オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/02 20:53

リリース

「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

カードファイト!! ヴァンガード
配信元 ブシロード 配信日 2019/09/02

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

夏を締めくくる、激熱ファイト!
BCF2019名古屋会場レポート!(ライター:神田一)

画像(001)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 『カードファイト!! ヴァンガード』の大型大会イベント『BCF2019』最後の会場となる名古屋大会が、8月18日に開催された。
 直近の8月10日には、最新セット『幻馬再臨』が発売。
 人気クランの《シャドウパラディン》など4つのクランが強化され、大会も新たな環境でのファイトが繰り広げられた。

 今回は、2019年の夏を締めくくる名古屋会場の様子を、大会環境の考察と優勝者インタビューで振り返ってみよう。

画像(011)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

■トリオファイトの大会環境

 「スタンダード」レギュレーションで開催されたBCF2019のトリオファイトは、大きく分けて2つの勢力が人気だった。
 ひとつは、直近に発売された最新セットに収録されたクラン。最新のカードだけあって、環境に影響を与える強力なデッキが多く、各会場で多く使用されていた。
 もうひとつは、3月から猛威を振るい続けた《バミューダ△》。5月に【フォースII】が導入されてからは「高パワー+大ダメージ」の組み合わせで人気となった。
 今年のBCFは、環境を定義づけた《バミューダ》をどう攻略するか?というのがひとつのテーマだったのは間違いないだろう。

 名古屋会場のトリオファイトで使用されたクランの分布は、以下の通りとなった。

画像(021)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 使用率トップとなった《シャドウパラディン》を筆頭に、最新セット『幻馬再臨』に収録された4つのクランはいずれも多く使用されていた。
 《バミューダ》の使用率は第2位となったが、6月の博多大会では20%以上の支配率を誇ったことを考えると、名古屋会場では「《バミューダ》を使うより、別のデッキで攻略する方が勝てる」と判断したチームも多くなった……ということではないだろうか。

■トリオファイト決勝戦レポート

奥右手側チームから ぽっきー選手 fjmL選手 中ボス選手
左手側チームが奥から きりたんぽ選手 トオル選手 みも選手
画像(023)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

序盤からソウルと手札を充実させていくトオル選手。
画像(024)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に
 名古屋会場の決勝戦は、《バミューダ》のぽっきー選手が《ディメンジョンポリス》の「きりたんぽ」選手に速攻を決めて勝利。
 その後《シャドウパラディン》の中ボス選手が、《ロイヤルパラディン》を使う「みも」選手の「孤高の騎士 ガンスロッド」と「ブラスター・ブレード」の猛攻をいなし、切り札「モルドレッド・ファントム」で勝利。
 2勝を収めて優勝チームは決まったが、中堅のfjmL選手と「トオル」選手の対戦は大激戦となった。
 今回は、両チームのメンバーが盛り上がった最終戦の様子を振り返る。

 fjmL選手の先攻でスタートした対戦。
 トオル選手の《ペイルムーン》は「銀の茨」のサポートユニットを駆使して、しっかりソウルを増やす順調な立ち上がり。

 しかし、fjmL選手の《オラクルシンクタンク》は、それを上回る好調な展開を見せた。
 3ターン目まで「ツクヨミ」の連携ライドが決まり、さらに先攻3ターン目に「邪眼の美姫 エウリュアレー」と「クォーレ・メイガス」で、ソウルの「ツクヨミ」が3枚に!
 トオル選手がグレード2のタイミングで「満月の女神 ツクヨミ」の山札操作にまでたどり着いたのだ。

「エウリュアレー」で「ツクヨミ」をソウルチャージできれば、再ライドなしでソウルの「ツクヨミ」を3枚にできるのだ。
画像(025)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(026)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 さらにfjmL選手のトリガーはダブルクリティカル!ガードを貫通されたトオル選手は、ダメージに加えて手札も大きく消費してしまった。

 後攻3ターン目、トオル選手は少し考えたのち「銀の茨の獣使い ドリアーヌ」にライド。
 パワーの高い【アクセルI】を選択すると、手札からコールした「エンダイブ・ビーストテイマー」でソウルの「銀の茨」を大量展開する!

