オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Dragon's Prophet公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:24
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
2012年,アエリアが満を持して贈る新作オンラインRPG「Dragon's Prophet」とは? 
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/01/21 00:00

インタビュー

2012年,アエリアが満を持して贈る新作オンラインRPG「Dragon's Prophet」とは? 

Dragon's Prophet
 既報のとおり,アエリアは2012年1月18日,オンラインRPG「Dragon's Prophet」の日本における独占配信権契約を,台湾Runewaker Entertainmentと締結した。同タイトルは,古のドラゴンが創造したという大陸を舞台に,さまざまな種類のドラゴンを育成し,ともに冒険をするという内容だ。なおRunewaker Entertainmentは,アエリアがサービスしている「MysticStone -Runes of Magic-」を手がけるデベロッパで,Dragon's Prophetもまた,MysticStone同様に西洋ファンタジー系のグラフィックスを特徴の一つとしている。

 今回,4Gamerでは,開発元であるRunewaker EntertainmentのJohn Tang氏とTony Tang氏,および運営を担当するアエリア取締役オンラインビジネス本部長 乙田宗良氏から,同タイトルに関するプレゼンテーションを受ける機会を得たので,その内容を紹介していこう。


Dragon's Prophet
Dragon's Prophet


大きな特徴はパートナーとなるドラゴンの育成とサーバーの垣根を越えたコミュニティ


Dragon's Prophet
Dragon's Prophet
Dragon's Prophet
 Dragon's Prophetの最も大きな特徴となるのが,フィールド上を闊歩する多数のドラゴンである。本作におけるドラゴンは,いわゆる「龍」とほかのモンスターとのハイブリッドといった感じのもので,以下の8系統に分類される。

・タンクタイプ
・バランスタイプ
・スピードタイプ
・飛行タイプ
・滑空タイプ
・水中タイプ
・昆虫タイプ
・真龍タイプ

 このうち,最後の真龍タイプは強力な半面,かなりレアな存在となり,ゲーム中ではイベントなどの限定された状況でしか出現しないとのことである。またTang氏は,オープンβテスト時に8系統で合計300種類以上のドラゴンを用意すると話していた。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet

飛龍を使うと空中を移動できる。飛行速度は訓練によって向上する
Dragon's Prophet
 プレイヤーは,これらのドラゴンをパートナーにしてゲームを進めていくこととなるのだが,そのためにはまずドラゴンと契約を結ぶ必要がある。野生のドラゴンに近づき,騎乗アクションをとると地面にサークルが表示され,契約交渉(?)が始まる。プレイヤーは,逃げ出そうとするドラゴンをサークル内に留めるよう操作する必要があり,うまくいくとドラゴンの体力が徐々に減っていく。首尾よくドラゴンの体力をゼロにできれば契約成立だ。
 一方,ドラゴンの能力が高い場合にはプレイヤーの体力も削られていく。先にプレイヤーの体力がゼロになった場合や,ドラゴンがサークル外に逃げてしまった場合は契約失敗となる。

Dragon's Prophet
目的のドラゴンに近づき
Dragon's Prophet
飛び乗る
Dragon's Prophet
サークル内に収めるように制御
Dragon's Prophet
ドラゴンの体力が尽きるとマークが表示されて捕獲完了

Dragon's Prophet
 各プレイヤーは,最大30体のドラゴンと契約可能で,そのうち6体を「龍の巣」を使って同時に育成できる。育成には基本的なカリキュラムや給餌といった,いくつかの項目が用意されており,その内容に応じてドラゴンにスキルを習得させたり,体力や知性などのパラメータを伸ばしたりできる。また,あるドラゴンが習得したスキルを,ほかのドラゴンに伝承することもできるそうだ。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet

 ちなみに,Dragon's Prophetでプレイヤーが選べるクラスは,戦士系/ハンター系/魔術師系/ヒーラー系の4種類とシンプルである。しかし,4クラスそれぞれに習得スキルの異なる3系統の「才能」が用意されており,それがドラゴンの育成に影響を与えること,そしてプレイヤーが複数のドラゴンを使い分けることで,従来のクラスの概念には留まらない,より幅広い戦術/戦略を構築できると,Tang氏は説明する。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet

