オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
中 裕司氏の手がけるフライングアクション「天空の機士ロデア」が発表に! 「角川ゲームス カンファレンス2011 KICKOFF」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/01/20 21:00

イベント

中 裕司氏の手がけるフライングアクション「天空の機士ロデア」が発表に! 「角川ゲームス カンファレンス2011 KICKOFF」レポート

 本日(2011年1月20日),角川ゲームスは「角川ゲームス カンファレンス2011 KICKOFF」を,東京都内で開催した。カンファレンスでは,既報のとおり,新作アクションゲーム「天空の機士ロデア」Wii / 3DS)の情報が公開されたほか,2011年4月7日に発売予定のWii用ソフト「アースシーカー」の紹介や,今後の角川ゲームスの事業への取り組みなどが発表された。

角川グループホールディングス 代表取締役社長 佐藤辰男氏
 最初に登壇した角川グループホールディングス 代表取締役社長 佐藤辰男氏は,2009年4月に設立した角川ゲームスの事業をようやく披露できることに対する喜びを述べ,同社が,「メガソフトパブリッシャ」を標榜する角川グループ全体の,今後を占う存在になると続けた。さらに佐藤氏は,角川ゲームスが今後力を入れていくものとして「世界に通用するIPの育成」「販売統合によるグループ力の結集」「ソーシャルゲーム」の三つを挙げ,それに対する意気込みを述べた。

エンターブレイン ソフト開発局局長 竹田 健氏
 「アースシーカー」の紹介では,まずエンターブレイン ソフト開発局 局長 竹田 健氏が,現在のゲーム市場では新しいIPが苦戦しがちなことに言及。しかし,新しい発想に取り組まなければ,ゲーム市場は縮小していく一方であると指摘し,同タイトルもシリーズとして展開したいと展望を述べた。



ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー
ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー
ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー
ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー

ロデア・ザ・スカイソルジャー
 具体的なゲームの内容は,開発元であるクラフト&マイスター 取締役 エグゼクティブディレクター 船水紀孝氏と,エンターブレイン 代表取締役 浜村弘一氏によって行われた。このゲームの主人公は,コンピューターによって生み出された新人類「アースノイド」。彼らは,地球からの脱出を余儀なくされた人類の遠い子孫であり,ゲームの目的は“第2の地球”となるはずだった彼らの惑星の上で,地球から持ち込んだものの散逸してしまった「地球の遺産」を集めていくことだ。

クラフト&マイスター 取締役 船水紀孝氏
エンターブレイン 代表取締役社長 浜村弘一氏

ロデア・ザ・スカイソルジャー
 船水氏は,ゲームのコンセプトを「誰でも遊べるアクションゲーム」と説明し,その最も大きな特徴として,「タイムストップバトル」を挙げた。「アースシーカー」の戦闘では,プレイヤーが直接攻撃をするほか,6体の小さなサポートキャラ“ガーディアン”が属性効果のある遠距離攻撃を行うのだが,戦闘中は,いつでも時間を止めて彼らに細かい指示を出せるのだ。会場では船水氏によって,実際に複数のガーディアンに指示を出し,合体魔法を使う様子などが披露された。

 また「アースシーカー」は,DSiウェア「おでかけ!アースシーカー」とも連携している。「おでかけ!アースシーカー」では,ゲーム本編で使うアイテムを生産したり,見つけた遺産をクリーニングして秘密のアイテムを入手したりできるとのこと。詳細は,追って公開される予定だ。
 さらに会場では,同タイトルのテレビCMに,お笑い芸人のブラックマヨネーズが出演することも発表された。

ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー
ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー
ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー

「アースシーカー」公式サイト



ロデア・ザ・スカイソルジャー
 「天空の機士ロデア」Wii / 3DS)の紹介では,角川ゲームス 開発部 プロデューサー 長谷川 仁氏と,開発元のプロペ 代表取締役社長 エグゼクティブプロデューサー 中 裕司氏が登壇した。両氏は「飛行アクション革命」と銘打たれた本作が,極めて簡単な操作で自在に空を飛べる作品であることをアピール。進みたい方向にポインターを向けて,Wiiリモコンを振ったりボタンを押したりするだけで,スピーディな移動や攻撃が簡単に行えると説明した。
 またボス戦にもこだわりがあり,本作に登場するボスには,これまで中氏が手がけたゲームの中でも最大級のものが揃っているとのこと。プレイヤーはその周囲をグルグル飛び回りながら,弱点を探し出し,撃破を狙うのだ。

角川ゲームス プロデューサー 長谷川 仁氏
プロペ 代表取締役社長 中 裕司氏

 本作は「空をテーマにしたファンタジー」であり,ゲーム内では“1000年の時空をかける機械と人の物語”が描かれていく。シナリオは「テイルズ オブ」シリーズを手がけた実弥島 巧氏が担当。会場では主人公「ロデア」の声を演じる声優の中村悠一さん,およびヒロイン「イオン」の声を演じる花澤香菜さんのビデオメッセージが上映され,ロデアが人ではない機械の兵士であることや,イオンが周囲を振り回す元気な機械オタクの女の子であることなどが紹介された。二人のテンポの良いセリフの掛け合いは,中氏の作り出すスピーディなゲーム展開と非常にマッチしているとのこと。

ロデア・ザ・スカイソルジャー
ロデア・ザ・スカイソルジャー ロデア・ザ・スカイソルジャー

 最後に中氏は,本作がストーリーのしっかりしたアクションゲームであることをアピールし,さらに2〜4人でフライングアクションの腕を競う対戦モードが用意されることも明らかにした。また,今回のゲーム紹介はWii版の映像によってなされたが,長谷川氏はニンテンドー3DS版に言及し,この作品の3DS版が「角川ゲームスの3DS参入タイトルになる」と説明した。なお本作はWii版/3DS版ともに発売日&価格未定となっている。

「天空の機士ロデア」公式サイト



 その後に行われたトークセッションには,角川ゲームス 代表取締役社長 安田善巳氏と,ゲストのグラスホッパー・マニファクチュア CEO 須田剛一氏が登場。須田氏が「アースシーカー」について「船水さんによる“新しいゲームデザイン”の発明」と感想を述べると,安田氏は「チェーンバトルが面白いのでせひ実際に体験してほしい」と返していた。
 「天空の機士ロデア」について,須田氏は空を飛ぶ軽快なアクションがWiiリモコンだけで操作できることに刺激を受けたと述べた。安田氏は「中さんと実弥島さんの個性のぶつかり合いも見どころ」と述べ,完成までにはまだ少し時間がかかるが期待していてほしいと続けた。

角川ゲームス 代表取締役社長 安田善巳氏
グラスホッパー・マニファクチュア CEO/ゲームデザイナー 須田剛一氏

任天堂 代表取締役専務 波多野信治氏
 そのほか会場では,3DS用ソフト「フィッシュオン」が2011年春に発売予定であることや,角川書店,アスキー・メディアワークス,エンターブレインなど角川グループのゲームパブリッシング事業が,2011年4月から角川ゲームスに一本化されることが発表された。
 カンファレンスの最後には,任天堂 代表取締役専務 波多野信治氏がスペシャルゲストとして登壇。世界でも実績のある船水氏と中氏の手がける新作タイトルへの期待を述べるとともに,今回,新たな挑戦をする角川ゲームスにエールを送った。

「アースシーカー」公式サイト


「天空の機士ロデア」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ロデア・ザ・スカイソルジャー

  • 関連タイトル:

    ロデア・ザ・スカイソルジャー

  • 関連タイトル:

    アースシーカー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月21日〜08月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月