オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ファンタシースターオンライン2」で衝撃の新コンテンツが1月に登場。Vita版の詳細を含め,今後の展開を酒井プロデューサーと木村ディレクターにたっぷり聞いてきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/12/06 00:00

インタビュー

「ファンタシースターオンライン2」で衝撃の新コンテンツが1月に登場。Vita版の詳細を含め,今後の展開を酒井プロデューサーと木村ディレクターにたっぷり聞いてきた

スマートフォン版「ファンタシースターオンライン2es」の延期は,ライト層にも楽しめる内容にするため


4Gamer:
 では次に,スマートフォン版「ファンタシースターオンライン2 es」についてお聞きします。こちらは当初の予定からリリースが延期されましたね。

酒井氏:
 「es」に関しては,αテストを実施するくらいの段階まではでき上がっていたんですけど,もう少しクオリティアップが必要だろうということで,たいへん申し訳ないのですが,延期を決定しました。

4Gamer:
 クオリティが足りていないと判断されたのは,どの部分なんですか?

酒井氏:
 TGS 2012でお見せしたバージョンも,ゲームとしてそれなりに成り立っていたと思いますし,ユーザーさんからも良い評価をいただいてはいたので,ゲームの内容自体は,それほど変えなくてもいいとは考えています。
 ただ,サブデバイスとしての機能と,新しいユーザーさんに遊んでいただくための部分が,まだまだ足りていないんです。そのあたりを突き詰める必要があるという判断から,一回リセットをして練り直すことにしたんです。

木村氏:
 戦闘部分やクエスト部分でいえば,TGS 2012のときのバージョンよりもクオリティは上がっていて,そこだけを切り出したらお見せできるレベルになっているんです。ただ,トータルとして見るとぜんぜん足りていないと思っています。

4Gamer:
 そうだったんですか。

酒井氏:
 これまでのシリーズでも,フィーチャーフォンやブラウザでの展開をしてきたのですが,ライトユーザーさんにとってはハードルが高い部分がありました。その部分をもう少しなんとかしないと,やはりライトユーザーさんには楽しんでもらえません。
 今の「es」では,UIであったりシーケンスであったり,ユーザーフレンドリーという部分で言えば,スマートフォンのタイトルとして「これくらいは必要だ」という水準にまだまだ届いていないので,「どれくらい簡単にするか」という部分にもっと注力しなければいけないということです。
 スマートフォンのゲームは流行がどんどん変わっていくので,本当は時期を逃す前に早く出したいんですけどね。

木村氏:
 今は,スマートフォンの性能も爆発的にアップしているのでいいゲームを作れますし,ユーザーさんも,我々が思っていた以上にスマートフォンで遊べるゲームらしいゲームを望んでいます。そんな状況の中でリリースを延期せざるを得ないのは,僕らとしても本当に残念です。

4Gamer:
 では,「es」のリリース時期はいつ頃になりそうなのでしょうか。

酒井氏:
 しばらく考えないといけないので,まずはVita版を完成させてからですね。

木村氏:
 「es」も正式リリース前にテストを実施することになると思いますので,Vita版をリリースしたあとには,テストのスケジュールなどを発表できるようにはしたいですね。

4Gamer:
 ちなみに,iPhoneはともかく,Androidは端末によってスペックがまちまちですが,対応端末の目安はどのくらいなのでしょうか。

木村氏:
 一応,Android OS 2.3以降に対応する端末なら動くように開発中なので,対応可能な端末はけっこう多いと思います。iPhoneは,今のところiPhone 4以降であれば大丈夫です。


不正利用者とは断固として戦い続ける


4Gamer:
 では続いて,PC版についてお聞きしたいと思います。正式サービス開始以降,毎月のようにアップデートが続いていますが,プレイヤーの反響はどうですか?

木村氏:
 アップデートの内容自体は予定どおりに実装できてはいるんですけど,状況を見ながら実装しようと思っていた新規コンテンツが,ユーザーさんのニーズとかけ離れていたりとか,ツメが甘かったですね。とくに10月のアップデートでは,皆さんにご迷惑をお掛けしてしまったなと反省しています。

酒井氏:
 ユーザーさんがついてきてくださっているにも関わらず,我々が対応しきれてない部分もかなりあります。そういう意味では,とくにこの2か月は,申し訳なかったなと思っています。
 ユーザー層もヘビー寄りになっていくんじゃないのかと予想していたところがあったのですが,想像以上に,まだまだライトユーザーさんにプレイしていただけている状況だったので,今後も,そういう方がしっかりと続けていけるようなものにしていきたいです。

4Gamer:
 ちなみに,現在の同時接続者数はどれくらいなんですか?