「エンダイブ」で盤面を増やせば、ターン終了時に「ドリアーヌ」でソウルに置く数が増える。ドロー枚数も増えるのだ。
画像(027)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(028)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 最後に「銀の茨の竜使い ルキエ」をコールして、アタックを仕掛けるトオル選手。
ダメージを3対3のイーブンとし、ターン終了時には「ドリアーヌ」の能力で手札を増やし、さらにソウルに置かれた「ルキエ」も手札に回収できた。

 ここで先鋒戦が決着し、優勝チームが決定!
 この先は、fjmL選手の勝利で完全勝利を決めるか、トオル選手が一矢報いるかの勝負となった。

一度に3ダメージを狙える《オラクル》の“大砲”を投入!決着を狙うfjmL選手。
画像(002)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に
 ダメージ3のトオル選手に対し、fjmL選手は「ヴィクトリアス・ディアー」をコールして勝負に出る。
 「満月の女神」で手札を増やしてトリガーを操作してからの「ディアー」で、クリティカルを2枚確定!

 だが、ノーガードを宣言したトオル選手は、ここでヒールトリガーを引き当てて生き残る!
 大量の手札を消費させられたトオル選手だが、土壇場で生き残った。

 後攻4ターン目、トオル選手は先程手札に回収した「ルキエ」にライド!大量のソウルから「銀の茨」を一気に展開して反撃に出る。
 fjmL選手のダメージを4にし、さらにリアガードをアタックして退却。エンドフェイズには、コールしていた「ドリアーヌ」でドローすることも忘れない。

『幻馬再臨』で登場した、新たな切り札。コストはやや重いが、一気に大量の味方をコールできる点が強力。
画像(003)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 fjmL選手の先攻5ターン目。
 再び「満月の女神」で手札を増やし、このターンはトリガー2枚を確定させたfjmL選手。
 リアガードを展開して、ダメージ5のトオル選手から、今度こそ勝利をもぎ取るためにアタックを宣言!
 ヴァンガードのアタックは完全ガードしたトオル選手だったが、確定させたクリティカルトリガーとヒールトリガー、そして「満月の女神」が、fjmL選手のリアガードを強化する!
 クリティカル2のリアガードのアタックを、再度完全ガードで守ったトオル選手。
 そして最後のアタックを、祈りながらノーガード。
 運命のダメージチェックは……なんとヒールトリガー!

画像(004)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 歓喜するトオル選手とチームメイト。そして悔しがるfjmL選手とチームメイト。
 中堅戦は、すでに両チームの総力戦と化していた。

 「ルキエ」のコストがなくなったトオル選手は、サブ切り札の「ゴールデン・ビーストテイマー」に再ライド。ヒールトリガーで拾ったカウンターブラストで、味方を増やしてアタックを仕掛ける!
 ダメージは5対5にまで追いつくことに成功したが、fjmL選手は増やした手札で最後の1点は守り抜く。

 今度こそ決着を狙いたい、fjmL選手の先攻6ターン目。
 例のよって「満月の女神」で手札を増やし、今度はヒールトリガー1枚を確定させた。
 リアガードをコールして、アタック!
 直前のターンに手札を使って展開したトオル選手には、このターンすべてのアタックを防げる手札は残っていない。
 ヴァンガードのアタックを堂々とノーガード宣言し、再び山札に祈る。
 めくったダメージは……!

 またもヒールトリガー!
 ガッツポーズのトオル選手とチームメイト。笑うしかないfjmL選手とチームメイト。
 まさに不死身!
 この試合3回目のヒールトリガーで、トオル選手はこのターンをしのぐことに成功した。

 後攻6ターン目。
 トオル選手は残った山札とトリガーの枚数を確認すると「ゴールデン・ビーストテイマー」でリアガードをコールしてアタックを仕掛ける。
 さすがのfjmL選手も、ガードの手札が足りない。5ダメージ目を受けると、次のアタックにもノーガードを宣言した。
 お互いにトリガーを引き合ったファイトとなったが、fjmL選手の山札にはヒールトリガーは残されていなかった。

 中堅戦は《ペイルムーン》を駆ったトオル選手が1勝を取り返し、名古屋会場のトリオファイトは賑やかに幕を閉じたのだった。

■優勝チームインタビュー

左から、大将の「ぽっきー」選手、中堅「fjmL(ふじまる)」選手、先鋒「中ボス」選手。
画像(005)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 使用クランは、大将のぽっきー選手が《バミューダ△》、中堅fjmL選手が《オラクルシンクタンク》、先鋒の中ボス選手が《シャドウパラディン》という布陣。
 今回使用したデッキや、名古屋会場での戦いについてインタビューを行った。

―――優勝おめでとうございます!今回使用されたクランについて、採用理由を教えていただけますか?

中ボス
《シャドウパラディン》は、発売日に頑張って買いそろえたカードなので選びました!

