手)で行うことになるため,実際やろうとするとけっこう難しい。

 タッチインタフェースだと先述のとおり,左手で移動,右手でターゲッティングという風に操作できるので,マウスでの操作時に比べると格段に簡単なのだ。PCでMOBAを遊びこんでいる人でも,Vaingloryは楽しめるタイトルだろう。むしろ,オートアタックムービングがタッチインターフェースだといかにやりやすいかを知るためだけに,Vaingloryを一度は遊んでみるのもアリなのではないだろうか。

新たなヒーローは,試合後にもらえる「グローリー」を使ってアンロックできる。グローリーは試合の勝敗に関わらず手に入る。アプリ内課金を通じてすぐにアンロックすることも可能だ
Vainglory

試合を放棄しないで最後まで続けると“カルマ”の値が上昇し,グローリーの獲得量が増える。逆に,試合を途中で放棄したプレイヤーはカルマの値が低下し,グローリーの獲得量が少なくなるほか,マッチングに悪影響を及ぼす
Vainglory

 1試合にかかる時間は15〜30分。これはMOBAとして一般的だが,タブレットやスマートフォン向けアプリとして考えると「長すぎる」かもしれない。もちろん試合は,最初から最後まで6人のプレイヤーとの同期対戦なので,それなりの通信環境が必須だ。電車で移動しながら遊ぶといったことは,現実的に難しいだろう。

スマートフォンで遊ぶ場合,人によっては画面が小さくて操作時にストレスを感じるかもしれない。個人的にはタブレットでのプレイを推奨したい
Vainglory


MOBAの概要と

Vaingloryにおける基本的なゲーム展開


 MOBAを知らない人のために,ざっくりとだが,MOBAとVaingloryそれぞれの概要を補足しておこう。

 MOBAとは,Multiplayer Online Battle Arenaの略称で,複数のプレイヤーが2つのチームに分かれてバトルを繰り広げる“対人ゲーム”だ。プレイヤーはそれぞれ1体のキャラクターを操作し,仲間と共に勝利を目指すことになる。
 イメージ的には,MMORPGの攻城戦を切り取ったもの,という感じだ。タンクやダメージディーラーといった役割を,各プレイヤーがうまく果たすことが勝利のカギとなっている。息の合ったプレイでうまく敵を翻弄したり,倒したりしたときの興奮は,なにものにも代えがたい。

Vainglory
 Vaingloryは3対3のプレイヤー計6人が,一本のレーンとジャングルからなるマップでチームバトルを繰り広げるMOBAとなっている。レーンを進んでいくと本拠地(リスポン地点)にたどり着き,そこにある「ベインクリスタル」を先に破壊したほうのチームが勝者となる。

 試合のポジションは,レーンでミニオン(雑魚モンスター)にラストヒットを与えてゴールドを稼ぐ「レーン」,レーンの下に広がるジャングルで中立ミニオンを倒しながら,隙があれば敵のレーンにGank(奇襲)を仕掛ける「ジャングル」,そしてレーンとジャングルの両方をサポートするため臨機応変に動く「ローム」の3つ。マッチング後のヒーロー選択時に,自分はどのポジションをやりたいのかという意思を味方に示すことができる。

Vainglory
基本的にどのヒーローもすべてのポジションを担当できるが,得手不得手はある。慣れないうちはステータス画面に書かれた【ポジション】に従ったほうが良い
Vainglory Vainglory

 試合に勝つためのカギは,ミニオンにトドメを刺したり,敵のヒーローを倒したりすると獲得できる「ゴールド」を,いかに集められるかという部分にある。ゴールドは,回復ポーションを始めとする消耗品のほか,ヒーローの装備品を購入するときに必要なゲーム内通貨だ。ヒーローの強さは装備品一つでガラッと変わる。ゴールドをうまく稼げないうちは強くなれないといっても過言ではない。

Vainglory Vainglory

 ポジション的に一番ゴールドを稼げるのは,常に複数の敵/味方ミニオンが戦っているレーンである。敵ミニオンにトドメを刺すとゴールドが得られるので,うまく狙おう。
 ジャングルにもミニオンが存在するが,ジャングルに存在するミニオンは「中立ミニオン」と呼ばれ,こちらは敵でも味方でもない。中立ミニオンもミニオンと同様,倒せばゴールドが手に入るため,レーンとジャングルの両方でゴールドを集めてチーム全体のゴールド獲得量を引き上げることが,勝利へとつながっていくだろう。

 気をつけたいのは,ジャングルには身を隠せる“茂み”が多いという点だ。茂みの中は,茂みの外からは見えないため,敵のヒーローが待ち構えている可能性もある。ジャングルを1人で行動するのは非常に危険。なるべくロームとジャングルの二人三脚で動くのが基本だ。敵の位置が一定時間丸見えになる「フレア・ガン」と,視界を確保し敵に踏まれると爆発する地雷「スカウトトラップ」といった消耗品をうまく使うと,味方の危機を防いだり,すみやかに敵を倒してチャンスの状況を作ったりできることも忘れてはならない。

Vainglory
フレア・ガン
Vainglory
スカウトトラップ

試合時間が4分経過すると,アナウンスの音声と共に,「ミニオン鉱山」の採掘を始めるミニオンと,「金鉱山」の採掘を始めるミニオンがそれぞれ出現する
Vainglory

ミニオン鉱山の採掘ミニオンを倒すと,レーンを進む味方ミニオンが強化され,前線を押し上げやすくなる。MOBAでは「インヒビター」と呼ばれるものにあたる
Vainglory

金鉱山の採掘ミニオンは倒すことで味方になる。味方のうちは定期的にゴールドを支給してくれるが,敵に倒されると寝返ってしまう
Vainglory

試合時間が15分経過すると,強力な「クラーケン」が出現する。彼女(ゲーム内Tips表記)は倒すことで味方になり,敵に倒されるまで,タレット/ベインクリスタルに攻撃を続けるという頼もしい存在
Vainglory

クラーケンをめぐる攻防は試合中最大の山場だ。彼女を味方にできるかどうかで試合の展開がひっくり返ることもある。逆転したときの快感は忘れられなくなること請け合い。ミニオン鉱山と,金鉱山,そしてクラーケン。試合を優位に進めるためには,これらの確保も重要だが,その優先度は状況次第で変わってくる
Vainglory

 このようにVaingloryは,MOBAとしてのだいご味がしっかりと押さえられ,少なくとも筆者がプレイした限りでは,ゲーム性のキモがスポイルされている印象は受けなかった。タブレット / スマホ向けアプリとしてはやや試合時間が長いことと,良好な通信環境を必須とする点はネックだが,持ち運びしやすい端末で本格的なMOBAを遊べるのは特筆すべきところだろう。
 繰り返しになるが,とくにMOBAプレイヤーは,オートアタックムービングのやりやすさを確かめてみてほしい。

 なお現在,Android版のβテストが実施されており,「こちら」のGoogle+コミュニティに参加申請しその承認を受けると,Android搭載の端末からiOS版と同じサーバーにインしてゲームを遊べる。Androidユーザーはぜひ参加申請を行おう。


「Vainglory」公式サイト

「Vainglory」App Storeページ

  • 関連タイトル:

    Vainglory

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月22日〜02月23日