 「才能」というとちょっと分かりにくいのだが,大きなスキルツリーの系統だと思えばいいだろう。この3系統の才能のうち2種類はプレイヤーのクラスに依存し,もう一つは使用するドラゴンに依存する。同じクラスでも,どちらかの系統を重視してキャラ育成を行えば個性も変わってくるほか,クラス本来の傾向とは異なる才能を提供するドラゴンを選べば,まったく違うクラス系統のスキルも使えるという感じである。MysticStoneでのサブクラス選択と似ているが,ドラゴンは局面によって使い分けることができるので,より多彩な選択肢が提供されることになる。

左側2種類がクラスに依存する才能。右はドラゴンに依存する才能を示している
Dragon's Prophet

 Dragon's Prophetのもう一つの特徴が,コミュニティ面である。同タイトルでは,1パブリッシャが扱う全サーバーでプレイヤー情報を共有する設計となっており,サーバーが異なっていてもゲーム内メールのやり取りや,ギルドやパーティを組んで一緒に遊ぶことなどができるという。基本的な所属サーバーは違っても,インスタンスダンジョンなどは共有サーバーで展開されるので,サーバーが違っても一緒に遊べるようになっているのだ。

伺服器はサーバー,角色はキャラクター,副本はインスタンスダンジョン,資料はデータを意味する。キャラクターは共用サーバーと独立サーバーを行き来できることが分かる。共用サーバーでは,インスタンスダンジョンやハウジング,戦場,競技場などがサーバーを超えて利用できる。メールなどのデータもサーバーを超えてやり取りされる
Dragon's Prophet

Dragon's Prophet
 加えて全サーバーのプレイヤーが共有できる空間「領地」も用意される。領地は城と3つの街,そして資源採集フィールドで構成されており,プレイヤー各自が家を持つことができる。また家は個別のインスタンスゾーンではなく,ほかのプレイヤーから視認可能で,周囲に暮らすプレイヤーとともに町並みを作っていくこともできるそうだ。なお,一つの領地には最大8000人収容可能で,領地の総数はプレイヤー数に応じてパブリッシャが決定することとなる。

空き地を購入して,各自が思い思いの家を建築する。建築過程なども同じ領地の人ならリアルタイムで確認できる。室内だけなら,MysticStoneも非常に凝った部屋が作れるようになっていたのだが,今度は街ぐるみで作れるようになる
Dragon's Prophet

Dragon's Prophet
 さらに,各領地の所有権をめぐってギルド間で争う「領地戦」も繰り広げられる。勝利ギルドには領地内のプレイヤーやNPCから税金を徴収する権利が与えられるほか,領地内を発展させるための施設や,領地戦を有利にするための軍事施設を建設できるようになる。ショップの新設なども,建物を建築してNPCを配置していくといった細かいものとなる模様だ。

右:Runewaker President John Tang氏,左:Runewaker VP Biz Dev Tony Tang氏


現在の完成度は50%。日本では2012年内のサービス開始を予定


 そのほか,基本的なシステムをざっくり紹介していこう。まずキャラクターメイクは,自由度の高いタイプで,かなり細かいところまでカスタマイズ可能だ。現時点のものが最終形ではないようだが,顔では,眉や目,鼻といったパーツごとに4〜5つの調整項目があり,非常に作り込みがいがあると言える。内部的には200以上のパラメータがあるそうだが,どこまで表に出すかは検討中とのこと。

実際に現段階のものに触らせてもらった。パラメータの範囲設定の制限がかなり緩かったので,針金のように細い脚やとんでもなくアンバランスな体型なども作れたのだが,それは調整される予定。それでもかなり作り込めるものになりそうだ
Dragon's Prophet Dragon's Prophet