ぽっきー・fjmL
(笑)

中ボス
とはいえデッキの構成は最後まで悩み続けたんですが、最終的には「幽玄の撃退者 モルドレッド・ファントム」に寄せた構成に決めました。やっぱり、せっかく買ったカードは使いたいなと。

最新セット『幻馬再臨』の超人気カード。名古屋会場でも多くのファイターが使用した。
画像(006)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

fjmL
《オラクル》は……もともと《オラクル》と《バミューダ》しかデッキを持っていないので、今回大将が《バミューダ》を使うなら、自分は《オラクル》という感じです。

ぽっきー
《バミューダ△》を使ったんですけど、僕はfjmLさんが《バミューダ》を使うと思ってて《ダークイレギュラーズ》も目をつけてたんですけど、fjmLさんが「ツクヨミ」軸の《オラクル》を使いたいってことだったので、使い慣れている《バミューダ》を選びました。

―――候補だった《ダークイレギュラーズ》は、やはり最新のタイプですか?

ぽっきー
そうです。「深魔幻皇 ブルブファス」のタイプです。予選でも対戦相手が使っていて、強かったですね。
「ブルブファス」でクリティカルが上がっているこちらのユニットを除去されて、クリティカル2になったところにダブルクリティカルまで追加されてガードを貫通された時は負けを覚悟しました……。最終的には相手が再ライドできなくて【プロテクトI】の1枚差で押し切れましたが、今日一番ヒヤヒヤした試合でした。
ノーコストで、こちらの守りの要の「フィナ」を除去できるので、特に《バミューダ》に対しては本当に強いと思います。

fjmL
《ダクイレ》は決勝でも多かったね。新しい《ダクイレ》は自分も初めて対戦したけど、ガード制限の「ヴァリアンツ・ハードレッグ」は【プロテクトI】を使ってるのできつかったですね。

『幻馬再臨』で強化された《ダークイレギュラーズ》は、使用者は少ないが勝ち抜いた数が多い“台風の目”となった。
画像(007)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(008)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

―――中ボス選手とfjmL選手は、今回印象的だった対戦はありますか?

中ボス
予選の第1試合の《ノヴァグラップラー》との対戦ですね。チームが1勝1敗になって勝ちがかかった対戦になったんですが、もう負けた……という状況から6点目にヒールトリガーを引いて逆転できたのは印象的でしたね。
6点目のヒールだけでは勝てなくて、次のドローで4枚目の「ブラスター・ダーク」を引かないと攻めきれない状況だったのですが、引くことができて。この逆転がなかったら、今ごろここにいなかったかもしれませんね。

fjmL
決勝戦の《ペイルムーン》です!

―――決勝の中堅戦は、本当に激戦でしたからね。優勝は決まった状況でしたが、両チーム盛り上がった、いい試合でした。では最後に、優勝した今の感想を一言お願いします!

中ボス
過去に決勝ラウンドまでは進んでいたんですが、優勝は初めてなので嬉しいです!

fjmL
最後は本当に勝ちたかったです!(笑)

ぽっきー
僕が最後に表彰台に上がったのは高校生の時で、それから社会人になって再び表彰台に上がれたのは嬉しいですし、ヴァンガードを続けてきて良かったなって思います。ヴァンガード、やっぱり楽しいです!

―――ありがとうございました!今日は本当におめでとうございました!

■シングルファイトの大会環境

 BCF2019のシングルファイトは、多くのクランが入り混じった環境となっていた。
 人気のクランはある程度絞られているが、多くのデッキに勝機がある状態と言えるだろう。

画像(009)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

■シングルファイト決勝戦レポート

 大混戦の「プレミアムスタンダード」の環境を勝ち抜いたのは《ネオネクタール》を使う「グリ」選手と、《バミューダ△》を使う「せっしー」選手の対戦となった。

向かって左がグリ選手、右がせっしー選手。
画像(010)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 グリ選手が先攻で始まったファイトは、序盤からトークンを大量にコールして攻める《ネオネク》と「甘美なる愛 リーゼロッテ」で味方をコールして反撃する《バミューダ》という攻防となった。

両者ともに展開力に優れたデッキ同士。ファイトは序盤からアタックの応酬となった。
画像(012)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(029)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 先攻3ターン目、グリ選手は最初の【超越】の権利を得ることを優先してライドスキップを選択。
 後攻3ターン目、対するせっしー選手は「ディライトジーニアス アンジュ」にライド!

