オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アラド戦記SG公式サイトへ
  • ネクソン
  • 発売日:2012/11/20
  • 価格:サービス終了
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】ワンボタンで遊べるMMORPG? ネクソンのソーシャルゲーム「アラド戦記SG」がいよいよ登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/11/24 12:00

広告企画

【PR】ワンボタンで遊べるMMORPG? ネクソンのソーシャルゲーム「アラド戦記SG」がいよいよ登場


 皆さんは,ソーシャルゲームで遊んだこと,あったりします?
 僕はこれまでなかった。ちょっと強調するけどなかっ「た」。「ソーシャルゲームって,正直なところどれも一緒じゃん」と思っていたし,たぶんコアゲーマーの読者が多い4Gamerであれば,同じように思っている人もそれなりに多いはず。
 オンラインゲームに普段からどっぷりハマってる筆者なので,あえてソーシャルゲームを遊んでみようと思うはずもなく,平穏無事な日々を過ごしていたというわけ。……「アラド戦記SG」に会うまでは。

アラド戦記SG アラド戦記SG

 PC版(というかオリジナル)の「アラド戦記」を割と本気でプレイしてきた筆者なので,“アラドのソーシャル版が出る”という話を聞いたときに興味を引かれないはずはなかった。「まぁ一回くらいやってみるのもいいかな」と,ちょっと遊んでみたら,お,これは意外と面白いかも,と。
 もちろんソーシャルゲームなので,根っこにあるのは「今まで培われてきたソーシャルの文脈」,そこを伏せる必要はない。でも,さすがPCオンラインゲームで名を馳せるネクソンで,要所要所に「MMOっぽい」仕掛けが織り込まれ,巷にあふれている「タップし続けて,カードを集めまくって,手当たり次第合成する」ゲームとはちょっと違う。なんていうか,自キャラを強くして進めていくタイプのゲームなのだ。もうこのへんからしてちゃんと「RPG」っぽい。
 CBTで遊んでみた感想がメインなので,あんまり深い部分までは触れられないけれど,4Gamerが誇るコアゲーマーの読者の皆さんに,「アラド戦記SG」をちょっと紹介させてもらおうと思う。

アラド戦記SG アラド戦記SG

「アラド戦記SG」公式サイト


ソーシャルゲームと言うより

「ワンボタンで遊べるMMORPG」


最上部の赤色のゲージが“気力”となっており,その分だけダンジョンを進むことが可能。その下,緑のゲージが経験値ゲージで,3段めの青いゲージは,ダンジョンの進捗度を表す
アラド戦記SG
 本作の舞台背景は,遺跡や神殿,あるいは天まで届きそうな塔など,さまざまなダンジョンがある「アラド戦記」の世界。誤解なきよう最初に触れておくけれど,アラド戦記を知らなくても全然問題ない。知ってたほうがより面白いけれど,知らなくてもゲームの楽しみが削がれるなんてことはない。ともあれ,そんな世界に身を置き,ダンジョンを攻略していくのが基本の流れというわけだ。ダンジョンの最深部にはお約束どおりボスが潜んでおり,その道中で手に入れたり,ボス戦でドロップする装備を集めたりして,自キャラを強くしていく。
 筆者自身は11月15日まで行われていたCBTに参加し,レベル23までプレイして,現在開放されている「レイドボス」「ジョブチェンジ」などのコンテンツを一通り体験している。おそらくは本作のメインコンテンツになるだろうと思われる「バトルフィールド」は12月末実装とのことで,プレイできなかったのがちょっと心残り。でも既存コンテンツを体験しただけでも,「なんかMMORPGっぽい」ということは十分に理解できた。

 ……さっきちょっと触れた「自キャラを強くする」という言葉に反応した人は,きっとソーシャルゲームをもう何本か遊んだことがある人かもしれない。この「アラド戦記SG」の大きな特徴は,一般的なソーシャルゲームのようにカードやモンスターを集めて,それらを強化していくのではなくて,あくまでも「自分自身を強化していく」ことなのだ。とはいえ,キャラクターのレベルアップとそれに伴うステータス配分,みたいな,ややこしくて時間をかけなきゃいけない概念はほとんどなくて,戦闘能力は,すべて装備に依存しているのが潔い。装備を集めてファッションを楽しみながら,それらを強化/進化させていく。
 これも特徴にあげてしまっていいと思うけれど「ファッションを楽しめる」というのも本作で強く推しておきたい要素の一つだ。ちなみに自称ガチゲーマーの筆者の遊び方は,ファッション9割,強化1割といった感じで,振り返ってみると,真剣になったのはほぼ服選び。

