オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ボンバーマンオンライン Japan公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
オープンβテスト開始直前! 「ボンバーマンオンライン Japan」はどう進化した?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/08/26 23:24

ニュース

オープンβテスト開始直前! 「ボンバーマンオンライン Japan」はどう進化した?

 ハドソンとショックウェーブ エンターテインメントは,オンラインアクションゲーム,「ボンバーマンオンライン Japan」(以下,BOJ)のオープンβテストを明日27日(水)に開始する。
 また,それからあまり間を置かず,9月10日(水)にはいよいよ正式サービスの開始を予定しており,同日から「ボンバーマンワールドカップ2008」のオンライン予選も開催される予定だ(関連記事)。
 この予選を勝ち抜いた上位8名の選手には,東京ゲームショウ2008で開催される決勝大会への出場権が与えられ,そこで優勝を果たしたプレイヤーには「ラスベガスペア旅行」がプレゼントされるほか,上位プレイヤーにも豪華な副賞が用意されている。

ボンバーマンオンライン Japan

 さて,そんなBOJは5月27日にクローズドβテストを終了してからちょうど3か月が経過した。この期間にBOJがどのようにブラッシュアップされたのか,その変更点を中心にお伝えしていこう。

 なお,BOJの概要については,クローズドβテストのプレイレポートを掲載済みなので,そちらを参照してほしい。


パネルアイテムはBP販売。無料でもBOJのほぼすべてを楽しめる


正式サービスで気になる新アイテムも多数追加。どんな能力なのか非常に気になるところだが,期待して待とう!
ボンバーマンオンライン Japan
ボンバーマンオンライン Japan
 これまでのシリーズと比較して,BOJの目玉ともいえる特徴を挙げるとすると,限られたコストの中で「パネルアイテム」を装備して自分の戦闘スタイルに合ったキャラクターを作り出す「パネルデッキ」システムと,戦況を一瞬で逆転できる「ボムウェポン」の存在がある。
 ブロックだらけのステージで敵を追い詰め,ボムを設置して爆破するという実に単純明快なルールと爽快感。シンプルながら完成されているボンバーマンの戦闘システムだが,パネルデッキとボムウェポンが加わったことで,より戦略性の高い対戦が楽しめるようになっている。

 クローズドβテスト期間中のパネルアイテムには制限時間が設定されており,使う,使わないに関わらず,購入してからどんどん時間が減っていく仕様になっていた。しかし,オープンβテストではその部分が見直され,時間制限制から回数制になっている。パネルアイテムに設定されている残り回数が1試合ごとに一つ消費されていくのだ。
 また,パネルアイテムは基本的に課金アイテムではなく,ゲーム内の対戦で稼げる「BP」で販売することに決定したとのこと。

特定の条件をクリアすることでさまざまな要素がアンロックされる。自身の成長のステータスといえる
ボンバーマンオンライン Japan ボンバーマンオンライン Japan


有料アイテムを使うとコストに余裕が生まれる


新ボムウェポンの「トランスフォーム」も面白い。キャラクターが巨大化し,ブロックだろうがなんだろうがぶっ壊しまくり! 敵に体当たりして場外に弾き飛ばせば,一気に戦況を覆せる
ボンバーマンオンライン Japan
ボンバーマンオンライン Japan
 それでは,有料アイテムにはどのようなものが用意されるのだろうか? 実は,ここでパネルデッキの“コスト制限”が重要になってくる。使いたいパネルアイテムをパネルデッキに組み込んでいくと,いつの間にかコストが足りなくなる状況が出てくるのは,クローズドβテストに参加していない人でも想像できるはず。
 そう,そこでBP販売による通常のパネルアイテムではなく,課金ポイント「CP」で購入できる“もう一つのパネルアイテム”が登場してくるのだ。CPで購入できるパネルアイテムは,BPで入手できるものよりも必要なコストが低く設定されているのである。そのため,コストに余裕が生じ,より強力なパネルデッキを組めるようになるのである。

