お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/08/10 22:00

ニュース

Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 2022年8月10日,Samsung Electronics(以下,Samsung)は,新製品発表イベント「Galaxy Unpacked 2022」を開催し,「Galaxy」ブランドの新型スマートフォンや周辺機器を発表した。
 2021年に引き続き,夏に行われるGalaxy Unpackedは,折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z」シリーズを披露する場となっている。今回のイベントでも,「Galaxy Z Fold4 5G」(以下,Fold4)と「Galaxy Z Flip4 5G」(以下,Flip4)という2種類の製品が登場した。

Fold4(左)とFlip4(右)
画像集#001のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった


Galaxy Z Fold4


 Fold4は,本体を開いた状態の内側と,たたんだ状態の外側にそれぞれ有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンだ。

Galaxy Z Fold4。本体カラーはいずれも落ち着いた感じの3色展開となる
画像集#002のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 筐体には,既存の「Galaxy Z Fold3」と同じく,アルミニウム合金製のフレームを採用しており,IP8相当の防水機能に対応する点も変わらない。

IPX8相当の防水機能に対応する
画像集#003のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 Samsungによると,Fold4はFold3と比べて,筐体サイズ幅と奥行きが大きくなったという。一方,ヒンジ部分の改良により,折りたたんだときの厚みは減っており,片手でも持ちやすくなったという。また,公称本体重量は約263gと,Fold3からわずかに軽くなった。

ヒンジの改良で薄型化を実現
画像集#004のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 なお,今回もスマートフォン本体に,Samsung独自のスタイラス「S Pen」を収納できるスペースはないため,専用ケースに入れて持ち運ぶ形だ。ケースを使わずに使いたいという人にとっては残念なポイントかもしれない。

S Penは専用ケースに収納する
画像集#005のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 本体内側にあるメインディスプレイは,約7.6インチサイズで,解像度が2176×1812ドットの2つ折り可能な有機ELパネルを採用する。ディスプレイサイズは,Fold3と共通な一方で,解像度が異なり,Fold4のほうが長辺が短く,短辺が長くなった。

メインディスプレイを完全に開いた状態。ディスプレイは,Corningの化学強化ガラス「Gorilla GlassVictus+」で保護している
画像集#006のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

大きな画面を生かして,ゲームもプレイしやすいとSamsungはアピールしている
画像集#007のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 ディスプレイの最大リフレッシュレートは,120Hzなのだが,表示するコンテンツに合わせてリフレッシュレートを1〜120Hzの間で自動調整する機能を搭載する。たとえば,写真といった動きのないコンテンツを見るときの消費電力をより抑えられるかもしれない。

 外側にあるサブディスプレイは,約6.2インチサイズで,解像度が2316×904ドットと,Fold3からやや高精細となっている。リフレッシュレートは,48〜120Hzの可変式だ。

外側のサブディスプレイ
画像集#008のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 搭載SoC(System-on-a-Chip)は,Qualcomm製の「Snapdragon 8+ Gen 1」を採用する。これまでのSamsung製スマートフォンでは,販売する国や地域によって,自社製SoCの「Exynos」を搭載するケースがあった。しかし,今回発表となった2製品は,搭載SoCをSnapdragonに統一するようだ。
 メインメモリは,容量12GBのLPDDR5メモリを搭載。また,内蔵ストレージは,高速ストレージ用インタフェース規格「UFS 3.1」対応で,容量は最大512GBとなる。なお,Samsungのオンラインストアでは,容量1TBモデルも選択できるそうだ。

 内蔵バッテリー容量は,Fold3と同じ4400mAhだが,ディスプレイパネルの変更や,OSを含めたシステム全体の最適化によって,駆動時間を最大2時間延長したという。

Fold4のアウトカメラ
画像集#009のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった
 カメラ機能は,アウトカメラが標準と広角,望遠という3眼式を採用する。組み合わせる撮像センサーのスペックを見ると,「Galaxy S22」に近い。