コーディネートに気を使うことで,フレンドから注目されること間違いなし!
アラド戦記SG アラド戦記SG

 もちろん,強力なボスに挑戦する「レイドボス」,アクティブプレイヤー30人対アクティブプレイヤー30人が戦う(つまりプレイヤーがリアルタイムに60人集まるというわけ!),攻城戦のようなリアルタイムバトル「バトルフィールド」など,ほかのソーシャルゲームにはあまり見られない要素も魅力だ。
 アバター要素,装備強化,レイドボス,攻城戦……と単語を並べてみると,まさにMMORPGといった感じで,オンラインゲーマーであれば,これらの言葉にピクッと反応してしまうことだろう。こうした要素は,数々のオンラインRPGを世に送り出してきたネクソンらしい,ソーシャルゲームへの取り組み方なんじゃないだろうか。

女装だってできちゃう,

なんだかカオスな装備システムに注目


 さっき「ファッション9割」と書いてしまったので,そこもちょっと紹介しておこう。
 ソーシャルゲームの定番ともいえる,モンスターカードやキャラクターカードの収集といった要素は,本作にはない。その代わりと言ってはなんだけれど,プレイヤーは「武器」「頭」「体」「腕」「脚」という5種類の装備を集めていくことになる。これらの装備はそれぞれ,鬼剣士,格闘家,ガンナー,メイジ,プリースト,シーフという,本作における6つのジョブタイプに分類されていて,その装備自体に,職業ごとに恩恵のあるアビリティが備わっている場合もある。
 となると,当然「ガンナー」は「ガンナー用の装備」を使うのが筋であって,別にわざわざ「装備を集めてファッションを楽しむ」と書く必要はなさそうだが,本作はひと味違う。ジョブタイプとは異なるジョブの装備も普通に使うことができる上,男女の区別があるにもかかわらず,異性の装備を「普通に」使うことができてしまうのだ。

ダンジョンの途中にある宝箱,バトルフィールド,ガチャなどで入手できる。「武器」「頭」「体」「腕」「脚」すべての部位に攻撃力と防御力が設定されており,一見攻撃に関係なさそうな部位を強化しても,攻撃力を上げることが可能だ
アラド戦記SG アラド戦記SG

ガテン系キャラクターがこんな格好をするゲーム,見たことありますか
アラド戦記SG
 それもあってか,今回行われていたCBTでは,なかなかシュールな光景が展開されていた。チュートリアルの完了後にレア装備“チャイナドレス”が配布されたのだが,それが最初に入手できるレア装備ということもあってか,CBT開始直後に出会うプレイヤーはみんな,男女問わずチャイナドレスを着ていたのだ。それは,筋骨隆々のキャラクターであっても例外ではなく,彼がピチピチのチャイナドレスを着用して勇猛に戦っている姿は,ちょっとなんというか,その……。
 ただ,チュートリアルでチャイドレスがゲットできるのは,どうやらCBT期間に限ってのことらしい…。コーディネートにこだわっていた筆者としては残念ではあるが,別のコスチュームに期待しようと思う。

 ともあれこの「武具に装備制限がない」という特徴は,装備品がゲームの重要なファクターを占める普通のPCオンラインゲームにおいても,あまり類を見ない特徴だ。見た目を完全に度外視し,性能重視の装備にしてしまうもよし,ひたすらコーディネートにこだわるのもよし。みんながみんなバラバラに好き勝手にやるものだから,まさに混沌とした状態になりかねないが,それもまた一興であり,これもまた本作の大きな特徴になっているように思う。

アビリティは,鬼剣士装備の能力が上昇する「鬼剣士マスタリー」,メイジ装備の能力が上昇する「メイジマスタリー」などがある
アラド戦記SG アラド戦記SG

アラド戦記SG アラド戦記SG
本作では「強化合成」と「進化合成」というソーシャルゲームではおなじみのシステムが踏襲されており,入手した装備同士を合成し,強化/進化させることができる
アラド戦記SG アラド戦記SG

いつでもどこでも“ジョブチェンジ”。

職業選択が本作のキモ


 さて,見た目のこだわりという意味で装備は大きな要素を占めるわけだが,一方でゲームそのものを有利に進められる手段として用意されてるのが,好きなタイミングで職業を変更できる「ジョブチェンジ」システムだ。
 このジョブチェンジのメリットは,敵に与えるダメージが飛躍的に上昇する上位職の強力なスキルが使えたり,職業ごとに設定された属性スキルを使い分けることで,レイドボス,バトルフィールドでの戦略の幅が広がったりすることだろう。

