オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ASUS,ゲーマー向けAMD 890FXマザー「Crosshair IV」を29日発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/04/27 15:10

リリース

ASUS,ゲーマー向けAMD 890FXマザー「Crosshair IV」を29日発売

Crosshair IV Formula,M4A89TD PRO/USB3,M4A89TD PRO
配信元 ASUSTeK Computer 配信日 2010/04/27

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

 ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は2010年4月27日、Advanced Micro Devices, Inc.(以下、AMD)のAMD 890FXチップセットとAMD SB850チップセットを搭載するマザーボード3製品を日本市場向けに発売することを発表いたしました。4月29日より順次販売を開始する予定です。

○発表製品

「Crosshair IV Formula」

Republic of Gamers Republic of Gamers

  • オーバークロック用途に特化した最高級のR.O.G.シリーズマザーボード
  • 対応ソケット:Socket AM3
  • 対応メモリ:DDR3-2000/1866/1800/1600/1333/1066×4(最大16GB)
  • チップセット:AMD 890FX+AMD SB850
  • 拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×3、PCI Express 2.0 x4×1、PCI×2
  • ストレージ:Serial ATA 6Gb/s×6、Serial ATA 3Gb/s×1、External Serial ATA 3Gb/s×1
  • USB:USB 3.0/2.0/1.1×2、USB 2.0/1.1×12
  • サイズ:ATX(305mm×244mm)
  • 価格:オープン価格(予想実売価格:31,000円前後)
  • 予定発売日:2010年4月29日

「M4A89TD PRO/USB3」
AMD 890FX搭載のミドルレンジマザーボード

Republic of Gamers Republic of Gamers

  • 対応ソケット:Socket AM3
  • 対応メモリ:DDR3-2000/1600/1333/1066×4(最大16GB)
  • チップセット:AMD 890FX+AMD SB850
  • 拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×2、PCI Express 2.0 x4×1、PCI Express 2.0 x1×1、PCI×2
  • ストレージ:Serial ATA 6Gb/s×6、External Serial ATA 3Gb/s×1、Ultra ATA/133×1
  • USB:USB 3.0/2.0/1.1×2、USB 2.0/1.1×12
  • サイズ:ATX(305mm×244mm)
  • 価格:オープン価格(予想実売価格:24,000円前後)
  • 予定発売日:2010年4月末〜5月上旬

「M4A89TD PRO」
AMD 890FX搭載のミドルレンジマザーボード(USB 3.0なしモデル)

Republic of Gamers Republic of Gamers

  • 対応ソケット:Socket AM3
  • 対応メモリ:DDR3-2000/1333/1066×4(最大16GB)
  • チップセット:AMD 890FX+AMD SB850
  • 拡張スロット:PCI Express 2.0 x16×2、PCI Express 2.0 x4×1、PCI Express 2.0 x1×1、PCI×2
  • ストレージ:Serial ATA 6Gb/s×6、External Serial ATA 3Gb/s×1、Ultra ATA/133×1
  • USB:USB 2.0/1.1×14
  • サイズ:ATX(305mm×244mm)
  • 価格:オープン価格(予想実売価格:22,000円前後)
  • 予定発売日:2010年4月29日

○製品の代表的な搭載機能
・広帯域のUSB 3.0とSerial ATA 6Gb/sに対応
 USB 3.0は、現在主流のUSB 2.0と比較して、約10倍もの転送速度を実現した次世代のUSB規格です。USB 3.0には、従来のUSB 2.0/1.1規格の機器も接続できます。また、Serial ATA 6Gb/sは、現在主流のSerial ATA 3Gb/sと比較して、2倍の転送速度を実現した最新のSerial ATA規格です。USB 3.0と同様に、従来のSerial ATA 3Gb/sに対応する機器もそのまま接続して使用できます。USB 3.0とSerial ATA6Gb/sの搭載には広帯域の接続ラインが必要になりますが、この度発表を行った3製品では、チップセットが持つ、帯域500MB/sのPCI Express 2.0 x1を使用しているため、十分な性能を出すことができます。(※M4A89TD PROはUSB 3.0に対応していません)

・隠されたCPUコアやL3キャッシュを有効化する「Core Unlocker」機能
 一部のCPUでは、CPU内に4つのCPUコアがありながら、その内の2つまたは3つしか動作しないようにロックがかかっています。また、同様にL3キャッシュの容量が抑えられているCPUもあります。Core Unlockerは、そのロックを解除することで、CPU内のCPUコアおよびL3キャッシュを全て使えるようにする機能です。マザーボード上のCore UnlockerスイッチをONにして、パソコンを起動するだけでコアとL3キャッシュの有効化が自動で行われます。

・オーバークロック制御用の専用チップ「TurboV EVO」を搭載
 オーバークロックには、さまざまな種類があります。可能な限り高いクロックを目指すオーバークロック、ベンチマークテストの値をできる限り上げるためのオーバークロック、そして購入したCPUよりもワンランクやツーランク上の性能をコストをかけずに得るためのオーバークロックなどです。ASUSのマザーボードは、オーバークロック用の各種機能を内蔵する「TurboV EVO」チップを搭載することで、そのどのオーバークロックにも対応できます。TurboV EVOチップは、オーバークロック関連のさまざまな検出機能のほか、クロックジェネレーターを直接制御できる機能、各種電圧を直接制御できる機能を備えています。

・「TurboV EVOソフト」でWindows上からもBIOS上からと変わらない確実なオーバークロックを実現
 TurboV EVOチップに対応する「TurboV EVOソフト」を使えば、Windows上から分かりやすいインターフェースで、簡単に、かつリアルタイムにオーバークロックを行えます。通常、ソフトウェアを使用するオーバークロックでは、ソフトウェア制御であるため、ある程度のCPUリソースを必要とします。しかし、TurboV EVOソフトの場合はTurboV EVOチップがオーバークロック関連の処理を肩代わりするため、設定の反映を指示した後は完全なハードウェアベースでのオーバークロックとなります。これにより、Windows上からのオーバークロックであっても、BIOS上からのオーバークロックと変わらぬ確実性を実現しています。

○ニュースリリースURL
http://www.asus.co.jp/News.aspx?N_ID=mW7bkFN9MpQSq55C

○お客様からのお問い合わせ先
ASUS製品の日本での販売は販売代理店が行っております。
株式会社ユニティ(E-mail:news@unitycorp.co.jp)
株式会社エムヴィケー(E-mail:info@mvkc.jp)

○ASUS AMD 890FX+AMD SB850搭載マザーボード
※製品の仕様は製品の改善のために予告なく変更することがあります。
※製品の仕様は2010年4月現在のものです。
Republic of Gamers
  • 関連タイトル:

    Republic of Gamers

  • 関連タイトル:

    AMD 8

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日