 戦闘にはオートターゲットシステムを採用しており,デフォルトではプレイヤーの向いている方向(正面付近?)で最も近い敵がターゲットとなる。
 攻撃は各種キーおよびマウスの左クリックにそれぞれアクションが割り振られており,それらを組み合わせてコンボを構成していく。またマウス右クリックでパワーをチャージして,威力の高い攻撃を放つことも可能だ。
 移動は,W/A/S/Dキーを中心としたFPS風のものが標準となっているが,このあたりはカスタマイズが可能だ。また,ゲームパッドにも対応予定とのこと。

戦闘の様子。巨大なボスとの対戦はモンハンのような雰囲気?
Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet

 なお近接攻撃は,武器の射程距離内にターゲットが入っていなければ空振りとなってしまう。逆に剣を振り回す攻撃では,射程距離に入っている敵ならターゲットでなくともヒットしたりと,アクションゲーム的な仕様となっている。今回は体験できなかったが,遠距離攻撃などではオートターゲット以外に手動で任意にターゲットを変更できるとのことだった。
 またジャンプ/回避行動やガードもできる。プレゼン用のバージョンでは仕様を試験的に変えているとのことなので,どこまでアクション要素を強めるのか分からないのだが,Tang氏は,最終的にプレイしていて高い爽快感をもたらすようなものに仕上げると話していた。

 また戦闘時のドラゴンはAIによって行動する。したがって,プレイヤーは大まかな指示だけ出してあとはAIに任せてもいいし,逆に細かく行動を指定することもできる。飛行タイプのドラゴンは空中戦も可能で,プレイヤーが背中に乗って戦うこともできるそうだ。

Dragon's Prophet
 ダンジョンは15〜30分程度でクリアできるタイプと,ストーリーに沿って展開しクリアまでに1時間以上を要するタイプの2種類がある。いずれも最大5段階の難度が用意され,基本的に最低難度はシングルプレイ用,最高難度はレイド用となる。ただし,レイドを適用できるのは一部のダンジョンのみのようだ。
 またダンジョンに登場するボスドラゴンも,契約に成功すればほかのドラゴン同様に育成可能になる。ただし巨大なボスドラゴンには,上記の領地戦など限定された状況でしか呼び出せないという制限がつく。街中などでは呼び出せないのだが,夢の広がる仕様ではある。

 こうしたシステムを再現するのが,Runewakerオリジナルゲームエンジン「RENA」である。RENAはグラフィックス表現が他社のゲームエンジンと遜色ないことに加え,同時に20トラック以上の音源を再生可能となっており,効果音や会話などは空間的な位置を反映して再生される。これにより,臨場感のあるゲーム内環境を実現できるという。

Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet

 気になるDragon's Prophetのサービス開始時期は,台湾で2012年7〜8月頃を予定しているという。Tang氏によれば,プレゼン用バージョンは50%程度の完成度とのことだが,それでも乙田氏は上記で紹介したような同タイトルの独自要素に極めて高い可能性を感じたと話す。

アエリア 取締役 オンラインビジネス本部長 乙田宗良氏
 「2011年,アエリアで次にサービスするタイトルを選定する中で,私自身,最もワクワクできるタイトル,そしてより多くの方に面白さや可能性を伝えたいと思ったタイトルがDragon's Prophetでした。またアエリアとRunewakerは,MysticStoneの運営・開発を通じて信頼関係を作っており,お互いに何を目指しているのか,あるいはお客様が何を求めているのかという部分をすでに共有できています。それはもちろん,これからのDragon's Prophetの開発にも反映されていきます。『2012年にサービスを始めるなら,このタイトルしかない』という確信を持ってプロジェクトを進めていますので,ぜひご期待ください」(乙田氏)

 日本におけるDragon's Prophetのサービス開始は,台湾でのサービス開始以降ということになるが,それまでの間にさまざまな情報が発表される予定となっている。4Gamerでも随時フォローアップしていくので,気になる人はチェックをお忘れなく。

Dragon's Prophet Dragon's Prophet Dragon's Prophet
Dragon's Prophet
  • 関連タイトル:

    Dragon's Prophet

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/05/04)
Today is The Day
発売日:
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月21日〜04月22日