オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「CEDEC 2012」のセッション総数は209件。一部はオンライン配信を予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/08/20 11:31

リリース

「CEDEC 2012」のセッション総数は209件。一部はオンライン配信を予定

CEDEC 2012
配信元 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA) 配信日 2012/08/17

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


セッション総数は、209 件。
CEDEC 開催模様の一部は、インターネットで同時中継。
CEDEC AWARDS 2012、コンペティション企画「CEDEC CHALLENGE」など
充実のプログラムで開催

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:鵜之澤伸、所在地:東京都港区西新橋)が主催する日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス『コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2012』(略称:CEDEC 2012 CEDEC=セデック:Computer Entertainment Developers Conference)が、いよいよ、次週8月20日(月)から22日(水)まで、「パシフィコ横浜」(神奈川県横浜市)において開催されます。

テーマは、コンピュータエンターテインメントが持つ多様性を、自らの発展の源泉として積極的に活かしていくことを標榜する強い意思を表明した「エンターテインメント・ダイバーシティ(Entertainment Diversity)」です。

本年も日本全国のコンピュータエンターテインメント開発者の皆様からのご要望にお応えして、CEDEC 2012の開催模様の一部を、ニコニコ生放送 ( http://live.nicovideo.jp/ )」でインターネットによる同時中継を行います。中継予定のセッションなど、詳しくは公式Web サイト URL http://cedec.cesa.or.jp/ をご覧ください。

事前の受講登録は、8 月13 日(月)をもって締切りました。当日会場ではデイリー/エキスポ/Co-loc パスを販売いたします。セッションごとの事前登録はございません。当日お好きなプログラムにご参加いただけます。


■セッション総数は、209 件(2011 年は、210 件)。基調講演・特別招待セッションでは、内外の有識者が講演。
http://cedec.cesa.or.jp/2012/program/

公式Web サイトでお知らせしておりますとおり、基調講演をはじめとするセッション総数は209 件となりました。

基調講演は、コンピュータエンターテインメント界の内外から、日本学術振興会・理事長 安西 祐一郎氏、INDUTRIAL LIGHT & MAGIC マットアーティスト・上杉 裕世氏、有限会社ソラ・代表 桜井 政博氏を演者としてお招きします。それぞれの立場から次世代のコンピュータエンターテインメントに求められる新たな知見が示唆されます。

また、特別招待セッションは、コンピュータエンターテインメント界からEpic Games, Inc. Founder, CEO and technical director ティム・スウィーニー氏と、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社 執行役員/プロデューサー山本 大介氏の2 名が登壇します。また、出版界から『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(以下、「もしドラ」)の著者・岩崎 夏海氏に講演いただきます。

ゲームデザインやゲーム開発の楽しさの再発見につながる開発秘話、世界的なマネジメント書をエンターテインメント化しようとの発想の経緯などに直接触れることで、ヒット商品を生み出す秘訣は、まずは開発そのものを楽しむという原点回帰が重要であることを想起させてくれます。


■コンペティション企画「CEDEC CHALLENGE」。初開催、「サウンドクリエイター大喜利!」に注目。
http://cedec.cesa.or.jp/2012/event/challenge/

会期当日会場で繰り広げられるコンペティション企画「CEDEC CHALLENGE」には、今回が初開催となる、提示される“お題”に応えてその場でジングルを制作する「サウンドクリエイター大喜利!」に注目が集まっています。

また、過去2 回多いに盛り上がった人気のプログラム同士の囲碁対局「超早碁九路盤AI 対決」、そして、昨年に引き続き実施する15 秒で相手を唸らせるコンセプトで競う「ペラ企画コンテスト 〜今年もガチバトル〜」これまで以上の熱い戦いが繰り広げられます。


■「CEDEC AWARDS 2012」授賞式では、「日本BGM フィルハーモニー管弦楽団」が演奏。
http://cedec.cesa.or.jp/2012/event/awards/

コンピュータエンターテインメントに関わる技術およびその開発者を表彰する『CEDEC AWARDS 2012』は、既報の通り、「特別賞」に株式会社エンターブレイン 代表取締役社長 浜村 弘一氏、「著述賞」には「テクニカルアーティストスタートキット 映像制作に役立つCG 理論と物理・数学の基礎」の著者である株式会社オー・エル・エム・デジタル 研究開発部門の曽良 洋介氏、Marc Salvati 氏、四倉 達夫氏の3 氏が決定しました。

8 月21 日(火)には、この「特別賞」「著述賞」の授賞式に加えて、「プログラミング・開発環境」「ビジュアル・アーツ」「ゲームデザイン」「サウンド」「ネットワーク」の5 部門でノミネートされた、合計25 の個人とグループの中から各分門の最優秀賞が発表・表彰されます。

さらに、今回は、本年7 月に発足したゲーム音楽を主体に演奏活動を行う「日本BGM フィルハーモニー管弦楽団」による演奏も行われます。


■学生に人気の「業界研究フェア」を今年も開催
http://cedec.cesa.or.jp/2012/oshigoto/

会期2 日目の21 日(火)、今回で4 回目の開催となるゲーム業界の仕事を紹介する「業界研究フェア〜ゲーム業界お仕事レシピ〜」を開催します。ゲーム産業の現状や将来、ゲーム会社の人材採用事情、現役ゲーム開発者による開発現場の生の声などをセッションやパネルディスカッションで紹介します。
※ セッションの模様は、インターネットによるライブ中継を行います。


■「CEDEC 2012 co-locatedevent」同時開催
http://cedec.cesa.or.jp/2012/program/CL/

昨年に引き続き、コンピュータエンターテインメント開発に関連のある技術分野で専門性の高いカンファレンスをCEDEC 会場に招致する「CEDEC 2012 co-locatedevent」として、8 月20 日(月)にはブロードバンド推進協議会が、8 月22 日(水)には情報処理学会が、それぞれ主催する9 件のセッションが行われます。

「CEDEC 2012」公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日