オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NBA 2K15公式サイトへ
  • 2K Sports
  • 発売日:2014/11/27
  • 価格:6300円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
2K Sportsの「NBA 2K15」を体験プレイ。実写さながらのクオリティで表現された選手達のアクションと,NBAを知らなくても楽しめる育成モードなどに注目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/11/27 14:14

プレイレポート

2K Sportsの「NBA 2K15」を体験プレイ。実写さながらのクオリティで表現された選手達のアクションと,NBAを知らなくても楽しめる育成モードなどに注目

 2Kから本日(2014年11月27日)発売された「NBA 2K15」PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360)は,北米のプロバスケットボールリーグであるNBA(National Basketball Association)の公式データをリアルタイムで反映させた唯一のNBA公認ゲームであり,臨場感とスピード感のあふれるバスケットボールゲームとして10年以上の歴史を持つ「NBA 2K」シリーズの最新作だ。

NBA 2K15
NBA 2K15

「NBA 2K15」公式サイト


 そんな「NBA 2K15」を,2Kジャパンのオフィスで体験する機会を得たので,ここでゲーム内容やプレイの模様をお伝えしたい。体験できたのは,日本語ローカライズされたPlayStation 4版だった。そのため,グラフィックスの印象や,用意されたフィーチャーなどが,他機種向けのものとは異なる可能性もあるので,その点はご了承願いたい。

 筆者が最初に驚いたのは,PlayStation 4版のグラフィックスクオリティの高さだった。試遊機の置かれた部屋に入ったとき,室内の大画面テレビにNBAの試合の模様が映し出されていた……と思ったのだが,それは本作のデモ画面だったのだ。これが宇宙人やモンスターとの戦闘場面なら,ああ,ゲームの映像だな,リアルにできてるな,といったところなのだろうが,なまじテレビなどで見慣れた光景だけに,うっかりダマされてしまったわけだ。スポーツゲームはあまりプレイをしないという人でも,引き込んでしまうパワーがその画面から感じられた。

NBA 2K15
NBA 2K15 NBA 2K15
NBA 2K15 NBA 2K15

NBA 2K15
NBA 2K15
NBA 2K15
 しかも,コートを走り回るプレイヤー達は試合が進むごとに汗をかき(選手のスタミナによって汗をかき始める時間も違うという),カメラがアップで彼らを捉えたとき,肌を流れる汗の様子まで確認できるほどだ。背景に見える観客やコーチの動き,スタジアムの空気感,そして実際の試合中継と同じカメラワークまで,説得力が高い。

 そんなデモ映像から切り替わったメニュー画面の中央には,NBAをテーマにしたテレビ番組が映し出されていた。一瞬迷ったが,これは実写で「2KTV」という情報番組だそうだ。驚くのは,これがこのゲームのためだけに撮られている映像であり,実際のNBA情報を週1回のペースで放送していくとのこと。
 ゲームプレイに直接関係のない映像にしては豪華すぎる仕様で,10月下旬に開幕したばかりのNBAの2014‐15シーズンの最新情報が,ゲームをプレイするたびに確認できるという,ファンにはたまらないサービスだ。週1回というハイペースで更新される関係上,日本語に対応していないところが残念だが,シーズンが始まったばかりの現地の雰囲気だけでも十分に味わえるだろう。

「2KTV」
NBA 2K15

 というわけで,ようやくゲーム本編について話ができるが,操作法は,過去にバスケットボールやサッカーなど,多人数の選手を操作するゲームをプレイした経験があるなら,数分遊べばすぐに分かるようなもの。PlayStation 4版の場合,オフェンス時は[×]でパス,[□]か右スティックでシュートとなり,ディフェンス時は[□]でスティール,[△]でブロック/リバウンド,[×]で選手の選択というところだ。つまり,基本のアクションはボタン3つで行うことが可能になっており,ずいぶん久しぶりにバスケットボールゲームをプレイした筆者だったが,とくに戸惑うことはなかった。

 また,NBAならではの派手なアクションは,[R2]によるダッシュや,右スティックとの組み合わせによって繰り出せる。これらは戦術的に重要なファクターなのだが,特殊な操作が必要なアクションはすべてチュートリアルで覚えられるようになっており,さらにそれらを本作のカバーアスリートであるケビン・デュラント選手のほか,現役NBA選手がムービーで解説してくれるというのもポイントが高い。

チュートリアル画面
NBA 2K15 NBA 2K15

 試合中継と同じアングルで,選手達を簡単ながら奥の深い操作で動かし,華麗なプレイをビシッときめる……文章に書けばシンプルなことに見えるが,筆者のように普段スポーツゲームをあまりプレイしない人でも夢中になれる魅力と楽しさを十分に備えていると感じられた。これも,10年以上の長い歴史を持つ,唯一のNBA公認タイトルならではのものかもしれない。

