オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
飯野賢治氏がゲーム業界へ復帰? 任天堂,Wiiウェア「きみとぼくと立体。」を配信開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/03/26 18:12

ニュース

飯野賢治氏がゲーム業界へ復帰? 任天堂,Wiiウェア「きみとぼくと立体。」を配信開始

 あの飯野賢治氏が,ゲームクリエイターとして本格的に再始動したようだ。
 本日(3月26日),任天堂より発表および配信開始された新作Wiiウェア「きみとぼくと立体。」(1000Wiiポイント)のコピーライトには,

(C)2009 Nintendo
(C)2009 fyto


と記されている。

きみとぼくと立体。

 fytoといえば,飯野氏が率いるフロムイエロートゥオレンジに他ならない。ちなみにフロムイエロートゥオレンジは,Dreamcast用ソフト「Dの食卓2」(1999年)の開発元であるWarpが社名変更した組織だ(Superwarpという社名だった時期もあった)。
 10年以上前,ゲーム業界の風雲児と呼ばれ,さまざまな話題を振りまいた飯野氏。だが,Dの食卓2以降,ゲームクリエイターとして表舞台に立つことはなくなっていたのである。

 しかし2008年には,iPhoneおよびiPod touch用のゲーム「newtonica」「newtonica2」の音楽を担当するなどの動きを見せたことから,ゲーム業界への本格復帰が噂されていた。
 さらに今年に入ると飯野氏は,自身のブログで2月28日3月3日の二度にわたり,「GET BACK」と記された画像をUpし,それぞれの画像からGoogleの検索結果「2009年3月25日」と,Google Mapsの「moscone center」へとリンクを貼っていた。
 このことから,GDC09開催期間中に,飯野氏がゲーム業界へと“GET BACK”するのではないかとの予想が広まっていたのだが,その予想どおり,きみとぼくと立体。と共に戻ってきたということのようだ。


きみとぼくと立体。
 今回の作品は,Wiiリモコンを振って,人間によく似た「ニンゲ」という生き物を投げ,キューブ(立体)の上に乗せていくというゲーム。キューブはニンゲの重みで傾くため,ニンゲを乗せる位置とバランスを考えなければ,ニンゲが滑り落ちていってしまうのである。ちなみに本作は,2人同時プレイにも対応している。

 そして操作は,

Wiiリモコンを上下に2回振ってニンゲを2人生み出す
画面をポイントしてニンゲを投げたい場所をAボタンで2か所選ぶ
Wiiリモコンを振って,ニンゲを投げる

という三つだけ。Wiiリモコンに内蔵されたモーションセンサーと,赤外線センサ,そしてボタンをフルに活用しつつも,極めて単純な操作方法が選ばれているのだ。
 シンプルな操作方法で,シンプルなゲームを楽しませようという試みは,前述のnewtonicaシリーズにも通じるものがある。この10年の間に飯野氏が考えていたであろう,ゲームとユーザーインタフェースの関係性に対する一つの回答が,この作品で形になっているのかもしれない。

 ともあれ,ここ最近「世の中には飯野賢治が足りない」と思っていた人にとって,待ち望んだ作品といえるだろう。

きみとぼくと立体。 きみとぼくと立体。
きみとぼくと立体。 きみとぼくと立体。 きみとぼくと立体。
きみとぼくと立体。 きみとぼくと立体。 きみとぼくと立体。

「きみとぼくと立体。」公式サイト

  • 関連タイトル:

    きみとぼくと立体。

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月15日〜02月16日