オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ほぼ「液晶パネルとキーボードのないノートPC」!? 幅22mmの超薄型ゲーマー向けデスクトップPCがG-Tuneから登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/22 11:00

ニュース

ほぼ「液晶パネルとキーボードのないノートPC」!? 幅22mmの超薄型ゲーマー向けデスクトップPCがG-Tuneから登場

 「液晶パネルとキーボードのないノートPC」的なデスクトップPCが誕生だ。
 2017年3月22日,マウスコンピューターのゲーマー向けPCブランド「G-Tune」は,幅約22mm,重量約1.75kgの筐体を縦置きし,そこにノートPC向けGPUとCPU,最大3時間の動作が可能なバッテリーパックを内蔵する新シリーズ「NEXTGEAR-SLIM」を発表した。その外観は下に写真で示したとおりで,何と言うか,前代未聞といった感じである。

NEXTGEAR-SLIM
G-Tune

 第1弾のラインナップはのとおり3モデルで,GPUはノートPC向け「GeForce GTX 1070」,CPUはノートPC向けの4コア8スレッドモデル「Core i7-6700HQ」だ。BTO標準構成価格は,メインメモリ容量が8GB×1,内蔵ストレージがSerial ATA接続で容量240GBのSSDを搭載する最下位モデル「is100BA1」で16万9800円(税別)からとなっている。

表 NEXTGEAR-SLIM is100シリーズの主なスペック
is100BA1 is100SA1 is100GA1
CPU Core i7-6700HQ(4C8T,定格2.6GHz,最大3.5GHz,共有L3キャッシュ容量6MB)
チップセット Intel HM170
メインメモリ 8GB×1 8GB×2 8GB×4
GPU GeForce GTX 1070(グラフィックスメモリ容量8GB)
ストレージ#1 SSD(容量240GB,Serial ATA 6Gbps) SSD(容量256GB,M.2 Serial ATA 6Gbps) SSD(容量512GB,M.2 NVMe)
ストレージ#2 HDD(容量1TB,Serial ATA 6Gbps)
インタフェース USB 3.1(Type-C)×2,USB 3.0(Type-A)×3,Mini Displayport出力×2,HDMI出力×1,Gigabit Ethernet(RJ-45)×1,3.5mmミニピン×3(ヘッドフォン出力,ライン出力,マイク入力)
電源容量 230W ACアダプター
OS 64bit版Windows 10 Home
サイズ 本体:22(W)×385(D)×274(H)mm
スタンド:124(W)×285(D)×143(H)mm
BTO標準構成価格(税別) 16万9800円 18万4800円 21万9800円

 製品発表に先立ち,4GamerではNEXTGEAR-SLIMの実機を見る機会を得たので,今回は写真を中心に,その特徴を説明していこう。

NEXTGEAR-SLIMをiiyamaブランドの液晶ディスプレイやゲーマー向け周辺機器と組み合わせたイメージ写真。24インチ級液晶ディスプレイと並べると,おおよそのサイズがイメージできるだろう
G-Tune


薄型筐体を専用スタンドにセットして使う構造


 まずは外観からだが,冒頭でも述べたとおり,NEXTGEAR-SLIMの本体は「15.6インチクラスの液晶パネルを持つゲーマー向けノートPCから,液晶パネルとキーボード部をカットした感じ」としか紹介しようのない見た目をしている。

NEXTGEAR-SLIMの本体(写真中央)と付属のACアダプター(写真左),および付属の専用スタンド(右)
G-Tune

 下に示したのは,実際に15.6インチ液晶パネルを搭載するG-TuneのノートPC「NEXTGEAR-NOTE」のi5730シリーズとNEXTGEAR-SLIMを横に並べた写真だ。ノートPCの本体部分とほぼ同じサイズなのが分かるだろう。

NEXTGEAR-NOTE i5730シリーズ(写真左側)と,NEXTGEAR-SLIMを並べてみた。液晶パネルを除いたノートPC本体と,サイズはほぼ同じだ
G-Tune
G-Tune

 スタンドを取り付けた状態だと,本体の下側で脚が横方向に大きく広がることになるが,この状態でもG-Tuneの従来モデルで最も小さなデスクトップPC「LITTLEGEAR」より32%も小さいとのこと。スタンドを無視した「実質専有面積」は,当然のことながらもっと小さくなる。

スタンドに取り付けた状態のNEXTGEAR-SLIM
G-Tune
G-Tune

専用スタンドはしっかりとした作りで,底面に大きなゴムの滑り止めを貼り付けた金属板を使っているため,簡単に倒れる心配はない
G-Tune G-Tune

 なお,本稿ではこれ以降,G-Tuneのロゴがある面を前面,その裏側を背面として,ロゴの上側を上側面,左側を左側面,ロゴの右側を右側面として説明していくので,そのつもりで読み進めてほしい。


