オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
日本人選手も4人出場! 「マジック:ザ・ギャザリング」世界選手権とド派手な新セット発表会の模様をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/09/10 00:00

イベント

日本人選手も4人出場! 「マジック:ザ・ギャザリング」世界選手権とド派手な新セット発表会の模様をお届け

会場のパラマウントシアター
マジック:ザ・ギャザリング
 2016年9月1日から4日までの4日間,アメリカ・シアトルで大規模ゲームイベント「PAX WEST」が開催され,そこでトレーディングカードゲームの元祖「マジック:ザ・ギャザリング」(以下,マジック)の世界選手権が行われた。
 PAX WESTはいくつもの会場にまたがって開催されるが,マジックはパラマウントシアターという,シアトルでもっとも古い劇場を舞台とし,写真からも分かるように,豪華な雰囲気がただよっていた。本稿ではその模様を,大会と同時に開催された9月末発売の新セット「カラデシュ(KALADESH)」発表会の情報と合わせてレポートしていこう。

劇場のステージ上で対戦
マジック:ザ・ギャザリング

「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイト



マジック世界選手権2016


 マジックの世界選手権は,優勝賞金7万ドルと世界一の名誉をかけ,4日間にわたり3つのフォーマット(スタンダード・モダン・ブースタードラフト)で戦われる。
 出場できるのは,世界で選び抜かれた24人のみ。年4回の国際大会であるプロツアーの優勝者や,大会で上位入賞すると獲得できるプロポイントを1年間で多く稼いだ人に出場権が与えられ,そのほかに,オンラインでの予選勝ち抜きによる枠なども用意されている。

 日本からは,以下の4人の選手が出場した。

左から瀧村和幸選手,玉田遼一選手,八十岡翔太選手,渡辺雄也選手
マジック:ザ・ギャザリング

 このうち玉田選手を除いた3人は,スポンサーのついたプロ選手だ。ここ数年,マジックの世界でもe-Sportsのようにプロ選手にスポンサーがつくことが一般的になってきている。
 プロ選手の多くはカードゲームショップなどの関連企業で働いたり,記事を執筆したりしながら,カードや交通費などの提供を受ける形だが,4人のうちTeam Cygames所属の渡辺選手は,ほぼ「マジック」だけで生計を立てているプロとして知られる。また,八十岡選手の所属するHareruya Prosは,カードショップ晴れる屋が擁するプロチームだが,日本国内だけでなくヨーロッパのトッププロが多数加入しており,国際的な大規模チームとなっている。
 以前は,大会前の調整は個人がそれぞれで行うのがほとんどだったが,最近はチームごとに泊まり込みで合宿をおこない,10人以上で集中的に練習することも珍しくなくなってきた。
 今回の出場選手には,スポンサー企業のロゴと国旗入りのユニフォームが配布された。

 世界選手権では,安定性が高く,プレイングがものをいうタイプのデッキが多く選ばれた。
 さすがに最強プレイヤーしかいないということでハイレベルの戦いが繰り広げられ,日本人選手の中では八十岡選手がぎりぎりでトップ4入りを果たし,決勝ラウンドに進出した。

世界選手権トップ4に残ったメンバーを紹介しよう。写真左の八十岡翔太選手(日本)は,脳内シミュレーションだけで完結し,練習をほぼしないことで知られるプロプレイヤーだ。ブレイジング・スピードと呼ばれるほどプレイングが早い天才肌である。
左から2番目のOliver Tiu選手(アメリカ)は,今年プロシーンに現れるや,たちまち新人賞を獲得し,世界トップ4に躍り出たという驚異の新星。まだ18歳で,この9月に大学生になったばかりだとか。
左から3番目のMarcio Carvalho選手(ポルトガル)は,1年の大会を通じて,もっとも多くドラフト戦で勝ったプレイヤーに与えられるドラフトマスター枠で出場した選手。腕が問われるドラフトでの勝率が非常に高い。
そして,一番右がグランプリで獲得したポイントが最も多い,グランプリマスター枠で出場したBrian Brawn-Duin選手選手(アメリカ)。世界中で毎週のように開催されるグランプリ大会をひたすら転戦してきた強者である
マジック:ザ・ギャザリング

 優勝したのは,Brian Brawn-Duin選手。もともとは渡辺雄也選手が作り出した,「バント人間」デッキを使用し,デッキに噛み合うドローに恵まれたことと,ほかの選手の選択したデッキに天敵が少なく,相性がよかったことに助けられた。
 準決勝で彼と対戦した八十岡翔太選手は,デッキ相性の悪さに相手のブン回りもあって,圧殺されてしまった。

 Marcio Carvalho選手との決勝は,2時間以上におよぶ長期戦になった。カードがずらりと並び合う複雑怪奇な盤面で一進一退を繰り返すも,Brian Brawn-Duin選手は一貫して集中力と冷静さを失うことなく,相手のわずかなミスをついて勝利した。世界中のグランプリを回って培われたタフさが生きた結果と言えるのではないだろうか。

マジック:ザ・ギャザリング
「プレインズウォーカーの炎」を模したトロフィーが激戦を見守る
マジック:ザ・ギャザリング
決勝ラウンドでは会場の雑音は聞こえず,相手の会話は聞こえるヘッドセットを着用して対戦

沈着冷静なプレイで優勝した,Brian Brawn-Duin選手
マジック:ザ・ギャザリング


新セット「カラデシュ」発表会


 冒頭にも書いたように,世界選手権の合間には,9月30日発売の新セット「カラデシュ(KALADESH)」の発表会も大々的におこなわれた。また,開発者や世界設定担当者によるパネルディスカッションや,有名人とお客さんが対戦できる各種イベントも開催されていた。

