オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/07/28 10:00

連載

串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回

画像集#011のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。 そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ねぎまの串打ち職人になれるアクションゲーム「真・ねぎま一徹」iOS / Android)を紹介する。串に混ざって出現する,さまざまな“棒状の物”に惑わされることなく,串だけを的確に刺していくという,反射神経がポイントになる作品だ。さまざまな種類の棒状の物に,思わずツッコミを入れたくなる。

本作のダウンロードは無料で,課金要素もとくになし。画面下部に広告が表示されるので,誤タップにはご注意を
画像集#001のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回 画像集#002のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回

iOS版「真・ねぎま一徹」ダウンロードページ

Android版「真・ねぎま一徹」ダウンロードページ


 プレイヤーは,“ねぎま”にこだわる焼き鳥店「ねぎま一徹」のねぎま職人「ねぎちゃん」となって,次々に現れる鶏肉とネギ,そしてその下に用意される串をテンポ良く合体させ,“ねぎま”を完成させていく。制限時間内に完成させた“ねぎま”の数などでポイントが計上され,ハイスコアを目指す。

連続で成功させることで得点アップ。的確に串だけを刺していこう
画像集#003のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回 画像集#004のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回

 さて,どういうわけかこの焼き鳥店,串と混ざってさまざまな“棒状の物”が現れる。串以外の物を上フリックすると,合体が失敗してタイムロスとなるので,左右へのフリックで破棄していこう。
 また,画面右上にあるテンションゲージは,串を刺すことで増加していく。これが満タンになると,ねぎちゃんがねぎま職人として覚醒し,串だけが出現するようになる。このときは,ポイントを稼ぐチャンスなので素早く上フリックを繰り返そう。

覚醒すると,この世の全ての棒を串化するという「鶏神様」(とりじんさま)が現れる
画像集#005のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回 画像集#006のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回

 本作に出てくる串以外の棒状の物は,ポッキーや耳かきなど多種多様。一度出現すると串図鑑に登録され,詳細なデータの閲覧ができるようになる。
 また,プレイ後には串型のおみくじを引いて運勢を占うことも可能。本編とは直接関係ないが,思わずニヤリとさせられる。

串についてのデータが閲覧できる図鑑やおみくじなど,おまけ要素も充実
画像集#007のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回 画像集#008のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回 画像集#009のサムネイル/串以外は受け付けません。スマホ向け反射神経ゲーム「真・ねぎま一徹」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第603回

 反射神経の限界へと挑戦できるだけでなく,思わずツッコミを入れたくなる棒の種類や,おみくじといった小ネタが楽しめる本作。シンプルな操作とゲームテンポの良さが相まって,なかなかやめどきが見つからなくなるはずだ。
 1人で楽しむだけでなく,ランキング機能により全国のねぎま職人と競い合うこともできるので,「我こそは!」という人は遊んでみてほしい。

著者紹介:げっつ☆先生
 ゲーム系フリーライター兼イラストレーターでマンガ描き。ゲーセンに入り浸るか家でゲームをやるかアニメを見るかで悩む毎日だが,隙あらば魔女っ子にも思いを馳せる。ゲーム音楽が大好きすぎ。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    真・ねぎま一徹

  • 関連タイトル:

    真・ねぎま一徹

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月13日〜06月14日
タイトル評価ランキング
68
48
魔界戦記ディスガイア6 (Nintendo Switch)
30
ETERNAL (iPhone)
2020年12月〜2021年06月