オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
豊富なクラスと傭兵システムに注目。オンラインタクティカルアクションRPG「ラングリッサー シュヴァルツ」プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/09 00:00

プレイレポート

豊富なクラスと傭兵システムに注目。オンラインタクティカルアクションRPG「ラングリッサー シュヴァルツ」プレイレポート

ラングリッサー シュヴァルツ
 ガマニアデジタルエンターテインメントは,9月8日から9日にかけて,自社タイトルのみを出展したプレス向けイベント「2011 Gamania Game Show」を,台湾の台北市にて開催している。同イベントに出展中のタイトルの中でも,とくに日本市場を意識して作られているのが,本稿で取り上げるオンラインタクティカルアクションRPG「ラングリッサー シュヴァルツ」である。
 タイトル名を見れば分かるように,これは1991年に発売されたメガドライブ版を第1作とするシミュレーションRPG,「ラングリッサー」シリーズをベースとするオンラインゲームだ。

ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ

 ラングリッサーらしさがどのあたりに反映されているか,コンシューマ版のファンにとっては気になるところだろうが,ガマニアのスタッフによると,シリーズおなじみの“女神の選択”が導入されているという。ゲームスタート時,女神からの質問にどう答えるかによって,ゲーム内でせめぎあう3勢力(光,闇,帝国)のどこに属するかが決まるとのこと。もちろん,所属した国によって異なるストーリーが用意されている。

 本作の大きな特徴は,プレイヤーが1キャラクターだけで戦うのではなく,部隊を率いて戦うところ。部隊は複数の“傭兵ユニット”と,マイキャラ自身とで構成される。傭兵ユニットは歩兵,騎兵,槍兵に大別でき,いわゆる“三すくみ”の関係にあるという。部隊を率い,敵のタイプに応じて傭兵を切り替えるという戦術的な要素は,“タクティカルアクションRPG”である本作の醍醐味といえる部分だろう。

 今回出展されていた試遊台は,MMOタイプの拠点エリア「聖地プラリス」で準備を整えてから,MOタイプのフィールドエリア「忌まわしき視線」に挑戦というセッティング。アンデッドが徘徊する薄暗い森林フィールドで最後に待ち受けるボスは,ビホルダーというモンスターだ。

ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ
ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ

 実際にプレイしてみると,傭兵の行動が思いのほか管理しやすく,一般的なアクションRPGと同様の感覚で楽しめる。傭兵は,敵が近づくと勝手に戦ってくれるし,“マイキャラを追尾”“その場で停止”“積極的に戦闘”というモードをワンキーで切り替えられる。そのため,プレイヤーはマイキャラの操作に集中しやすいのだ。
 また,マイキャラは必殺技的な“カード”も使える。カードはZ/X/Cキーにそれぞれ割り当てることができ,3種類×5列=15枚までセットできる。

ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ
ラングリッサー シュヴァルツ

 そのほか,スタッフに確認できた部分では,なかなかしっかりとしたクラスシステムが用意されているようだ。ウォリアー,パラディン,ライダー,アーチャー,メイジ,プリーストという6ルートが存在し,各ルートにはさまざまなクラスが,ツリー形式で用意されているのだ。どのクラスを選ぶかによって,指揮できる傭兵の種類が変化するため,自分がどのような部隊を編成したいかで,マイキャラのクラスを選ぶ必要がある。

ラングリッサー シュヴァルツ

ラングリッサー シュヴァルツ
ラングリッサー シュヴァルツ
 TGS 2010の出展バージョンと比べると,ゲーム内容は格段にグレードアップしていたが,ゲーム内世界やUIはまだ開発途中といった雰囲気。今回はプレイ中の画面接写がNGだったので,おそらく今後の開発作業を経て,さらなるブラッシュアップがかけられるのだろう。

 日本で遊べるのはもう少し先の話になりそうだが,ラングリッサーファンは続報を楽しみに待っていてほしい。


ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ
ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ

「ラングリッサー シュヴァルツ」公式ファンページ


「ラングリッサー シュヴァルツ」グローバルティザーページ

  • 関連タイトル:

    ラングリッサー シュヴァルツ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月