アラド戦記SG
ジョブチェンジは,レイドボスを倒すことで入手可能な“ジョブExp”を使って行う。ジョブごとに備わったスキルは,バトルフィールドで得た“スキルポイント”を使うことで強化できる
アラド戦記SG
レイドボス戦でミソになるのが「MP」だ。これは決してマジックポイントなどではなく,レイドボス戦でアクションを起こすときに消費する,いわゆる“行動力”のようなもの

 本作のジョブチェンジシステムは上記のように「好きなタイミング」で出来る手軽さを持つ。ソーシャルゲームであれオンラインゲームであれ,この手の職業変更をシステムとして採用するゲームというものは,たいていの場合,ジョブを変更するため神殿に行ったり,ジョブマスターに会いにいったり,ちょっとした手間と時間がかかるものだった(筆者は途中でたいてい面倒になる)。
 しかし本作では,事前にお気に入りのジョブを3つと,それぞれのジョブに合わせた装備を5つまで登録しておくことができる。レイドボスと戦っているときや,バトルフィールドに参加しているときなど,戦闘の最中であっても相手や味方との相性が良くないと思えば,その場ですぐに職業を切り替えられるのだ。場面と相性を想定し,戦闘に突入する前からどの職業をどう使うか考えてといった戦略といえる部分が楽しめるのも,本作の醍醐味と言える。全部の職業がネタ装備でそれを切り替えるというのも面白いかもしれない。
 今回のCBTでは,スキルを覚えるために必要なポイントがもらえる「バトルフィールド」が開放されておらず,1種類のスキルしか使えなかったので,上級職の恩恵はあまり受けられなかった。しかし,バトルフィールド解禁後には,多くの強力なスキルが開放されることになるはずなので,こちらはネタとしてでなく期待したいところ。

協力プレイでは,通常攻撃でコンボを稼ぎ,タイミングを見てスキルを放つというのがセオリーになりそうだ。通常攻撃のタイミングを味方と合わせることで,コンボが稼ぎやすくなるので,勝利するためには味方とのやりとりが重要となるかもしれない
アラド戦記SG アラド戦記SG

 ちなみに上級職へと転職するには,特殊な経験値である「ジョブExp」が別途必要になる。このジョブExpは,レイドボス討伐時,もしくは相手にダメージを与えたときに入手できるものだ。
 レイドボスにはダンジョンの途中で遭遇することになるが,群れを組んでいることが多く,戦闘はターゲットを選んで攻撃を行う形になる。遭遇してから2時間以内にレイドボスを殲滅できれば討伐成功,できなければ失敗となる。
 失敗してもペナルティなどはなく,攻撃を加えるだけでジョブExpを入手できるし,特定のレイドボス戦を決められた数だけクリアすると報酬がもらえる,といったクエストもあるので,ガンガン挑戦してみよう。
 ところでこのジョブだが,今後のアップデートで,本作のモチーフとなった「アラド戦記」には存在しないオリジナルジョブ(一般職/上級職のどちらなのか不明)も実装されるとのことで,こちらも期待しておきたい。

アラド戦記SG
ジョブは現時点で,「アラド戦記」でおなじみの33種類。鬼剣士,ガンナー,プリースト,メイジ,格闘家,シーフといった6つの基本職に加え,バーサーカー,スピットファイア,アヴェンジャーといった27種類の上位職で構成されている
アラド戦記SG
敵に大ダメージを与える鬼剣士のスキル「波動剣地裂」や,自分自身の攻撃力を上げるガンナーのスキル「リボルバーファニング」など,一つのジョブにつき,4つの固有スキルが設定されている

MMORPG好きなら試しに遊んでみてほしい!


 短くまとめるのなら,「MMORPGを数多く手がけるネクソンが作ると,ソーシャルゲームはこうなる」といった感じで,本作には,MMORPGのテイストがけっこうたくさん詰まっている。レイドボス,アバター,そしてちょっぴり熱くなるジョブポイント集めと転職。今後,バトルフィールドが実装されれば,さらにMMOライクに楽しめそうなこと請け合いだ。
 今までに数々のMMORPGをプレイしてきており,MMORPGにちょっとはうるさい方だと思っている筆者自身も,普通に楽しめたし,「MMORPGは好きだけど,ソーシャルゲームはちょっとなぁ……。」という人なら,きっと楽しめるはずなので,ちょっと試してみてほしいなと思っている。

 ……これで締めたいんだけれど,どうしてもモヤモヤするところがあると,読んできて思った人もいるだろう。文中に何度か出てきた「バトルフィールド」についての説明が足りないのが,きっとその理由だ。「バトルフィールド」は60人同時対戦(30 vs. 30)のリアルタイムバトル。CBTではまだ実装されておらず,筆者自身も体験することができなかった要素だ。
 実装後は,きっと本作のメインコンテンツとなって作品を盛り上げてくれる大事な要素であることは間違いないので,どうにかして紹介したいと,ネクソンに直接聞いてみた。PC版アラド戦記のプレイヤーにはお得な話も,一緒にもらってきたよ!