 標準カメラに組み合わせる撮像センサーは,有効画素数が約5000万画素で,複数の撮像素子を1つにまとめて扱う「ピクセルビニング」に対応している。撮影する写真の画素数は,約1200万相当となる一方で,ピクセルサイズを大きく確保できるため,夜景など暗い場所で撮影した写真の画質向上が期待できそうだ。
 また,望遠カメラは,光学ズームの倍率が従来モデルの2倍から3倍に変更となった。より遠い場所を撮影することが多い人にとって使いやすくなったのではないだろうか。


Android 12L搭載でタブレットとして使いやすく


 ソフトウェアについても紹介しよう。Fold4では,OSにタブレット向けの「Android 12L」を搭載したのが大きなポイントだ。Android 12Lでは,マルチタスク,マルチウィンドウを前提としたタスクバーの導入や,ジェスチャー操作への対応が行われており,とくに大画面ディスプレイでの使いやすさが向上したという。

起動中のアプリが画面下部のタスクバーに並び,切り替えやすくなった
画像集#010のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 また,ディスプレイを途中まで開き,角度を付けた状態で利用する「Flexモード」に,サードパーティ製アプリが対応したこともポイントだ。まずは,NetflixとYouTubeアプリでユーザーインタフェースの最適化が行われるそうだ。いずれはゲームでも対応アプリの登場を期待したい。

Flexモード。NetflixとYouTubeアプリが,ユーザーインタフェースの最適化を行うという
画像集#011のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった


Galaxy Z Flip4


 一方のFlip4は,ディスプレイの中央部から縦方向に折りたたむと,手のひらサイズになるスマートフォンだ。

Galaxy Z Flip4
画像集#012のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 ディスプレイサイズと解像度は,既存の「Galaxy Z Flip3」と同じで,約6.7インチサイズ,解像度1080×2640ドットとなる。こちらもリフレッシュレートの自動調整機能に対応した。
 Flip4でもヒンジの見直しにより,筐体内部のスペースを広く確保したそうで,内蔵バッテリー容量が従来モデルの3300mAhから,3700mAhに増えた。また,筐体サイズ自体もわずかだが小さくなっている。

 搭載SoCは,Snapdragon 8+ Gen 1で,容量8GBのメインメモリと,容量128/256/512GBの内蔵ストレージを搭載する。

 Flipシリーズは,豊富なカラーバリエーションを用意するのも特徴だ。Flip4では,標準で「Bora Purple」「Blue」「Pink Gold」「Graphite」という4色を用意する。

Flip4は明るい色使いによる本体カラーが特徴だ
画像集#013のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 これに加えて本体カラーをカスタマイズできる「Samsung Bespoke Edition」では,5色の背面パネルと3色のフレームを組み合わせて,オリジナルのデザインを選べるとのことだ。。

Samsung Bespoke Editionは,最大75通りのデザインから気に入ったものを選べる
画像集#014のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 アウトカメラは,標準と広角の2眼式で,このうち,標準カメラに組み合わせる撮像センサーは,有効画素数は変わらないものの,サイズが大きくなった。機械学習による画像処理と合わせて活用することで,暗い場所で写真がより明るく撮影できるようになるという。

 また,Flip4のFlexモードでも,アプリの最適化が進んでおり,自撮りをするときにおいて,プレビュー画面の表示を改善した。安定して自立するので,手ブレのない自撮り写真が撮影できる。

インカメラ(左)とアウトカメラ(右)のどちらを使った自撮りでもFlexモードに対応する
画像集#015のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった 画像集#016のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

 なお,サードパーティ製アプリでは,InstagramがFlexモードに対応しており,Flexモードでもストーリーズやリールの投稿が可能になったそうだ。

 Fold4とFlip4の国内における販売予定は,いまのところ明らかになっていない。しかし,既存のFold3やFlip3の販売実績を踏まえると,おそらく2022冬春モデルとして国内キャリアから登場するだろう。折りたたみ式スマートフォンというと,ニッチな存在だが,世代を重ねるにつれて完成度が高まっており,スマートフォンの主役に躍り出る可能性を秘めている。とはいえ,原材料の高騰や円安傾向から,これまでに増して高価な製品になりそうなのが気になるところだ。