 「コストが1余ったけど装備できるアイテムがない。もったいない!」という事態になったときでも,CPアイテムを利用すれば無駄なくコストの限界までパネルアイテムを活用できるだろう。CP販売のパネルアイテムの登場で,パネルデッキの編成,そしてゲームプレイ時の戦略に,さらなる幅が生まれそうだ。

 なお,パネルアイテムの種類は当面クローズドβテスト時と同じで,新アイテムは正式サービス開始後に,順次追加していく予定だそうだ。
 そんな新アイテムの中でも,かなり注目を集めそうなのは,「バクフウミエール」というもの。これはボムが設置された時点で,爆風が届く範囲が見えるようになるという優れ物。対戦相手の攻撃を落ち着いて避けられるようになるため,戦闘が非常に楽になる。欠点はコストが高いこと。バクフウミエールを装備すると,パネルデッキの編成にあまり幅を持たせられなくなってしまうが,初心者のうちはかなり心強い味方になってくれるはずだ。

ボンバーマンオンライン Japan ボンバーマンオンライン Japan
バクフウミエールは非常に便利。はたから見れば神がかり的な回避をしているようでカッコイイ!
ボンバーマンオンライン Japan ボンバーマンオンライン Japan
初心者を卒業してからが本番。ステージも増え,対戦も厳しくなる予感?

 なお,ボムウェポンについても時間制限から回数制に変更されたのは,パネルアイテムと同じだが,こちらはCP販売がメインになるとのことだ。戦況を一瞬で覆すことの出来る切り札的アイテムなので,乱発を防ぐ目的もあるようだ。


みそボンがパワーアップ? もう役立たずとは言わせない!


ボンバーマンオンライン Japan
 アイテム以外の大きな変更点には,「みそボン」の強化が挙げられる。クローズドβテストでは,そのあまりの貧弱さでプレイヤーをイラつかせた「みそボン」だが,移動スピードと火力のアップにより,かなりパワーアップしている。しかも,みそボン状態でステージ中のコイン(BP)も獲得できるようになったので,以前とは比べ物にならないほど,みそボンによる戦闘が楽しくなっているはずだ。

 また,公式サイトに掲載されるランキングでも,“みそボンによる敵撃破数”が追加されるとのことなので,対戦に新たな楽しみ方が見出せる予感。「みそボン」のときのほうが活躍できる“みそボンプレイヤー”も生まれるかも?

 このほか細かい部分では,観戦機能や,ルーム内で使える「すわる」や「あわてる」といったモーション,チャットでのフキダシの追加など,コミュニケーション方面でもさまざまなアップデートが行われている。

 新ステージも増えるということなので,正式サービスに先駆けて,非常に遊びごたえのあるオープンβテストになるはずだ(関連記事)。

条件クリアでこんなに嬉しいボーナスも! 腕を磨いて一刻も早いアンロックを目指そう
ボンバーマンオンライン Japan ボンバーマンオンライン Japan ボンバーマンオンライン Japan


“世界”を視野に入れたBOJ,これからの展開は……?


ボンバーマンオンライン Japan
 ボンバーマンは世界中にファンが存在する名作なだけに,BOJの開発/運営の肩にかかる責任は非常に大きいものだろう。テスターの意見を取り入れてさまざまな改善を行ったり,クローズドβテスト終了後のアンケート結果を,細部に至るまで公式サイトで公開したりと,柔軟で開かれたサービスを目指している様子は評価に値する。
 とはいえ,クローズドβテストで見られた不具合などが,この3か月にどれだけ解消されているのかは,非常に気になるところ。将来的には中国やアメリカなど,世界進出も眼中に入れているというBOJだが,まずは日本でどれだけの結果を生み出せるかが肝心なのである。その試金石ともいうべきオープンβテストは,明日スタートだ。

 ちなみにオープンβテスト期間中は,「3の倍数の日は“BMタコさんの大盤振る舞い”キャンペーン」が行われ,テスターに対しさまざまなアイテムがプレゼントされる(関連記事)。すべてのアイテムを手に入れたい人は,開始初日からオープンβテストに参加するといいだろう。

「ボンバーマンオンライン Japan」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ボンバーマンオンライン Japan

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日