登場時と【超越】時に、リアガードを手札に戻す能力を持つ。手札に戻ると消滅するトークンに対しては、完全な除去として機能する。
画像(013)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

展開していた「プラント・トークン」を消されたグリ選手。次の手は……。
画像(014)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に
 さらにカウンターブラストを使って「エアーエレメント シブリーズ」の起動能力で【超越】!
 グリ選手のトークンを手札に戻して消滅させると、一気にアドバンテージを広げた。

 ダメージ3対2の状況で迎えた、グリ選手の先攻4ターン目。

 「メイデン・オブ・トレイリングローズ」にライドすると、さらに「穢れなき聖女 グリンカトリーナ」に【超越】!
 除去されたトークンを再度展開し、盤面を再構築した。

ノーコストで3体のトークンを展開!強化されたトークンで攻撃を仕掛ける。
画像(015)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(016)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

せっしー選手の手元には、束になった手札が。
画像(017)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に
 スペリオルコールを駆使した合計6回のアタックで、ダメージを3対4としたグリ選手。
 ガードも消費させることができた……が、前のターンに「アンジュ」で手札を稼いだせっしー選手。手札はまだ大量に残っている。

 後攻4ターン目、せっしー選手は再び「ディライトジーニアス アンジュ」にライド!登場時能力を使って、手札にキーカードを引きこんだ。
 せっしー選手の戦線は、まず【超越】した切り札の「Chouchou 話題騒然 ティルア」。
 「アンジュ」で手札に引き込み、スペリオルコールした「Chouchou ルシール」が2体。
 「ルシール」をブーストするのは「ポッピングメロディー レイラ」という超高パワーの布陣!

画像(018)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(019)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に 画像(020)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

 「ティルア」がVスタンドで攻め立てる怒涛の連続アタックの前に、かろうじてダメージ5で生き残ったグリ選手だったが、残された手札はわずかに2枚。
 先攻5ターン目。グリ選手は残された手札から再ライドでイマジナリーギフトを追加し、もう1枚で「グリンカトリーナ」へ【超越】。
 そしてこのターンにドローした「フルーツバスケット・エルフ」で強化したトークンをコールし、強力な戦線を構築!これで手札はすべて使い切った。
 合計パワーが45000に跳ね上がったトークン、さらに「グリンカトリーナ」と、追加でコールした「メイデン・オブ・トレイリングローズ」のアタック!
 しかし、せっしー選手は大量の手札から完全ガード、そしてGガーディアンの「ラグジュアリーウェーブ エリー」を繰り出す!
 ダメージ5まで追い込んだが、グリ選手は無念のターンエンドを宣言。

 返しのターン、せっしー選手が再び「ティルア」に【超越】して戦線を構築すると、守り切る手段が残っていないグリ選手はノーガードを宣言。
 お互いに序盤から最後まで攻撃を続けた対戦は、ついに決着。
 せっしー選手が勝利をつかんだのだった!

■優勝者インタビュー

画像(022)「カードファイト!! ヴァンガード」の大会「BCF2019名古屋」,公式レポートが公開に

―――今回《バミューダ△》を使われた理由を教えてください。

せっしー
今回、練習時間があまりとれなかったこともあって《バミューダ△》を選びました。ずっと使っていて、使い慣れているデッキなので。

―――今日のファイトの中で、印象的だったファイトやシーンはありますか?

せっしー
印象的というか、個人的に注目していたデッキがありまして。準決勝で対戦した「アーシャ」さんの《ネオネクタール》なんですが……アーシャさんは覚えておられないかもしれませんが、以前一度対戦したことがあって。その《ネオネクタール》の構築がとても気になっていました。今回も対戦できて、嬉しかったですね。

―――では、優勝した感想を一言お願いします!

せっしー
今回は久しぶりに決勝トーナメントに上がれたので、当たって砕けろの精神で挑みました。勝てたのは本当に嬉しいです!次回のWGPでは“世界”に向かう挑戦者として、また頑張ります!

―――ありがとうございます。あらためまして、優勝おめでとうございます!

せっしー
ありがとうございます!

■『カードファイト!! ヴァンガード』次回の大型大会は“世界”へ!

 日本全国で開催され、各地区の最強チームと最強ファイターを決めた「BCF2019」は全日程が終了した。
 しかし2019年度の『ヴァンガード』の大型大会は、まだ終わっていない!
 インタビューでも語られたが、秋・冬の恒例となった「WGP(ワールドグランプリ)」が、今年も開催される。
 各地区の最強ファイターを決めるだけではなく、優勝者は世界の強豪と戦う「世界決勝大会」に招待されるのだ。
 夏が終わっても、まだまだ『ヴァンガード』の熱いファイトは終わらない……!

「カードファイト!! ヴァンガード」公式サイト

  • 関連タイトル:

    カードファイト!! ヴァンガード

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月