2012年11月21日の様子。このコミュニティをうまく活用し,ともに戦う仲間を探してみてはどうだろうか
アラド戦記SG アラド戦記SG


――バトルフィールドとはどういうシステムですか。

ネクソン モバイル事業企画チーム 黄氏(以下,黄氏):
 アクティブなプレイヤー30人と,アクティブなプレイヤー30人が,5つのエリアを奪い合うリアルタイムバトルです。

アラド戦記SG
――どのようにしてエリアを奪い合うんですか。

黄氏:
 各エリアの最深部には,エリアボスが潜んでおり,先にエリアボスを討伐したチームが,そのエリアを占領できる,という仕組みです。なお,エリアを占領することで,それ以降,相手に与えるダメージにボーナスが付与されます。

――30人という数のプレイヤーは,どう協力をするのでしょうか。

黄氏:
 まず,1つのエリアに入場できるのは,チームにつき10人までで,前衛5人,後衛5人に分かれてもらいます。相手チームを含めると合計で20人となります。
 30人で5エリアを攻めるわけですから,必然的に,攻めないエリア,もしくは手を抜くエリアが出てきます。
 そこで,チームがどういう判断で,どこに何人のプレイヤーで攻めるのかなどが重要となってきます。このとき,味方チームがコミュニケーションを取らずに,自由に攻めてしまい,相手が計画的にエリアを攻めた場合は,確実に勝利は遠のくでしょう。つまり,しっかりと計画を立て,協力することで勝利が見えてくるはずです。

アラド戦記SG
――バトルフィールドへ参加することのメリットはなんでしょうか。

黄氏:
 バトルフィールドに参加することで,「スキルポイント」という職業ごとの固有スキルを取得/強化するために必要なポイントが得られます。

――スキルポイントは,ほかの手段で得ることはできないのでしょうか。

黄氏:
 はい。スキルポイントは,一部のイベントや特典を除き,このコンテンツでしか得られないため,戦闘時にスキルが重要となる本作では,ほぼ参加必須のコンテンツとなるでしょう。

――バトルフィールドは,いつごろから遊べるようになるのでしょうか。

黄氏:
 2012年12月中旬頃の実装を予定しております。

――これから「アラド戦記SG」を始めようと思っているプレイヤーに,一言お願いします。

黄氏:
 本作は,装備を集めて鍛えるという,今までのソーシャルゲームとは異なる,一風変わったタイトルになっています。60人でのリアルタイムバトルも,ほかに類を見ない規模であると自負しています。このように,MMORPGに近い楽しみ方ができる要素を散りばめていますので,MMORPGが好きな人であれば,きっと楽しめると思います。まずは,気軽にプレイしてみて下さい。

 なお,本作のモチーフとなっているPC向けアクションRPG「アラド戦記」のプレイヤーには,些細ではありますが,プレゼントを用意しています。本作をプレイするとシリアルナンバーが入手できます,そちらをPC版「アラド戦記」のWebサイトにて入力することで,以下のアイテムが手に入るので,同作のプレイにお役立て下さい。

アラド戦記SG

キャンペーンアイテム一覧
(1)チュートリアル突破
レミの掌10個

コンティニューコイン1枚


(2)LV10突破
レミの掌 20個

業師の箱2個

コンティニューコイン2枚


(3)LV30突破
レミの掌 30個

アメイジングハンマー 10個

コンティニューコイン3枚


(4)LV50突破
レミの掌 40個

覇王/達人の契約7日

コンティニューコイン5枚


(5)LV100突破
レミの掌 100個

覇王/達人の契約 15日

コンティニューコイン10枚

[異名(前)]クラウンの

[異名(後)]玩具箱


●異名詳細:
[異名(前)]クラウンの
オプション:力+15

[異名(後)]玩具箱
オプション:知能+15

セットオプション:
物理クリティカル+3%
魔法クリティカル+3%
的中率+2%

「アラド戦記SG」公式サイト

  • 関連タイトル:

    アラド戦記SG

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日