縦置き専用設計となるNEXTGEAR-SLIM


 一見するとNEXTGEAR-SLIMは,スタンドを使わずに横に寝かせて設置しても使えそうに思える。しかし,製品の説明を担当した,マウスコンピューター コンシューマ営業統括部 コンシューママーケティング室主任の小林俊一氏によると,横置き設置はサポートしておらず,あくまでも,スタンドと組み合わせて縦置きで使うものであるという。背面側には吸排気のための開口部がいくつもあるので,そのまま横に寝かせると冷却に支障を来してしまうのだそうだ。背面を机上から浮かせるゴム足の類もないので,横置きはできないというわけである。
 ディスプレイを上に置ける平たいスタンドなどと組み合わせて,横置きのデスクトップPCとして使うのも面白かったかなと思うので,ちょっと残念な気もした。

G-Tuneロゴのある前面。中央に電源ボタンがある
G-Tune

背面側には,スリットの入った大きな開口部がある。上側には排気用の空冷ファンも見える
G-Tune

 インタフェース類は,上側面と左右側面に分散して配置されている。注目すべきポイントは,ビデオ出力インタフェースとして,Mini DisplayPort出力×2とHDMI出力×1の3系統を備えていることと,USB 3.1 Type-Cポートを2つ備えていることだろうか。USB 3.0 Type-Aポートも3つあるので,インタフェース類はこのクラスのゲーマー向けノートPC並みに充実していると言えよう。

上側面。写真やや右寄りに,電源コネクタ,HDMI出力,Mini DisplayPort出力が並ぶ。HDMI出力がフルサイズなのは,VRヘッドマウントディスプレイとの接続を考慮したためだそうだ。なお,写真左に見える大きめの開口部は排気孔である
G-Tune

下側面には何もなし
G-Tune

G-Tuneロゴから見て左側面。写真左側が上側で,インタフェース類は左Mini DisplayPort出力,USB 3.1 Type-C×2,USB 3.0 Type-A×2。下側には盗難防止器具取り付け用の孔がある
G-Tune

右側面。写真右側が上側だ。インタフェース類は下側に3.5mmミニピンのヘッドフォン出力,マイク入力,ライン出力があり,中央部にはメモリーカードスロット,USB 3.0 Type-A×1,RJ-45が並んでいる
G-Tune

 外観上で少し気になったのは,電源ボタンが前面の中央にある点だ。ここに電源ボタンがあると,この面を塞ぐような配置で設置することができない。
 たとえば,電源ボタンが上側面のどこかにあれば,背面側の放熱を妨げない範囲で,薄い側面を前に向けてディスプレイの横に設置するといったこともできただろう。次世代モデルが登場するときには,改良を期待したい。


Pascal世代のGeForce GTX 10シリーズが実現の鍵


 Intelの超小型PCベアボーンキット(以下,NUC)「NUC6i7KYK」のように,ノートPC用のコンポーネントを利用した超小型PCは,今や珍しいものではない。しかし,それらのほとんどは単体GPUを搭載しておらず,ゲーム用途で使うPCとしてはスペック面でゲーマーを満足させられるようなものではなかった。あるいは,単体GPUをNUCクラスの小型筐体に無理矢理詰め込んではみたものの,性能面ではデスクトップPCに及ばないうえ,放熱面で支障が出て実用性に欠けてしまった製品もある。
 最近になってようやく,ALIENWAREの「Graphics Amplifier」やRazerの「Razer Core」,ASUSTeK Computerの「ROG XG STATION 2」といった外付けグラフィックスボックスが登場してきて,単体GPUを持たないノートPCやデスクトップPCでも,デスクトップPC用グラフィックスカードを利用する道が開けてきた。しかし,これらも利用可能なPCが限られていたり,接続インタフェースの制約によって,期待したほど性能が出なかったりといった問題点もあるため,市民権を得るまでには至っていない。
 結局,超小型PCであっても,高いスペックの単体GPUを内蔵しないことには,実用的なゲーマー向けPCにはならないのが現状であり,それを現実的な価格で実現するのが難しかったわけだ。その問題を,NEXTGEAR-SLIMはどう解決したのか。

 小林氏によると,NEXTGEAR-SLIMを実現する鍵となったのは,ノートPC向けでありながら,VRゲームにも対応可能な性能を持つGeForce GTX 1070の登場であったという。GeForce GTX 1070によって,ゲーマー向けデスクトップPCとして実用的な性能と,超薄型筐体の両立が可能になったのだそうだ。

 では,その内部構造はどうなっているのか,NEXTGEAR-SLIMの外ぶたを開けて内部を確認してみよう。
 背面パネルを外すと,NEXTGEAR-SLIMのマザーボードにアクセスできる。マザーボードの面積は意外にも大きめで,その上側に3基の空冷ファン,下側に2.5インチHDD互換のSSDと内蔵バッテリーなどを配置するレイアウトだ。GPUやCPUとヒートパイプ経由で複数の空冷ファンにつないで放熱する構造は,近年のゲーマー向けノートPCでよく採用される構造そのままと言っていいのではなかろうか。