表1 Galaxy Z Fold4の主なスペック
メーカー Samsung Electronics
OS Android 12L
ディスプレイパネル ・メイン:7.6インチ有機EL,解像度1812×2176ドット
・サブ:6.2インチ有機EL,解像度904×2316ドット
プロセッサ Qualcomm製「Snapdragon 8+ Gen 1」
・CPUコア:Kryo(最大3.2GHz)
・GPUコア:Adreno
メインメモリ容量 12GB
ストレージ 256GB,512GB(同社オンラインショップのみ1TB)
アウトカメラ 3眼式
・標準:約5000万画素,F1.8,光学式手振れ補正対応
・広角:約1200万画素,F2.2
・望遠:約1000万画素,F2.4,光学式手振れ補正対応
インカメラ 展開時:約400万画素,F1.8
折りたたみ時:約1000万画素,F2.2
対応5Gバンド 未公開
対応LTEバンド 未公開
対応3Gバンド 未公開
無線LAN対応 未公開
Bluetooth対応 未公開
バッテリー容量 4400mAh
連続待受時間 未公開
連続通話時間 未公開
USBポート USB Type-C
公称本体サイズ ・展開時:130.1(W)×155.1(D)×6.3(H)mm
・折りたたみ時:67.1(W)×155.1(D)×14.2〜15.8(H)mm
公称本体重量 約263g
本体カラー GrayGreen,Phantom Black,Beige

表2 Galaxy Z Flip4の主なスペック
メーカー Samsung Electronics
OS Android 12
ディスプレイパネル ・メイン:6.7インチ有機EL,解像度1080×2640ドット
・サブ:1.9インチ有機EL,解像度260×512ドット
プロセッサ Qualcomm製「Snapdragon 8+ Gen 1」
・CPUコア:Kryo(最大3.2GHz)
・GPUコア:Adreno
メインメモリ容量 8GB
ストレージ 128GB,256GB,512GB
アウトカメラ 2眼式
・標準:約1200万画素,光学式手振れ補正対応F1.8
・広角:約1200万画素,F2.2
インカメラ 約1000万画素,F2.4
対応5Gバンド 未公開
対応LTEバンド 未公開
対応3Gバンド 未公開
無線LAN対応 未公開
Bluetooth対応 未公開
バッテリー容量 3700mAh
連続待受時間 未公開
連続通話時間 未公開
USBポート USB Type-C
公称本体サイズ ・展開時:71.9(W)×165.2(D)×6.9(H)mm
・折りたたみ時:71.9(W)×84.9×15.9〜17.1(H)mm
公称本体重量 約187g
本体カラー Bora Purple,Blue,Pink Gold,Graphite

 また,Samsungは,Galaxyブランドの周辺機器として,スマートウオッチの「Galaxy Watch5」と「Galaxy Watch5 Pro」,完全ワイヤレスイヤフォンの「Galaxy Buds2 Pro」も合わせて発表した。
 スマートフォンを中心に,そのコンパニオンウェアとなる機器のラインナップを拡充することで,Galaxyブランドへの囲い込みを狙う考えだ。
 
Galaxy Watch5(左)とGalaxy Buds2 Pro(右)。
画像集#017のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった 画像集#018のサムネイル/Samsung,折りたたみ式スマホ「Galaxy Z Fold4」を発表。Android 12L搭載で大画面でも使いやすくなった

Galaxy Unpacked日本語公式Webサイト

SamsungのGalaxyシリーズ製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Galaxy

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月03日〜10月04日
タイトル評価ランキング
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
46
30
地球防衛軍6 (PS4)
2022年04月〜2022年10月