オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アイドルとファンの絆が勝利のカギ?「BEMANI」シリーズのファンイベント「U.M.U × BEMANI 真夏のアイドル納涼祭」をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/09/01 20:33

イベント

アイドルとファンの絆が勝利のカギ?「BEMANI」シリーズのファンイベント「U.M.U × BEMANI 真夏のアイドル納涼祭」をレポート

 コナミデジタルエンタテインメントは2014年8月30日,六本木にあるKONAMIイベントスペースにて,ファン参加型イベント「U.M.U × BEMANI 真夏のアイドル納涼祭」を開催した。これは,毎年末に同社の人気音楽ゲーム「BEMANI」シリーズを用いて行われる,ご当地アイドルNo.1決定戦「U.M.U AWARD」のスピンオフ企画イベントだ。

 その内容は,アイドルとファンがチームを組み「DanceDanceRevolution」「REFLEC BEAT groovin’!! 」「jubeat saucer fulfill」の3タイトルで得点を競い合うというもの。当日は,水戸ご当地アイドル(仮)(茨城),アイドル教室(愛知),はちきんガールズ(高知),柊木りおさん(東京)ら,各地で活動するご当地アイドルが「BEMANI」タイトルで対決した。
 笑いあり,涙ありの熱い戦いを繰り広げた。果たして結果はどうなったのか。本稿では,イベントの模様をレポートしていこう。

ファン代表選抜予選の様子。ここで,アイドルとチームを組むファン代表の選手が選ばれるのだ
イベント前に,アイドル自らが売り子となって物販へ立ち,ファンとの交流を行っていた
左から,アシスタントを務めるきゅい〜ん’ズの櫻庭 雅(さくらば みやび)さん,MCを務めるつぼますの大坪康之さん,益戸敏気さん

 イベントは,MCを務めるつぼますの二人と,アシスタントの櫻庭さんによるオープニングトークでスタート。ひとしきり会場が盛り上がると,BEMANIアーティストのSota FujimoriさんTAGさんDJ TOTTOさんが審査員として登場。全員,アイドル系のイベントに審査員として参加するのは初めてらしく,非常に楽しみだと話していた。

左から,Sota Fujimoriさん,TAGさん,DJ TOTTOさん

 ここで,本日の主役であるアイドルが登場。それぞれ,挨拶を兼ねた個性的なパフォーマンスで会場を盛り上げる。

ファン代表選手のお二人

 役者もそろい会場の熱が高まってきたところで,いよいよゲーム対決がスタートした。まずは,くじ引きでチャレンジするゲームを決めることに。
 当然と言えば当然だが,アイドル達にも得意不得意があるので,どのゲームをプレイすることになるかで,勝敗の行方は大きく変わってくる。
 くじ引きの結果は,1回戦が水戸ご当地アイドル(仮)と柊木りおさんの対戦で,使用タイトルは「jubeat saucer fulfill」となった。2回戦ははちきんガールズとアイドル教室の対戦だ。使用タイトルは「REFLEC BEAT groovin’!!」に決定した。

 使用する楽曲は,代表選手同士がジャンケンし,勝ったほうの(ゲームで使用されている)持ち曲を使うことになる。ジャンケンの結果,一回戦の使用楽曲は水戸ご当地アイドル(仮)の「LoveLove DokiDoki」に決定。結果は,水戸ご当地アイドル(仮)のチームが186万3234点,柊木りおさんのチームが171万4153点で,水戸ご当地アイドル(仮)の勝利となった。

トーナメント表
たかがジャンケン,されどジャンケン
アイドルとファンがタッグを組んで,高得点を目指して頑張る。二人の得点を合算して集計するため,チームワークも必要になってくるのだ

 続く2回戦は,はちきんガールズとアイドル教室の対戦。使用タイトルは「REFLEC BEAT groovin’!!」で,楽曲は,はちきんガールズの「ザッツ!KAIYODO」。スコアは,はちきんガールズが551点で,アイドル教室が573点でアイドル教室の勝利。持ち曲でプレイした,なるはちきんガールズが有利と思われていた。しかし,まさかの番狂わせに会場のファンも驚きが隠せなかったようだ。


 次はいよいよ決勝戦。アイドル教室と水戸ご当地アイドル(仮)が,決勝戦の種目である「DanceDanceRevolution」で対戦することになった。ジャンケンの結果,使用楽曲は「jubeat saucer fulfill 」のときと同じく,水戸ご当地アイドル(仮)の「LoveLove DokiDoki」だ。

持てる力すべてを振り絞ってプレイするアイドルとファン

 両アイドルとも「DanceDanceRevolution」の経験は少ししかないとのことだったので,カギを握るのはファン実力となる。とはいえ,アイドル達もかなりの奮闘を見せ,その様子に会場のテンションも一気に高まる。決勝戦らしい盛り上がりを見せる。
 気になる結果は,水戸ご当地アイドル(仮)が17万7620点,アイドル教室が96万1460点で,アイドル教室が大差をつけて勝利を獲得。見事優勝に輝いた。
 優勝したアイドル教室のメンバーは,「本当に嬉しいです!」と涙を流しながら喜んでいた。なお,優勝したアイドル教室には,その後に行われるライブイベントで冠コーナーが与えられる……予定だったのだが,諸事情により2位の水戸ご当地アイドル(仮)に譲られることに。
 コーナーを譲り受けた水戸ご当地アイドル(仮)のメンバーは,アイドル教室の分も自分達が頑張りますと気合いを見せ,大盛況のまま「U.M.U × BEMANI 真夏のアイドル納涼祭」はフィナーレとなった。

アイドル教室と共に戦ったファンには,優勝者の携帯電話でアイドルと2ショット写真を撮ることができるなど,豪華特典のプレゼント。「貴重な体験ができてよかった」と喜んでいた

「DanceDanceRevolution」公式サイト

「REFLEC BEAT groovin’!!」公式サイト

「jubeat saucer fulfill」公式サイト

  • 関連タイトル:

    DanceDanceRevolution

  • 関連タイトル:

    REFLEC BEAT groovin’!!

  • 関連タイトル:

    jubeat saucer fulfill

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月18日〜02月19日
タイトル評価ランキング
89
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年08月〜2020年02月