酒井氏:
 ここ数か月は落ち着いていて,だいたい最大5〜6万人前後です。月当たりのユニークユーザー数も30万人くらいですから,国内のオンラインRPGとしては最高レベルの高い数字を維持できているとは思います。

4Gamer:
 では,直近の不正利用者対応状況はどうなっていますか。10月のあたりで,万単位の不正利用者のアカウント停止が行われているようですが。

酒井氏:
 10月に新しい検知システムを導入したので,その数字が現れている形ですね。アカウントを停止した不正利用者の数で言えば,11月は約8万とかなりの数になっています。

4Gamer:
 不正利用者が増えたのは最近なんですか?

木村氏:
 9月のアップデートを境に増えてきましたね。10月末くらいがピークで,実際にそれがサーバーの負荷にもつながってしまいました。
 我々も不正利用対策でやらなくてはいけないことがたくさんありますが,まずは,普通にプレイされているユーザーさんに影響が出ないように,10月末から11月にかけてサーバー負荷対策を優先して,元来の計画を前倒しして対応したという状況です。ですから,12月5日のアップデートでは,マップが重くなるといったことはさすがに起きないとは思います。
 とは言っても,不正利用者をゼロにはできていないですし,新しい不正アカウントも日々増えていますから,さらに対応を進めていかなくてはならないと考えています。そこは断固としてやっていきます。

酒井氏:
 これまでは,今ほど不正利用者が氾濫している状況ではなかったんですけど,ここ最近は本当に多くなってきましたね。アクション性が強いゲームだけに,どうしても一部の処理をクライアント型にせざるを得ないんですけど,そのあたりを悪用されてしまうことがあるんですよ。
 ユーザーさんからは「GMを巡回させろ」というご意見もいただくんですけど,「PSO2」には10のシップでブロックが500以上あります。それぞれのブロックで受注されるクエスト数を考えると,GMにすべてのブロックを巡回させるというのは,正直に言って現実的ではないんですよね。なので,結局は検知システムを用意したほうが効率がいい,というのが現状です。

4Gamer:
 処罰の対象はRMT業者と,それを利用したプレイヤーがメインなのでしょうか。

木村氏:
 今のところは,業者をはじめとする不正アクセス対策がメインです。業者の“狩り”に便乗した人に関しては,グレーゾーンということもあって,告知・注意にとどめているので,まだ停止までは至っていません。ただ,それ以降に再び検知されたら,対処しなければならなくなってしまいます。

4Gamer:
 一般プレイヤーは,誤ったアカウント剥奪が起きないか,心配だと思うのですが。

木村氏:
 業者にヒントを与えてしまうことになるので詳しくはお話できないのですが,普通に遊んでいる限りは大丈夫です。その点はご安心ください。


大型アップデート第2弾「闇の集いし場」で登場するダークファルスはレイドボス。クラスレベル1から参加可能


4Gamer:
 “今冬”に大型アップデート第2弾「闇の集いし場」が実装されますが,この年末年始にかけて,どのような動きがあるのでしょうか。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2
木村氏:
 「闇の集いし場」では,12月上旬から何回かに分けてコンテンツを順次実装していくんですけど,12月5日のアップデートでは,武器の潜在能力解放が入ります。一部の武器を+10まで育てると,潜在能力を解放して,武器特有の能力を使用できるようになります。ただ,能力開放をすると+値は1回ゼロに戻ってしまうので,そこからまた強化していくことになります。
 どちらかと言うと,すべての人が楽しむというよりは,一部の強化をやり込むタイプの方に向けた要素ですので,こだわりたい方はぜひ頑張ってほしいですね。
 そして12月12日には,ついにダークファルスが実装されます。

4Gamer:
 いよいよですね。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2

PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2
木村氏:
 「PSO2」のダークファルスは惑星規模の超巨大エネミーで,「ファルス・アーム」と呼ばれる腕の形をしたダーカーの粒子が集まって合体した姿という設定なんです。まあ,粒子とはいっても,一つ一つが4〜5メートルくらいはあるんですが(笑)。
 惑星規模のダークファルスとはそのままでは戦えないので,まずはファルス・アームと戦ってその数を減らし,小さくなった本体の「ダークファルス・エルダー」と戦って倒すという,二段構えのクエストになっています。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

4Gamer:
 ファルス・アームを倒せばダークファルス・エルダーと戦えるんですか?

PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2
木村氏:
 順を追ってお話しすると,今までのボスエネミーとは違って,アークス全員で一致団結してダークファルスを倒すことになるんです。
 ダークファルスは緊急クエストで登場するのですが,そのときはファルス・アームと12人で戦うことになります。イメージ的には,ビックヴァーダーのようにボス戦のみといった感じですね。制限時間は30分で,その間にファルス・アームを一定数以上倒さないと,ダークファルス・エルダーと戦えるクエストは出現しません。
 倒したファルス・アームの数はシップ単位でのカウントになるので,同じシップのユーザーさん同士で協力しないと倒せないんですよ。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

4Gamer:
 いわゆるレイドボス的な扱いなんですね。

酒井氏:
 以前から,「PSO2」でも「ファンタシースターユニバース」のマキシマムアタックのような大人数参加型のクエストをやりたいとは思っていたのですが,ダークファルスでようやく実現できました。

木村氏:
 ダークファルス出現時には「ダークファルスが接近しています!」というアナウンスが入るなど,ロビーの演出も今までの緊急クエストとは若干違った趣向を凝らしています。また,緊急クエスト発生中は,5分に1回くらい「討伐率は何%です」というゲーム内メッセージが出ますから,気分も盛り上がってくるんじゃないでしょうか。

4Gamer:
 ダークファルスに挑戦するクエストに,クラスレベルの制限などはありますか?

木村氏:
 クエストは各難易度を用意していて,ノーマルであればクラスレベル1の方でも参加できます。ただ,ダークファルスのレベルはノーマルでも20くらいあるので,クラスレベルが低いとメチャクチャ苦戦すると思いますよ。

4Gamer:
 大人数参加型コンテンツでは,たとえばですが,制限時間の半分が経過したときに討伐率が50%に達していないと,自分1人ががんばってもどうしようもないと,諦めムードが漂いそうな気もするのですが。

木村氏:
 ファルス・アーム討伐のカウントは,クエストの難易度で差をつけているんですよ。当然,難易度が高いほうがカウントは伸びやすいですから,ベリーハードで挑戦していただいたほうが,本体戦にたどり着きやすくなっています。

4Gamer:
 なるほど。達成率の伸びが悪かったら,挑戦するクエストの難易度を上げればいいわけですね。

木村氏:
 難易度設定はそんなにキツくしていないですし,たいていは達成できるとは思います。そもそもユーザーの皆さんは,僕らの予測を大きく超えてくれることが多いですから(笑)。

4Gamer:
 緊急クエストということは,発生する時間がまちまちとなるわけですが,深夜とか早朝とか,同時接続者数の少ない時間帯にプレイしている場合はどうなるのでしょう。

木村氏:
 緊急クエストの目標値は,発生したときのシップ内の人数で決まるので,人が少ない時間に発生したときは,ピークタイムよりも目標値が下がります。時間帯によって不利な状況になったりはしませんので,ご安心ください。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2


強力なプレイヤーのクローンがプレイヤーを苦しめる? まったく新しいタイプのコンテンツが1月に登場


4Gamer:
 年越しに向けてのイベントなどは用意されているんですか?

木村氏:
 12月26日に年内最後のアップデートがあって,お正月にちなんだACスクラッチが実装されます。お正月仕様のロビーも用意しているのですが,切り替えは12月31日の23時59分です。年が明けた瞬間にリアルタイムにロビーがお正月仕様に変わりますので,ぜひ年越しはロビーで迎えてください(笑)。

酒井氏:
 でっかい鳥居が出てくるので,かなりビックリすると思いますよ。あと,年明けにもいろいろと新しいことをやる予定です。

木村氏:
 「闇の集いし場」最後の更新は,2013年1月9日に実装予定なのですが,そのタイミングで新しいシステムを導入する予定なんです。

4Gamer:
 どんなシステムなんですか?

木村氏:
 まだ正式名称は決めていないんですけど,「捉えられたアークスのクローンが,ダーカーによって生み出されてしまう」という特殊なシステムが入ります。
 開発では「脱出クエスト」って呼んでいるんですけど,プレイしていて特定の条件を満たすと,プレイヤーが突如ダーカーの巣みたいなところに強制的に飛ばされてしまうんですよ。そこから脱出するのがクエストの目的になるという,通常とは逆のシチュエーションが発生します。

4Gamer:
 普通は,プレイヤー側から攻めていくわけですからね。

木村氏:
 さらに,通常のクエストと違って,キャンプシップは使えないんですよ。脱出するにはクリアするか,リタイアしてロビーに戻るしかないという。
 そしてクリアすればいったんクエストは終わりますが,クリアしたデータがダーカーによって記録されて,そのアークスメンバーのクローンが生み出されるんです。そして今度は,そのクローンが敵として襲ってくるようになるんですね。これを開発では,「クローンアークス」とか「アークスの模倣隊」と呼んでいます。

4Gamer:
 それは興味深いですね。どういう状況で脱出クエストは発生するんですか?