 ゲーム中の選手データは,NBAの2014‐15のシーズンのものが反映されるが,合わせてユーロリーグのデータも入っているので,ユーロリーグvs.NBAという夢の対決を実現することも可能だ。
 また,実際のリーグでは有力選手が活躍できなかったり,無名の選手がスポットライトを浴びたりなど,いろいろなことが起きるが,そうした選手達の好不調もネットを介してリアルタイムにゲームに反映されるという。シーズンで好調の選手はゲームでも調子がよくなり,ケガで戦線離脱した選手はゲームでもレギュラーから外れるなど,かなり生々しい仕様で,ゲーム中でも現実同様シビアな競争が繰り広げられる。

NBA 2K15
NBA 2K15

 実は前述のケビン・デュラント選手も,足の怪我でリーグ開幕から欠場を続けているのだが,そのため(2013‐14シーズンの得点王であり,本作のカバーアスリートであるにも関わらず)ゲームには登場しないという徹底ぶりを見せている。

 このほかのフィーチャーとしては,現役の選手以外に,1960年代から2000年代頃までのNBAにあった,伝説的なチームが収録されていることが挙げられる。NBAの歴史をたどるデータベースとしても価値のあるもので,筆者も当時スポーツ番組でよく目にしたマイケル・ジョーダン選手やデニス・ロッドマン選手が所属した1996年のシカゴ・ブルズを実際に使い,そのレジェンドぶりを感じてみた。

NBA 2K15

 本作には以上のようなNBA選手としてプレイするモードのほか,「Myキャリア」というモードが用意されている。このモードでは,プレイヤーはドラフト落ちしてしまった1人の選手となり,各チームのトライアウトを受け,それに合格してNBAに出場し,最終的に殿堂入りを目指すことになる。

NBA 2K15
 ゲームモードの一つではあるものの,展開はストーリー仕立てになっており,マネージャーなど自分以外のキャラクターも多数登場し,それぞれにセリフが用意されるなど,非常に凝っている。このモードでは,単に試合で点が取れるかどうかではなく,チームの中で自分が正しく働くことが評価基準になるという。つまり,より現実に近いバスケットボール選手としての能力が求められるのだ。
 今回の試遊では,Myキャリアを短時間しか体験できなかったため,筆者はその後の展開が非常に気になって仕方がない。1人でじっくりプレイするモードとして,楽しめるのではないだろうか。

NBA 2K15
NBA 2K15 NBA 2K15

 このモードをプレイする際,プレイヤー本人の顔を取り込んで,それをゲーム中の「Myプレイヤー」として使用できるのも面白いところだ。これはPlayStation CameraまたはXbox OneのKinectを使って,プレイヤーの顔を3Dスキャンし,そのデータをレンダリングしてリアルなCGフェイスを作ってくれるという,かなり本格的な機能だ。取り込みは明るい場所のもとで,画面の指示に従ってカメラを固定し,一定時間顔を左右に動かすという少々面倒な手順が必要となる。

NBA 2K15
NBA 2K15

 取材のときには残念ながらうまくスキャンできなかった(部屋の明るさが原因らしい)ため,仕方なく成功した例を見せてもらったのだが,それを見る限り,かなりリアルな顔が作れることが分かった。
 完成したMyプレイヤーをMyキャリアで成長させて,それを「ザ・パーク」というオンラインのストリートバスケモードで使うこともできるほか,NBAプレイヤーが描かれたカードゲームが楽しめる「Myチーム」や,プレイヤーが選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)となってチームを運営するシミュレーションゲーム的な「MyGM」など,さまざまなモードでNBAを堪能することができ,ボリュームは十分すぎるほどだ。

「ザ・パーク」
NBA 2K15 NBA 2K15

NBA 2K15
「MyGM」
NBA 2K15 NBA 2K15

 最近のNBAについてほとんど知識がなかった筆者だが,このゲームをプレイすることで多少なりともその事情を知ることができたような気がしている。何よりバスケットボールゲームとしての完成度が高いので,アメリカで人気のNBAにちょっとでも興味があるなら,試してみるのもいいかもしれない。

NBA 2K15

「NBA 2K15」公式サイト

  • 関連タイトル:

    NBA 2K15

  • 関連タイトル:

    NBA 2K15

  • 関連タイトル:

    NBA 2K15

  • 関連タイトル:

    NBA 2K15

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月24日〜08月25日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月