オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS5/PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/10/28 01:00

ニュース

MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 2021年10月28日,MSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパンは,Intelの新型CPUである第12世代Coreプロセッサに対応した「Intel Z690」チップセットを搭載するゲーマー向けマザーボード計13製品を発表した。PCI Express(以下,PCIe)5.0に対応した拡張スロットを搭載したのに加えて,M.2 SSD用スロットやUSB 3.2 Gen 2 x2対応ポートを増やしたのが特徴だ。

画像集#001のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 製品ラインナップは以下のとおり。

  • MEG Z690 ACE:E-ATX,DDR5対応
  • MEG Z690 UNIFY:ATX,DDR5対応
  • MEG Z690 UNIFY-X:ATX,DDR5対応
  • MEG Z690I UNIFY:Mini-ITX,DDR5対応
  • MPG Z690 CARBON WIFI:ATX,DDR5対応
  • MPG Z690 CARBON EK X:ATX,DDR5対応
  • MPG Z690 FORCE WIFI:ATX,DDR5対応
  • MPG Z690 EDGE WIFI:ATX,DDR5対応
  • MPG Z690 EDGE WIFI DDR4:ATX,DDR4対応
  • MAG Z690 TOMAHAWK WIFI:ATX,DDR5対応
  • MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4:ATX,DDR4対応
  • MAG Z690 TORPEDO:ATX,DDR5対応
  • MAG Z690 TORPEDO EK X:ATX,DDR5対応

 このうち,現時点で国内発売が決定しているのが,MPG Z690 CARBON WIFIとMPG Z690 FORCE WIFI,MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4の3製品となる。そのほかの製品については,改めて発表するとのことだ。

MPG Z690 CARBON WIFI
画像集#002のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

画像集#003のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表
MPG Z690 FORCE WIFI
画像集#004のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表
MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4

 第12世代Coreプロセッサは,前世代の第11世代CoreプロセッサからCPUパッケージが変更となり,それにともないCPUソケットも従来の「LGA1200」から「LGA1700」へと変更となった。第12世代Coreプロセッサの性能を引き出すために,MSI製マザーボードでは,上位モデルで最大19フェーズ,下位モデルでも14フェーズ以上のVRMを備えており,CPUに電力を供給する電源回路部分を強化したのが見どころだ。

上位モデルでは最大19フェーズの電源回路を搭載する
画像集#005のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 また,第12世代Coreプロセッサは,メモリコントローラがDDR4だけでなく,新たにDDR5にも対応している。MSIは,ハイエンド市場向け製品はDDR5に対応する一方で,ミドルレンジ市場向け製品では,DDR5対応製品とDDR4対応製品をそれぞれ展開する予定とのこと。どちらかというとDDR5への対応に力を入れている印象だ。

DDR4に対応する製品は,製品名の末尾に「DDR4」が付く
画像集#006のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 MSIによると,DDR5メモリはもともとクロックが高く,信号の安定性を確保するのが難しいそうだ。そのため,メモリスロットの取り付けに「表面実装」を採用した。スロットのリード線をマザーボード基板の孔に通す「スルーホール実装」と比べて,表面実装ではリード線を短くすることができるため,信号の安定性が向上するという。

メモリスロットは表面実装を採用する
画像集#007のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

基板の裏側を見ると,メモリスロット部分にリード線がないことが分かる
画像集#008のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 なお,DDR5メモリは,メモリモジュールをスロットに挿すときにこれまでよりも力がかかりやすく,基板がたわむことがあるとのこと。基板のたわみは信号の乱れにつながるため,オーバークロックメモリを使うことが多い上位モデルには,メモリスロットの裏側をバックパネルで補強して対策を施したそうだ。

上位モデルは,メモリスロット部分にバックパネルを搭載する
画像集#009のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 第12世代Coreプロセッサは,PCIe 5.0への対応も特徴の1つだ。MSI製のZ690搭載マザーボードは,すべての製品でPCIe 5.0に対応した拡張スロットを採用している。いまのところ,PCIe 5.0に対応したグラフィックスカードはないのだが,将来を見据えた実装だという。なお,この拡張スロットも表面実装しており,信号の安定性を向上させているとのこと。

MSI製Z690マザーボードは,一番上にある拡張スロットは必ずPCIe 5.0対応だという
画像集#010のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 このほかにも,MSI製Z690マザーボードでは,従来製品と比べて,M.2スロットやUSBポートが増えているのも見どころだ。は,Mini-ITX対応モデルであるMEG Z690I UNIFYを除く製品に,4基以上のM.2スロットを搭載している。さらに,高速なM.2 SSDの発熱対策として,SSDの表側と裏側の両方に冷却用のサーマルパッドとヒートシンクを備えるという。

M.2スロットは,取り付けるSSDの表と裏に冷却用のサーマルパッドとヒートシンクを装着する設計になっている
画像集#011のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

 なお,USBポートは,すべての製品でUSB 3.2 Gen 2 x2ポートを搭載するのに加えて,PCケースのフロントパネルと接続するUSBヘッダピンもUSB 3.2 Gen 2に対応している。

すべての製品にUSB 3.2 Gen 2 x2ポートを搭載
画像集#012のサムネイル/MSI,第12世代Core対応のZ690搭載ゲーマー向けマザーボード計13製品を発表

MSI日本語公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月02日〜12月03日
タイトル評価ランキング
75
真・女神転生V (Nintendo Switch)
67
DEKARON (PC)
66
BLESS UNLEASHED (PC)
64
ELYON (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年06月〜2021年12月