オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2018]NVIDIA,ゲーム向けのリアルタイムレイトレーシング技術「RTX」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/20 13:48

ニュース

[GDC 2018]NVIDIA,ゲーム向けのリアルタイムレイトレーシング技術「RTX」を発表

 北米時間2018年3月19日,NVIDIAは,ゲームグラフィックス向けのリアルタイムレイトレーシング技術「RTX Technology」(以下,RTX)を発表した。RTXは,同日にMicrosoftが発表したリアルタイムレイトレーシング技術「DirectX Raytracing」(以下,DXR)と連携して動作するもので,これを利用すると,一般に「映画レベルの品質」とされる,レイトレーシングベースの3DCG描画を高速に処理できるようになるという。

RTXによるレイトレーシングのサンプル画像
Volta(開発コードネーム)

 NVIDIAのAdam Kerin氏によると,RTXは,Volta世代のGPUとNVIDIA製ソフトウェア,およびDXRにより実現されるものだそうだ。「Volta世代のGPU上で動作するよう最適化してあるため,Pascal世代以前のGPUでは利用できない」と強調していた。また,4月上旬に公開を予定しているRTX対応のGeForce Driver 396世代と,今春公開予定と言われるWindows 10の次期大型アップデート(※Windows 10 RS4)も必要であるとのことだ。
 ただ,MicrosoftのDXRは標準的なAPIなので,こちらならPascal世代以前のGPUでも利用できるとのことである。NVIDIAに確認したところ,DXRのAPIは,RTXにも対応しているため,Volta世代GPUを搭載するPCでDXRを使用するプログラムを実行すると,自動的にRTXによるアクセラレーションが有効になるそうだ。

 ちなみにKerin氏は,2018年8月にカナダのバンクーバー市で開催予定となっているSIGGRAPH 2018において,RTXの技術カンファレンスを実施する予定だと予告している。ゲーム開発においてRTXをどう利用するのかといった具体的な話は,そのタイミングで明らかになるようだ。

NVIDIAが公開したスライドより。RTXはVolta世代GPUとNVIDIAのソフトウェアが実現している
Volta(開発コードネーム)

RTX対応を表明しているパートナー企業やゲームエンジンなど
Volta(開発コードネーム)
 ゲームエンジンや開発ツール側のRTXに向けた取り組みも進んでいるという。
 NVIDIAによると,「Unreal Engine」や「Unity」,「Frostbite」といったゲームエンジンがRTXに対応する予定であるほか,グラフィックスリソースの作成ツールを手がけるAllegorithmicも,自社ツールでのRTX対応を表明しているそうだ。ゲームスタジオでも,Electric ArtsやRemedy Entertainment,4A GamesがRTXへの対応を表明しており,NVIDIAはそのうち,Remedy Entertainmentが制作したRTXのデモ動画をYouTubeで公開している。


 なお,RTXの発表に合わせてNVIDIAは,ゲーム開発者向けのソフトウェア開発キット「GameWorks」に,「Ray Tracing Denoiser」(レイトレーシングノイズ除去ツール)という機能をまもなく追加するとも予告している。Ray Tracing Denoiserを利用すると,ゲーム開発者は高品位のライティングと影生成をゲーム内で実現できるとのことだ。

NVIDIA公式Blogの当該ポスト(英語)

  • 関連タイトル:

    Volta(開発コードネーム)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日