木村氏:
 まだ詳細は言えないんですけど,ダーカーの狙いは優秀なアークスメンバーのコピーを作ることなので,“優秀”なプレイをしている方が優先的にさらわれることになるでしょう。

酒井氏:
 ちなみに,クローンには元となったアークスメンバーの名前や称号がそのまま表示されるようにしているので,ユーザーさんの間で話題になるんじゃないでしょうか。「昨日から,○○ってヤツがエマージェンシートライアルに出るんだけど,アイツえらい強いんだよ!」みたいに(笑)。

木村氏:
 見た目はもちろん,スキルやフォトンアーツも脱出クエストで連れ去られたときの状態が記録されていますから,強いユーザーさんであるほど,脅威になるわけですね。ちなみに,オートワードも反映されます。

4Gamer:
 他プレイヤーのキャラクターをAIキャラとしてクエストに連れていける,フレンドパートナーのシステムをうまく転用したような感じですね。
 ちなみに,自分のクローンアークスが出現しているかどうかを知る術は,他プレイヤーから噂を聞くしかないんですか。

木村氏:
 クローンは何体も登録されるので,出現はランダムではあるんですけど,クローンアークスに登録されている方は,自分のクローンに出会いやすいようにしています。
 また,レアなトライアルなので,クリアするとフォトンスフィアがもらえるのですが,自分のクローンを倒すと,より多くのフォトンスフィアを入手できる,というボーナスもあります。言わば,“自分自身を倒した称号”みたいなものですね。
 僕らもテストプレイをしているんですが,プレイヤーのクローンは無茶苦茶強くて,倒すのは相当キツイですね。普段は,ダーカーとか原生生物を蹂躙しまくっていますけど,彼らの気持ちがちょっと分かりました(笑)。

酒井氏:
 コンセプトは「死よりも恐ろしいことがある」なんですよ。当初はペナルティとかもいろいろと考えてたんですけど,最終的には,さらわれた人がなんだかんだで喜びそうなものになりました(笑)。「PSO2」を企画していた頃から,こういうことをやりたいと考えていたのですが,ようやく実現できます。

木村氏:
 直接のPvPではないんですけど,プレイヤー対プレイヤーみたいなことを間接的に実現するような感じですね。あまり他のゲームにはない要素なんじゃないでしょうか。
 「闇の集いし場」では,ダークファルスが出たら終わりと思う方もいるかとは思いますが,1月もクローンアークスのシステムを実装して,Vita版のクローズドβテストがあってと,かなり目白押しの内容になっています。

4Gamer:
 それでは最後に,読者に向けてのメッセージをお願いします。

木村氏:
 2013年2月のVita版リリースまで,PC版では間髪入れずにアップデートを続けていきます。もちろん,Vita版のリリース以降もどんどんアップデートを実装していきますので,これからも「PSO2」にご期待ください。

酒井氏:
 まず,10月はいろいろとご迷惑をお掛けして,ユーザーの皆さんには,たいへん申し訳なかったと思っています。
 12月のアップデートではダークファルスも入りますし,新しい展開が目白押しです。休止していたという方も,この機会にぜひ参加していただければ,また楽しめると思います。
 「闇の集いし場」のアップデートがひととおり入ると,我々が当初考えていた「PSO2」の形が完成するので,そこからまたVita版に向けて,新たなスタートを切れるんじゃないかなと思っています。
 現在PC版でばりばりプレイされている方と,Vitaから入ってきた新規の方が融合することによって,どんな世界が繰り広げられるのか,今から楽しみにしています。
 スマートフォン版は延期となってしまいましたが,「境界を超えるRPG」という我々の目標は諦めていないので,それに向けてさらに頑張っていきたいです。これからもぜひ「PSO2」の展開にご期待ください。よろしくお願いします。

4Gamer:
 ありがとうございました。


 今回の「PSO2」インタビューは,PC版/Vita版/スマートフォン版という,普通ならそれぞれ1本ずつ独立したインタビューにできるくらいの話を聞いたので,相当なボリュームになってしまった。その代わりと言っては何だが,PC版のプレイヤー,Vita版「PSO2」に興味を持っている人にはとくに意義のある情報をお届けできたのではないだろうか。

 記事の冒頭でも書いたが,2013年2月28日のサービスイン以降は,PC版で実装されてきたアップデートの要素すべてが,Vitaでも楽しめるようになる。2013年1月7日までクローズドβテスターの募集が行われているので,Vita版「PSO2」をプレイしてみたいと考えている人は,VitaからPlayStation Storeにアクセスして応募してほしい(関連記事)。
 また,PC版でも,12月12日には「PSO2」初のレイドボスであるダークファルス,2013年1月には擬似PvP的な“新しい遊び”が実装予定など,今後も怒涛のようなアップデートが続いていく。
2013年2月に本格的なスタートを切る「境界を超えるRPG」で,「PSO2」は「ネットワークゲームに“革命”を起こす」ことができるのか,今後に期待したいところである。

「ファンタシースターオンライン2」公式サイト


  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2 es

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2 es

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/05/17)
ファンタシースターオンライン2 エピソード4 デラックスパッケージ【Amazon.co.jp限定特典付(アイテム未定)】
Software
発売日:2016-04-20
価格:3918円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日