新メカニズムに関するパネルディスカッション
マジック:ザ・ギャザリング

発表会では,カラデシュへの招待状が天から降り注ぐという演出も
マジック:ザ・ギャザリング

マジックプレイヤーでもあるアメフト選手Chris Kluweさん(左)と,お客さんの対戦
マジック:ザ・ギャザリング

 「カラデシュ」は魔法と機械文明が融合した世界を舞台にした,色鮮やかで明るい雰囲気の新セットだ。魔法機械「アーティファクト」がテーマで,今までのマジックには存在しなかったカードタイプとして「機体」が登場する。最初はただの置物だが,クリーチャーを「搭乗」させることで動き出し,強力な効果を発揮するという趣向になっている。

搭乗させるクリーチャーが必要だが,強力な効果を持つ「機体」
マジック:ザ・ギャザリング マジック:ザ・ギャザリング

 今回の世界選手権では,カラデシュ同様に「発明博覧会」が開かれているという設定で,会場横の通りがテントを連ねた祭りになっていた。発明品として新カードが陳列されたり,金属製の大きな像を走らせて街中をパレードしたりといった趣向である。

マジック:ザ・ギャザリング
劇場内のもともとの装飾に,カラデシュの金属製の動物などが意外とマッチしている
マジック:ザ・ギャザリング
スタッフもみなカラデシュをイメージした衣装を着用
マジック:ザ・ギャザリング
雨模様の中,動く金属製の鹿の像とともに街中をパレード
マジック:ザ・ギャザリング
いかにもお祭りという風情の通り。テントの中では,ガラス細工や鍛冶職人の作業が見物できた
マジック:ザ・ギャザリング
新カードの陳列。黒い部分にはストーリーの核心が表記されていたが,最終日まで隠されていた
マジック:ザ・ギャザリング
マジックのコスプレイヤーが集合

 また,会場には世界各国から「特務大使」と呼ばれるインフルエンサーが招待され,それぞれ自分のYouTubeチャンネルなどで情報を発信していた。筆者もその枠で参加し,大会だけでなくWizards of the Coastのオフィス見学など,さまざまな体験をさせてもらった。

世界15か国から集まった特務大使(の一部)
マジック:ザ・ギャザリング

 アメリカではマジックの知名度が高いこともあり,会場内のサイドイベントで遊ぶ観客も多く,会場は毎日熱気に満ちていた。また,今回は「カラデシュ」に向けた全体的な演出にかなり力が入っていた。発表会などで新カードが1枚発表されるたび,日本時間では深夜にもかかわらずTwitterなどで一気に拡散され,世界が同時に盛り上がっているのを感じられたのも,貴重な体験だった。

 なお,「カラデシュ」は9月30日の発売が予定されている。9月24〜25日には,発売前にこの商品を遊べる「プレリリース・イベント」が全国のカードショップで開催されるとのことだ。

会場の片隅の床で遊ぶ子供たち
マジック:ザ・ギャザリング

PAX WESTとシアトルの風景


 PAX WESTのほかの会場も少しだけ見学できたので,写真で簡単に紹介したい。
 このイベントは各メーカーの新情報や発表もあれど,どちらかというとそれはメインではなく,アナログゲームや観客参加型イベントが多いことが特徴だ。コスプレイヤーや配信ブースの多さと言う点では,日本で言うところのニコニコ超会議のような雰囲気もある。

ひときわ目をひく巨大な恐竜。名前は「PAX REX」
マジック:ザ・ギャザリング

マジック:ザ・ギャザリング
「FINAL FANTASY XV」の試遊台
マジック:ザ・ギャザリング
ブースが大きく,注目度も高いデジタルカードゲーム「The Elder Scrolls: Legends」の展示
マジック:ザ・ギャザリング
インディーズゲームエリアも企業ブースも,変わらないくらい人が多い
マジック:ザ・ギャザリング
ボードゲームの貸し出しも行われていた。専用の会議室やロビーなどで好きに遊べる
マジック:ザ・ギャザリング
通りがかりのお客さん。ホテルや街中でもコスプレして歩いている人がたくさんいる
マジック:ザ・ギャザリング
クッションが敷き詰められた休憩エリア

 世界選手権の合間に,郊外の大規模ゲームショップ「Mox Boarding House」を訪れてみた。
 広いフロアがボードゲーム,TCG,ミニチュアゲームに分かれ,さらにレストランまで併設されている。入ってすぐのボードゲームエリアには,最近ドイツゲーム大賞を受賞した注目作や,少し古くなって5割引になったものなどが置かれていた。

マジック:ザ・ギャザリング

 TCGエリアにはデュエルスペースがあり,日本のカードショップと似た雰囲気だ。とくにアメリカらしいのが,ミニチュアゲームエリア。塗装されたフィギュアやゲーム用のテーブルがあらかじめ準備されており,大量のミニチュアを持ち込んで対戦している人の姿も見られた。

マジック:ザ・ギャザリング マジック:ザ・ギャザリング

 レストランでは無料でボードゲームの貸し出しも行われていて,食事をしながら自由にゲームを遊べる。こちらの人達は,カードやゲームが汚れることをあまり気にしないようだ。
 食事の値段もお手頃で,ドリンクバーがわずか2.5ドル,しかも時間制限なし。日本にあったら永遠に滞在できてしまいそうである。

レストランで食事やお酒とともにゲーム
マジック:ザ・ギャザリング

ライブラリーと名づけられた,貸し切り用の部屋。レストランにはこういった雰囲気の個室もいくつかある
マジック:ザ・ギャザリング

「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイト

  • 関連タイトル:

    マジック:ザ・ギャザリング

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月