オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Z/X -Zillions of enemy X-公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
無料で始められるTCG「Z/X(ゼクス) Zillions of enemy X」。日本一ソフトウェアとガマニアとの展開も明かされた発表会レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/04/19 16:01

イベント

無料で始められるTCG「Z/X(ゼクス) Zillions of enemy X」。日本一ソフトウェアとガマニアとの展開も明かされた発表会レポート

Z/X -Zillions of enemy X-
 ブロッコリーは(2012年4月18日),東京都新宿区にあるSTUDIO ALTA内にあるアルタスタジオで,カードゲーム「Z/X(ゼクス) Zillions of enemy X」(以下,ゼクス)の発表会を行った。ゼクスは,無料で始められるトレーディングカードゲーム(TCG)で,イベントや公式サイトなどを通じてカードの配布が実施される。また,TCGだけでなく,コンシューマゲーム,オンラインゲーム,漫画など,他プラットフォーム/メディアとの展開が予定されているのもポイントだ。本稿では,ゼクスの概要や,日本一ソフトウェアとガマニアデジタルエンターテインメントとの展開,関係者によるトークセッションが実施された発表会の内容をお伝えしよう。

 発表会の最初にブロッコリー 取締役制作本部長の内野秀紀氏が登壇し,挨拶を行った。内野氏は,さまざまなところから意見をもらい,それらをブラッシュアップしてきたと,ゼクスがスタートするまでの経緯を説明。また,ゼクスをプレイヤーや販売店と一緒に作っていくTCGにしたいと述べた。

「Z/X(ゼクス)Zillions of enemy X」公式サイト


ブロッコリー 取締役制作本部長の内野秀紀氏。ゼクスのスタートにあたり,さまざまな意見を取り入れたそうだ
日本一ソフトウェア 代表取締役社長の新川宗平氏。「コンシューマで培ったノウハウをゼクスに生かしたい」と発表会の冒頭でコメントしていた

Z/X -Zillions of enemy X-
Z/X -Zillions of enemy X- Z/X -Zillions of enemy X-

 続いてゼクスのプロモーションムービーが流されたあとに,世界観が共通するタイトルを,コンシューマ(日本一ソフトウェア),オンラインゲーム(ガマニアデジタルエンターテインメント),トレーディングカードゲーム(ブロッコリー/遊宝洞)で展開することと,本作のプロローグや設定が紹介された。

■ゼクス プロローグ

 今からそう遠くない未来。世界5ヵ所に突如出現した異世界への門「黒門(ブラックポイント)」。その門が開いた直後,それぞれの門から異形の生物の侵攻が開始される。
 異形の生物はそれぞれの門の先にある5つの世界の住人であり,5つの世界は異なる時間軸における地球の未来の姿だった。侵攻の目的はひとつ。5つに分かれてしまったために衰退した自分たちの未来を生き残らせるため,特異点となっているこの次元で,他の異世界の未来を絶つ事にあった。異世界の住人達の持つ人知を超えた力の争いに否応なく巻き込まれる人類。絶望的な状況を覆したのは,1枚のカード形デバイスだった。反撃の手段を手に入れた人類は,ある者を守るために,デバイスを手に戦いの輪に飛び込んで行く


・北海道・東北(緑)
 植物がすべてを飲み込もうとしている未来。ありとあらゆるものが植物に取り込まれており,人類も寄生されている。イラストレーターは竜徹氏。
Z/X -Zillions of enemy X-

・関東(黒)
 暴走した死の概念に支配されている未来。死こそが何よりも優先され,殺し合いが続いたために,消滅の危機に瀕している。イラストレーターは吟氏。
Z/X -Zillions of enemy X-

・中部・北陸(青)
 科学技術の発展に狂騒している未来。高度に発展した技術により,人と機械の境,物質とデータの境が失われつつある。イラストレーターは藤真拓哉氏。
Z/X -Zillions of enemy X-

・近畿・四国(白)
 精神生命体へ進化しようとしている未来。精神力の強さが翼の形に具現化した天使達を崇拝している。イラストレーターは碧風羽氏。
Z/X -Zillions of enemy X-

・中国・九州(赤)
 肉体的に退化した人類が,新たな器を作り出そうとしている未来。実験と称し,生み出した器たちを戦い競わせている。イラストレーターは小林智美氏。
Z/X -Zillions of enemy X-
※カッコ内は地域のイメージカラー。