背面パネル(写真左側)を外した状態。写真手前側が本体上部で,左に1つ,右側に2つの空冷ファンを配置する構造だ。下側の左にはバッテリー,右には2.5インチHDD互換のSSDがある
G-Tune

 内部でまず目を惹くのは,計3基の空冷ファンを使った冷却機構だろう。下に掲載した写真の手前側中央にGeForce GTX 1070があり,3本のヒートパイプが右側の2連空冷ファンに,1本のヒートパイプがCPUと共用の左側空冷ファンにつながる構成になっている。2連空冷ファンの排気は上側に,CPUと共用の空冷ファンは側面に排気する仕組みだ。

筐体を真上から。写真左側が左側面,右側が右側面だ。中央手前側に見える大型ヒートシンクの下にGeForce GTX 1070があり,左側中央のヒートシンクの下にはCPUがある
G-Tune

CPU側の空冷ファンは,CPUからのヒートパイプ2本,GPUからヒートパイプ1本がつながっていて,側面に排気する仕組みである(左)。右側の2連空冷ファンは,GPUからのヒートパイプ3本がつながっており,上側に排気する仕組みだ。なお,チップセットはGPUの右上,ヒートシンクが矢印のように出っ張った部分にある
G-Tune G-Tune

 なお,NEXTGEAR-SLIMが搭載するCPUはSkylake世代のCore i7-6700HQであるが,これはKaby Lakeが登場する以前からマザーボードなどを設計をスタートしていたためだそうだ。基板や放熱機構面で,Skylake世代とKaby Lake世代に違いはあまりないはずなので,将来的にはKaby Lake世代のCPUを搭載する製品も登場するのではないだろうか。

前面側中央にあるパネルを外した写真。こちら側にもメモリスロットが2つあるので,表裏合わせて計4スロットを備えている
G-Tune
 マザーボードの写真を見ると,CPUのある右側に,DDR4 SDRAM SO-DIMM用のメモリスロットが2つあるのが分かるだろう。
 だがNEXTGEAR-SLIMのメモリスロットは,この2つだけではない。マザーボード表面にあるスロットに加えて,マザーボードの裏面にも2つずつ,計4つのメモリスロットを備えているのだ。マザーボード裏面側のメモリスロットは,右の写真にあるとおり,G-Tuneロゴのある本体前面中央部のパネルを外してアクセスする仕組みとなっている。
 4スロットすべてに容量16GBのDDR4 SDRAM SO-DIMMを装着すれば,64GBのメインメモリ容量を実現できるという点は,NEXTGEAR-SLIMの見逃せないポイントだろう。

内蔵バッテリーの容量は未公開だが,15.6インチ級のノートPCが内蔵するものよりは,やや小さいように思える
G-Tune
 撮影に使用した機材は,下位モデルのNEXTGEAR-SLIM is100BA1をベースにしたもので,ストレージとしてSerial ATA(以下,SATA)接続で容量240GBの2.5インチHDD互換SSDを搭載していた。さらに2.5インチHDD用スペースの周囲には,M.2スロットが2つあり,M.2 type 2280仕様のM.2 SSDを2枚まで搭載できるようになっている。
 BTOオプションでは,最大で容量1TBのM.2 SSDを1枚と,容量2TBのHDDを選択可能となっているので,それなりにコストはかかるが,充実したストレージ構成も可能というわけだ。

2.5インチHDD互換SSDの写真左側と下側に,M.2スロットが2つ用意されていた(左)。SSDと2連空冷ファンの間には,M.2接続のIntel製無線LANカードがある(右)。マザーボード自体はノートPC用を流用しているのか,いくつか未使用のパターンが並んでいるのが興味深い。なお,本体右側面にあるインタフェース類は,マザーボードとは別のサブ基板上に載っている
G-Tune G-Tune

G-Tune
 液晶パネルが不要なためか,同クラスのスペックを備えるノートPCと比べて,価格が割高ではない点も,NEXTGEAR-SLIMの評価すべきポイントである。
 たとえば,GeForce GTX 1070と「Core i7-7700HQ」,15.6インチサイズのフルHD液晶パネルを採用して,メインメモリ容量は8GB×1,内蔵ストレージは容量240GBのSSDという仕様のNEXTGEAR-NOTE i5730シリーズが18万9800円(税別)からとなっているので,液晶パネル以外はほぼ同じスペックのNEXTGEAR-SLIM is100BA1のほうが,2万円も安いといった具合だ。これなら,省スペースを理由にゲーマー向けノートPCを選択するのではなく,NEXTGEAR-SLIMを選ぶのも悪くない。

 NEXTGEAR-SLIMは,Pascal世代のGeForceを活用した新しい提案のデスクトップPCとして,注目に値する製品と言えるのではないだろうか。

G-Tune 公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    G-Tune

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月16日〜12月17日