オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/08/25 13:05

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」



インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
 「インディーズゲームの小部屋」の第148回は,橙汁の横スクロールシューティング「ソラ」を紹介する。同サークルの“ハイスピードシューティング”「スグリ」の続編にあたる本作は,クセのあるダッシュ移動と3種類の武器,そして武器ごとに異なるハイパーアタックを駆使して戦う,独特のゲームシステムが特徴の作品だ。

 誰と誰が,いつから,何のために始めたのかも分からない戦争。その戦争によって,青かった星は少しずつ黒く塗りつぶされ,滅びようとしていた。そんな世界で,戦争から逃れ星を守ろうとしている人達に助けられた主人公のソラは,いつしか彼らを手伝いたいという想いを抱くようになる。青い空と綺麗な星を取り戻すため,ソラの戦いが始まった……。

インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」 インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」

インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
 本作は,このソラを操作し,ステージをクリアしていく横スクロールタイプのシューティングゲームだ。基本操作には,方向キーによる移動と3種類の武器(メイン/サブ/スペシャル)に加え,ダッシュ,ロックオン切り替え,そしてハイパーアタックを行うためのハイパーキーと,かなりの数のキーを使用する。
 一応,キーボードでのプレイも可能ではあるが,素直にゲームパッドを用意したいところだ。また,ソラが装備できる武器はゲームプレイを重ねることで新たにアンロックされていき,出撃前に自由に変更できるので,自分が使いやすいものを選ぶといいだろう。

 シューティングゲームの操作方法としては,かなりややこしい部類に入る本作だが,中でも最大の特徴となっているのが,ダッシュを用いた超高速移動だ。どれほど高速なのかというと,慣れないうちは本気で自機を見失ってしまうほど。思いどおりに自機を制御するためには,それなりの練習が必要だ。ソラが言うところの“空を綺麗にするお仕事”も楽じゃないのだ。

インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」 インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」 インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」

インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
 敵弾には大きく分けてビーム系と実弾系の攻撃があり,ダッシュ中はビーム系の敵弾をすり抜けられる。この特性を生かし,敵の猛攻を一気に切り抜けるスピード感が本作の見どころの一つとなっている。
 また,ダッシュを行うと自機のうしろにリングが発生し,このリングに敵弾を通過させることで,ハイパーアタックに必要なハイパーゲージのチャージや,シールドゲージ(=体力)の回復が行える。

 このように,攻防において非常に重要となるダッシュだが,ダッシュ中はヒート値が上がってしまうという弱点もある。ヒート値が上昇すると,それに比例して被弾時のダメージがアップする。筆者のようにびゅんびゅん飛び回ってビーム攻撃をかわしているうちにヒート値が上がり,ミサイルにぶつかって一気に大ダメージなんてことがないように,十分注意してほしい。


インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
 さらに一般的なシューティングゲームと異なり,ほとんどの武器で移動しながらの攻撃ができず,攻撃時に大きな隙ができてしまうのも本作の特徴の一つ。ただし,タイミングよくダッシュやほかの武器による攻撃を行うことで,攻撃時のモーションをキャンセルし,隙を小さくすることができる。キャンセルはダッシュと並んで重要なアクションであり,この二つを使いこなせなければステージ攻略はまったくおぼつかない。指が痛くなるほど練習して,何がなんでもマスターしよう。

 この独特のゲームシステムと操作方法に加え,敵の攻撃も情け容赦がないため,本作のゲーム難度はかなり高めだ。本作は初回プレイ時に,オープニングデモ→チュートリアル→ステージ1という順に進行し,タイトル画面はステージ1のクリア後に初めて表示される。筆者はこのタイトル画面を見るまでに,20回以上もゲームオーバーになった。これまでに数多くのゲームをプレイしてきたが,タイトル画面を見るためだけにここまで苦労したゲームはほかに覚えがないです……。

 そりゃあ,いくら何でも腕が悪すぎるだろうgingerと思った人は,まずは公式サイトで公開されている体験版を試してみよう。本当に難しいから! また,製品版は1890円(税込)にて発売中。本編ではさらにやり応えがあるステージが待ち構えているので,体験版をプレイしてまだまだいけると感じた強者(つわもの)は,ぜひそちらでソラの戦いを最後まで見届けてほしい。

■橙汁公式サイト
http://daidai.moo.jp/

インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」 インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」
インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」 インディーズゲームの小部屋:Room#148「ソラ」

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月22日〜02月23日