オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/07 18:52

ニュース

超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売

 ジョイフルテーブルは,Nintendo Switch用ダウンロードソフト「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」を12月13日にリリースすると発表した。価格は1500円(税込)。

 本作は,スターフィッシュ・エスディから2007年にWii,2008年にPS2で発売された同名タイトルを移植したもの。諸事情のため流通数が少なく,中古市場では非常に高いプレミア価格がつけられている。なお,“諸事情”に関して「とある有名IPの新作として開発されていたため」という噂があるものの,実情は不明だ。

 Nintendo Switch版は若干の改良が施されており,ステージクリア時点でセーブを行えるらしい。

画像(004)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売
画像(005)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売 画像(006)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売
画像(007)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売
画像(008)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売 画像(009)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売
画像(010)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売 画像(011)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売
画像(012)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売 画像(013)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売

幻のアクションシューティングがSwitchで配信


オリジナルより、少し親切になった移植版


 株式会社ジョイフルテーブルは、12月13日(木)にNintendo e-Shop にて、Switch用アクションシューティングゲーム「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」のダウンロード配信を開始します。

 2007年にスターフィッシュ・エスディからWiiで発売され、翌年PS2で発売されたゲームの移植です。発売当時、諸事情あってあまり流通せず、中古価格が高騰するなど、幻と化していたのですが、Switchでプレイできるようになりました。

 オリジナルは、一度全ステージをクリアするまでステージセレクトが一切出来ない厳しいものでしたが、今作は、クリアした次のステージから始められ、少し親切です。

タイトル:「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」
プラットフォーム:Nintendo Switch ダウンロード専用
発売日:2018年12月13日
価格:1500円(税込)

■ ジャンル: 見下ろし型アクションシューティング
■ プレイ人数: 1〜2人(協力プレイによる2人プレイ)
■ レーティング: CERO A(全年齢対象)


ゲーム概要


 可愛い雪女が繰り広げる、コミカルアクションシューティング! 「つららショット」や「吹雪」を駆使して、恋路を邪魔する妖怪達をやっつけろ!

画像(014)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売 画像(015)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売


ストーリー 〜序章〜


「今日も会えるかしら・・・・・・。都兎(とと)、いくよ!」
 人間に恋する雪女がいた。名前を“沙雪”(さゆき)と言う。
 今日も風に乗り、雪うさぎの“都兎”と共に憧れの青年の様子を見に行く。
 もっとも、話はおろかまだ顔を合わせたこともないのだが。
「あれ・・・・・・ ? 今日は出てこないわね・・・・・・ ?」
 窓から青年を覗いてみると、陽も高いのに寝ているようだ。
 不審に思い、町のうわさを聞いて回る沙雪。
「ねえねえ、聞いた? 彼、妖怪の呪いで寝込んでいるらしいわよ!」
「ええ!? 妖怪? なに言っているのよ!」
「だって、見た人がいるって!」
 なんと、妖怪の呪いを受けてしまい、毎日うなされていると言うではないか。
 山に戻り文献を調べると、雪女族に代々伝わる"呪い消しの霊薬"というものがあるらしい。
 沙雪は決心し、青年のために材料を探す旅に出たのであった。


キャラクター


沙雪 さゆき

 この物語の主人公。
 好きな男のためならどんな苦労もいとわない。
 妹の小雪とはよく喧嘩するが、仲は良い。
 プレイヤー1の操作キャラクター。

画像(002)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売

小雪 こゆき

 沙雪の妹。
 音楽好きでバンドを組んでいるらしい。
 雪女族の美少女コンテストで姉と対決することに。
 プレイヤー2の操作キャラクター。

画像(003)超プレミアタイトル「雪ん娘大旋風 〜さゆきとこゆきのひえひえ大騒動〜」がNintendo Switchで復活。12月13日に発売

都兎 とと
 沙雪が作った雪ウサギ。
 「きゅぅ」としか喋れないのが玉にキズ。
  • 関連タイトル:

    ニンテンドーeショップ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月16日〜12月17日