オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Star Citizen公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
MMOスペースコンバットシム「Star Citizen」がクラウドファンディングで5400万ドルの開発資金獲得に成功
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/10/02 14:19

ニュース

MMOスペースコンバットシム「Star Citizen」がクラウドファンディングで5400万ドルの開発資金獲得に成功

 Roberts Space Industriesのクリス・ロバーツ(Chris Roberts)氏は,開発中のPC向けスペースコンバットシム「Star Citizen」へのクラウドファンディングによる投資金額が,5400万ドル(約59億円)に達したことを明らかにした

Star Citizen

 スペースコンバットシムと聞いてもなかなかイメージがつかめないかもしれないが,本作はロバーツ氏の過去作品である「Privateer」や「Freelancer」のシステムをベースに,「Eve Online」のような経済活動を加えてMMO化した作品と言えば分かりやすいだろうか。バッカー総数は50万人程度になっており,平均するとプレイヤー1人あたり1万2000円ほどの投資を行っているという計算になる。

 本作におけるクラウドファンディングは,2012年11月,Kickstarterで200万ドルを目標にスタートした。そのときは650万ドルほどの投資を集めることに成功し,その後も自社サイトで100万ドルごとのストレッチゴール(追加目標)を公表しながらクラウドファンディングを続けている。このストレッチゴールの達成により,戦闘機を利用したドッグファイトに加え,宇宙船内でほかのプレイヤーと楽しむFPSモードの搭載や,Physically Based Renderingという新しいテクノロジーの採用などといったものがフィーチャーされることになっており,現時点で作品の完成時期は2016年末頃と見積もられている。

Star Citizen Star Citizen

 クラウドファンディングで多額の投資を集めたものとしては,電子契約のためのオープンソースプロジェクト「Ethereum」(約1900万ドル),ブレンダーやスピーカーまで装備するアイスクーラー「Coolest Cooler」(約1300万ドル)などが知られているが,「Star Citizen」はそれらを遥かに超える金額を獲得したことになる。Roberts Space Industriesはギネスブックに登録申請をしているとのことだ。

「Star Citizen」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Star Citizen

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月25日〜01月26日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月