オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション公式サイトへ
  • daletto
  • 発売日:2008/07/09
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
88
投稿数:27
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ダレット,「ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/01/16 13:42

ニュース

ダレット,「ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション」を発表

【関連記事】
「ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション」のプロモムービーをアップ
「ダレット元年 事業戦略記者発表会」レポート:2.5次元アバターの3Dコミュニティ「ダレットワールド」とそのビジネスモデル

ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
 ダレットは本日(1月16日),マウスだけでプレイできる基本プレイ料金無料の新作オンラインゲーム「ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション」(以下,SFO)を発表した。クローズドβテストは近日,正式サービスは今春開始予定。

 ストリートファイターといえば,かつてアーケードやコンシューマゲームで日本……いや世界中に対戦格闘アクションゲームのブームを巻き起こした,カプコンの看板タイトル。つい先日も,アーケード向け最新作「ストリートファイターIV」が日本国内で正式に発表されて話題を呼んだほか,韓国のNeowiz Gamesがサービス予定のオンライン格闘ゲーム「PERFECT KO」に,ストリートファイターシリーズの人気キャラクターである春麗とケンが“参戦”することも,最近の大きなトピックといえるだろう。
 そんなストリートファイターが,突如としてPCオンラインゲーム市場に投入されることになったのである。

ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション

マウスのみで操作できる「リボルテック」風のキャラクター


ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
 実はSFOは,“いわゆる対戦格闘アクション”ではない。その特徴としてまず目に付くのは,操作をマウスのみで行えるという点。マウスを移動させれば,画面内のキャラクターも移動し,左クリックや右クリックをすれば,画面内のキャラクターが攻撃を繰り出すのである。さらに,ストリートファイターらしさに溢れる必殺技も,クリック&ドラッグ操作で発動できる。
 つまり,パッドやキーボードで複雑な操作をすることなく楽しめるというわけだ。

 なお,スクリーンショットを見ると,本作に登場するキャラクターが,人形のような関節を持っていることが分かるだろう。実は,これには理由がある。キャラクターのコンセプトが「リボルテック」なのだ。

リボルテック特有の関節部
 リボルテックとは,海洋堂がリリースしているアクションフィギュアシリーズのこと。これは,“リボルバージョイント”と呼ばれる独特の機構を採用したフィギュアのことで,関節の可動範囲が広くなっており,自在なポージングが可能であるほか,ジョイント部の規格が決まっているため,ほかのフィギュアとパーツを交換するといった楽しみ方も可能になっている。これがこのまま,本作のキャラクターに応用されているのである。
 そのため,キャラクター(アバターアイテム)は,着せ替えが可能なだけでなく,異なるキャラクターのパーツ(部位)を“組み替え”られる。しかも,キャラクターの必殺技は,この部位に付く形となっているため,プレイヤーのカスタマイズ次第では,さまざまなキャラクターの必殺技を兼ね備えたキャラクターを作り上げることができるという(そのためのパーツの一部が有料アイテムとなる模様)。

ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション

 ちなみに,登場するキャラクターはストリートファイターシリーズのものだけでなく,武侠小説で有名な中国の作家・金庸(きんよう)氏の作品の登場人物をモチーフとした,オリジナルキャラクターも用意されているそうだ。

 また,海洋堂は,SFOモデルのリボルテックをリリース予定なので,コレクターは楽しみに待っていよう。

ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション

コメントや画像を“カットイン”して対戦! リプレイデータにコメント合戦!


※2008年1月30日,ダレット側の要請により写真を差し替えました
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
 SFOは,単にマウスで操作できてフィギュアと連動しているだけのオンラインゲームではない。
 “カットインシステム”が採用されており,ゲームアクション時や必殺技の発動時に,事前に“マイルーム”(プレイヤー専用ページ)で設定した任意のコメントや画像などを表示できる。さらに,ゲームプレイ終了時にリプレイデータを保存し,プレイヤー同士で閲覧したり,再生画面にコメントを挿入したりといったこともできるのだ。
 つまり,とっておきの画像ととびっきりのフレーズなどをうまいこと組み合わせてゲームで遊び,そのリプレイデータをサカナにほかのプレイヤーとコミュニケーションをしまくる……といった楽しみ方に対応しているのである。
 コミュニケーション機能としては,チーム戦のためのグループ結成システムも用意されているようだ。

 このほか,ログイン,ログアウト時やゲーム終了時,さらにはゲームプレイ時の背景やオブジェクト,アバター,アバターアイテムなどを利用した,ゲーム内広告展開も予定されている。プレイヤーの目に触れる場所を,広告主がどのように活用するのか(できるのか),これもまた興味深い試みと言えるだろう。

 SFOは,対戦格闘アクションを,非常にカジュアルに楽しめる作品になっている。何せ,マウス操作だけで手軽に対戦が楽しめてしまうのだ。対戦格闘アクションについて,ある程度の“修行”を積んで必殺技のコマンドや,コンボを覚えなければ,対人戦では満足に闘えない……といったイメージを持っている人もいるだろう。
 実際そのとおりだと思うし,複数の人気タイトルにおいて,シリーズを重ねるごとにゲームとして進化(深化)した結果,“一見さんお断り”になっているのもまた事実である。
 もちろん,「複雑な操作をマスターした向こうにあるものこそが,対戦格闘アクションの楽しさなのだ!」という意見もあるだろう。それはそれで正しいし,きっとそういった猛者達の欲求は,ストリートファイターIVが受け止めてくれるはずだ。
 一方SFOには,新たな操作方法とパーツの“組み替え”システム,基本プレイ料金無料,さらにコミュニケーション機能の充実といった方法で,これまであまり対戦格闘アクションに接したことのなかった層や,ある時期に“引退”してしまった層を振り向かせようという狙いがありそうだ。それにしても,あの作品を,まさかこういう形でオンライン化するとは……。


 なお本日,都内で「ダレット元年 事業戦略記者発表会」が開催されている。ここではSFOのほか,ペーパークラフト風の街並みや2.5次元アバターを使ったコミュニティ「ダレット・ワールド」も発表されている。ダレット・ワールドは,第一回限定テスト(クローズドβテスト)を実施予定で,参加者の募集は明日(1月17日)開始予定となっている。
 ダレット・ワールドおよび記者発表会の模様は,のちほどあらためてお伝えするので,しばしお待ちいただきたい。

ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション
ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション

※ゲーム画面はすべて開発中のものです。正式サービス時には変更される場合があります
  • 関連タイトル:

    ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月17日〜09月18日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月