 本作は3×3のスクウェアを使うTCGで,シンプルながらも攻防の駆け引きが味わえるルールがウリ。また,無料で始められるTCGとしても注目されている。カードは,全国100店舗で開催される体験会で構築済みデッキが無料配布されるほか,フリーカード冊子(切り取って使う)の配布と,公式サイトでの配信(ダウンロード後に,印刷して切り取る)が予定されている。
 なお,2012年4月28日より「紅蓮の英雄」と「漆黒の魔人」デッキ,2012年5月13日より「新緑の樹人」と「純白の天使」デッキ,2012年6月19日より「紺碧の機兵」デッキが順次配布される予定だ。無料のカードとは別に有料版もあり,こちらは第1弾「異形との邂逅(仮)」が7月27日に発売される。1パック7枚入りで294円(税込)。20パック入りのボックスは5880円(税込)だ。なお,無料のカードは背景が共通だが,有料版の背景にはイラストが描かれている。

Z/X -Zillions of enemy X-
 また,参加したプレイヤーの戦績がストーリーに反映されるストーリーイベント「英雄達の戦記(ヒロイックサーガ)」という企画も用意されている。ゼクスのソーシャルサイトもあり,そこに個人のページを持って,構築したデッキを公開することも可能だ。さらに,大会後はレポートを兼ねたストーリーが公開され,結果によって内容が変化する。これらは,Twitterやニコニコ動画とも連携することで,口コミでの情報拡散にも力が入れられる。

Z/X -Zillions of enemy X- Z/X -Zillions of enemy X-
Z/X -Zillions of enemy X-

Z/X -Zillions of enemy X- Z/X -Zillions of enemy X-

公式サイトで登録すると,店舗応援コミュニティ「Z/X公認ギルドシステム」に参加可能。参加店舗にはさまざまな特典がある
Z/X -Zillions of enemy X- Z/X -Zillions of enemy X-

Vジャンプとのコラボも発表された。記事のタイアップはもちろん,7月21日(東京)と7月28日(大阪)に行われる「最強Vジャンプフェスタ」に出展される
Z/X -Zillions of enemy X-

追加カード「異形との邂逅(仮)」は7月27日に発売される。1パック7枚入りで294円(税込)。20パック入りのボックスは5880円(税込)だ
Z/X -Zillions of enemy X- Z/X -Zillions of enemy X-

 ここで,ゲスト陣によるトークセッションが行われた。登場したのは,日本一ソフトウェア 代表取締役社長の新川宗平氏,ガマニアデジタルエンターテインメント 商品開発部部長の市崎裕康氏,Vジャンプ編集部編集長 兼 最強ジャンプ編集部編集長の伊能昭夫氏,遊宝洞 代表取締役社長の廣木克哉氏,遊宝洞 ゲームデザイナーの八ッ塚俊一氏,ブロッコリーのプロデューサー 久保田俊介氏の6名。

ガマニアデジタルエンターテインメント 商品開発部部長の市崎裕康氏
遊宝洞 代表取締役社長の廣木克哉氏(左),遊宝洞 ゲームデザイナーの八ッ塚俊一氏(右)

Vジャンプ編集部編集長 兼 最強ジャンプ編集部編集長の伊能昭夫氏
ブロッコリーのプロデューサー 久保田俊介氏


 トークではまず,久保田氏が「初めての人にとって,TCGは若干ハードルが高いと思っている」と感想をコメント。だが,ゼクスではいかにハードルを下げられるか,とうことを目標にしたという。その答えの一つとして導き出されたのが,無料で始められて無料で続けられるという独自の展開だ。

 「システム面で意識したことは?」という質問については,廣木氏が「繰り返し遊んでもらえるテンポの良さ」と回答。加えて,「ルールを覚えやすくすることで店舗側の負担も減るのでは」とも話していた。さらに,ライトでもコアでもなく,ミドルユーザーを狙っていきたいと展望を語った。

 新川氏は,今後予定されているゼクスのコンシューマ展開について,「TCGをそのままコンピュータゲームにしただけではつまらない」とし,カードがレベルアップしたり,合成できたりするといった要素を提供したいと語る。
 市崎氏は,コミュニケーションの特化や,ゼクスを世界中に広げていくことなど,オンラインならではの展開を積極的に行っていきたいと話していた。

 「普段なかなか見られないカップリングなので,面白い化学反応が起こるのではないか」と自身の考えを披露した伊能氏は,「メディアの役割は,コンテンツを広めていくこと」とし,ゼクスを大々的に取り扱っていくと明言。最強Vジャンプフェスタ2012でゼクスを出展すると述べ,さらにVジャンプでのコミック展開も明かした。


ブロッコリー取締役社長 森田知治氏
 発表会の最後には,ブロッコリー取締役社長 森田知治氏が登壇。ゼクスを大きく育てていくためには,ショップ,ディーラー,卸業界,プレイヤーの意見/要望を重要視することが不可欠であるとコメント。「こんなものがあったらいいなという要望があったら,ぜひいただききたいです。ゼクスを,日本を代表するゲームに育てていきたいと思っていますし,育てていただきたいと思っています」と述べて発表会を締めくくった。


「Z/X(ゼクス)Zillions of enemy X」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Z/X -Zillions of enemy X-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月21日〜02月22日