オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMDとMS,GPU演算用途向けのコンパイラ「C++ AMP v1.2」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/08/28 14:08

リリース

AMDとMS,GPU演算用途向けのコンパイラ「C++ AMP v1.2」を発表

C++ AMP
配信元 日本AMD 配信日 2014/08/28

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

AMD、開発者向けのヘテロジニアスなC++ AMP言語を発表
−LinuxやWindowsなどのプラットフォームで幅広く利用できる初のオープンソースC++実装−

AMD(米国本社:米カリフォルニア州サニーベール、社長兼CEO:ロリー・リード)は、Microsoft(NASDAQ: MSFT)との協同により、LinuxおよびWindows双方でオープン規格のC++ AMP v1.2を実装する、初のオープンソースC++コンパイラー「C++ AMP v1.2」を発表しました。これにより、AMDが目標とするクロスプラットフォーム・ソリューション、複数のプログラミング言語、オープンソース・コミュニティーへの継続的な貢献に向けてさらなる前進を遂げます。このツールは、ClangとLLVMを利用することで、サーバー、PC、携帯機器といった最新のヘテロジニアス・プラットフォームのフル活用を目指す開発者による生産性と使い勝手を向上させます。

AMD米国本社のヘテロジニアス・アプリケーション/ソリューション担当バイスプレジデントであるマンジュ・ヘッジ(Manju Hegde)は、次のように述べています。「当社は、開発者による体験の向上に一貫して取り組んできた実績があります。この度、より高性能かつ高効率のアプリケーションを実現するC++ AMPを初めてオープンソースに実装できたことを誇りに思います。クロス・プラットフォームでのリリースは、当社の開発者向けソリューションを強化する新たな一歩であり、CPUとGPUにまたがる共有物理メモリーを通じてLinuxとWindowsの双方で生産性の向上とアプリケーションの高速化を実現します」

Microsoftの開発部門担当コーポレート・バイスプレジデントであるS・ソマセガー(S. Somasegar)氏は、次のように述べています。「AMDは、ヘテロジニアス・プログラミング向けの優れた開発者向けツールを提供し続けてきました。最新のコンピューティング・プラットフォームにおけるパフォーマンスや開発者による体験の向上に取り組むMicrosoftにとっては、AMDと連携してLinuxコミュニティーやオープンソース・コミュニティーにC++ AMPを提供することは自然な成り行きでした」

C++ AMP v1.2は、C++開発者が広範なハードウェア構成およびソフトウェア構成でアプリケーションを高速化できるよう、以下の3つのアウトプットをサポートしています。

  • Khronos GroupのOpenCL:AMD CPU/APU/GPU、Intel CPU/APU、NVIDIA GPU、Apple Mac OS X、その他のOpenCLに準拠したプラットフォームをサポート
  • Khronos GroupのSPIR:AMD CPU/APU/GPU、Intel CPU/APU、将来的なSPIRに準拠したプラットフォームをサポート
  • HSA FoundationのHSAIL:AMD APU、将来的なヘテロジニアス・システム・アーキテクチャー(HSA)に準拠したプラットフォームをサポート

オープンソースのC++ AMP v1.2のスペックの主な特長として、ヘテロジニアス・プラットフォームにおけるCPU/GPU間のデータ共有を大幅に簡素化する共有物理メモリーをサポートします。プログラマーは、この新規格に基づいて構築されたヘテロジニアス・プラットフォームにより、アプリケーションの高速化に伴うデータコピーとポインター更新の経費を最小化することができます。

参考情報(英語)

  • 関連タイトル:

    ミドルウェア/開発ツール

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日