オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リングドリーム 女子プロレス大戦公式サイトへ
  • サクセス
  • 発売日:2012/12/20
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
75
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2016]4Gamerブースで「リングドリーム」トークショーが開催。“情緒不安定”な松田プロデューサーに振り回されて鶴見GMも思わず絶叫!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/09/18 01:06

イベント

[TGS 2016]4Gamerブースで「リングドリーム」トークショーが開催。“情緒不安定”な松田プロデューサーに振り回されて鶴見GMも思わず絶叫!

リングドリーム 女子プロレス大戦
 サクセスのPCブラウザゲーム「リングドリーム 女子プロレス大戦」(以下,リンドリ)をテーマにしたトークショーが,東京ゲームショウの2日目となる2016年9月16日に,4Gamerブースで開催された。

 リンドリといえば,DDTプロレスの所属選手を美少女化したうえでゲームに登場させるという,初めて聞く人にはすんなり飲み込めないようなコラボを展開していることで知られているゲームだ。
 そんなリンドリのトークショーに出席したのは,本作のプロデューサーを務める松田秀夫氏と,原作者のでいしろう氏,司会進行役のバロン山崎氏,そしてDDTプロレスのGMを務める鶴見亜門氏という4人である。

左から鶴見亜門氏,バロン山崎氏,でいしろう氏,松田秀夫氏。バロン山崎氏によると,このイベントには台本が用意されていなかったそうだが,「台本なんていらないですよ。必要なのは……勇気!」(松田氏)という説得により,つつがなく進行した
リングドリーム 女子プロレス大戦

でいしろう氏
 トークショーの序盤では,でいしろう氏が中心となって,リンドリの軌跡を振り返ることになった。
 リンドリのルーツは古く,テーブルトークRPG専門誌「コンプRPG」の付録のカードゲームとして誕生したのが始まりであることをご存知だろうか。なんと23年前のことである。
 その後,カードゲームやテーブルトークRPGで展開するも,1998年に終了を迎える。そこから十数年の沈黙を経て,2012年にPCブラウザゲームとして復活を遂げたのだ。

松田秀夫氏
 現在,4年目に突入しているリンドリは,ときに奇想天外,ときに荒唐無稽なアイデアでプレイヤーを楽しませてきた。その転換期となったのが,松田プロデューサーの就任だろう。
 2013年5月,プロデューサーに就任した松田氏だが,その当時は「ゲームが動かない」ために大炎上していたという。そこで,開発を外注から内製へと切り替え,アップデートしながら修正を施していくという,2チーム体制で立て直しに成功したとのことだ。

鶴見亜門氏
 鶴見氏がGMを務めるDDTプロレスとリンドリとのつながりが生まれたのは,2014年頃のこと。その縁が突拍子もない形で実を結んだのが,2015年2月に開催されたコラボ興行「『愛』は『逢い』よりいでて」である。プレイヤーを無料招待した興行の模様は「こちら」の記事でお伝えしているが,大盛況に終わった。
 そして同年12月には,早くも「第2回リングドリーム主催DDTプロレス興行『Encore〜星空プロレス〜』」が,“プロレスの聖地”後楽園ホールで開催された。

 さて,この日は,リンドリ提供の「愛は相よりいでて 2.5 〜What We Talk About When We Talk About Love〜」と題したDDTプロレスの試合が,4Gamerブース特設リングで繰り広げられた。この試合前に,リング内でトークショーが行われたというわけである。
 したがって,ごく自然な流れでトークテーマは「なぜ3ではなく,2.5なのか」という話へ移っていく。

 鶴見GMによると,今回のコラボ興行自体が「事後承諾」だったそうだ。「松田さんが最近おかしい」「情緒不安定なんですよ」という鶴見GMの発言に対し,松田氏が「否定はできない」と切り返すやりとりを経て,衝撃的な暴露が行われた。
 鶴見GMの元に送られてきた最初の企画書には,こう書かれていたという。

「プリンスを追悼したい」

 これは,プリンス・デヴィット(現 フィン・ベイラー)選手やアンソニー・W・森(現 DRAGON GATEスタッフ)選手のことではない。念のために書いておくと,2016年4月に夭折したアーティスト「プリンス」のことだ。そして,言うまでもなく,プリンスはプロレスラーやプロレス関係者ではない。
 選手全員がプリンスの曲で入場して,会場全体で紫色の紙テープを投げ入れる演出を考えていたというのだ。もちろん,プリンスの名曲「パープル・レイン」にちなんだ演出である。

「馬鹿か!」(鶴見GM)

 この一喝を境に,鶴見GMはどんどんヒートアップしていく。
 松田氏の「僕に言わせてもらえれば,なんで追悼しないのかっていう話ですよ」という発言に対して,「(DDTプロレスである)必然性がないって言ってるの!」と,さらに声を荒げてしまう。
 もちろん,リンドリとプリンスの間にも,これといった関係はない。

 であれば,なぜこのような企画になったのか。
 「僕がプリンスを大好きだからです」(松田氏)

 これにはもう,鶴見GMも呆れ返って,「てめえのマスターベーションに付き合ってられないって言ってんだ!」と絶叫である。
 しかし,松田氏は「付き合ってくださいよ」と食い下がる。

両サイドでヒートアップする鶴見GMと松田プロデューサー。でいしろう氏は,思わず顔を覆う
リングドリーム 女子プロレス大戦

 そこで,鶴見GMは先ほどの自身の発言を取り上げ,松田氏がなぜここまで情緒不安定なのか。その理由を公表した。
 どうやら,会社(サクセス)の上層部から,「第3回」興行をするなら収益を出すように,と釘を刺されているという。そのため,年内に第3回興行を実現する見通しが立たないようだ。
 それならば,ということで今回のコラボ興行を「第2.5回」の位置づけにしたのだという。これなら,収益が出なくても大丈夫だという言い訳が成立する(のか?)。

 しかし,鶴見GMは「こんな松田さんとはもうやってられない。付き合いきれません」と三行半を叩きつける。そして,DDTプロレスを実況席で観戦することで「本来の松田さんに戻ってもらいたい」と語っていた。

リングドリーム 女子プロレス大戦

 リンドリがテーマだったはずが,なぜかプリンスの話で盛り上がってしまった今回のトークショー。鶴見GMと松田氏の主張は終始噛み合わず,波乱含みのまま「愛は相よりいでて 2.5 〜What We Talk About When We Talk About Love〜」へと雪崩れ込んだわけだが,その模様は機会があれば,4Gamerでお伝えしたい(レポート記事)。

 最後に,締めの挨拶直後,両氏の間に位置していたでいしろう氏が,「すげえ,いたたまれなかったんですけど」とこぼしたことを付け加えておこう。

リングドリーム 女子プロレス大戦

リングドリーム 女子プロレス大戦 公式Webサイト


4Gamer「東京ゲームショウ2016」特設サイト

  • 関連タイトル:

    リングドリーム 女子プロレス大戦

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日