オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/10 23:00

ニュース

AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 ここ数年,AMDは,毎年の年末にRadeon GPU向けのドライバソフトウェアである「Radeon Software」の大規模アップデートを告知,あるいは予告するのが定例になっている。2019年もその例に漏れず,2019年12月10日23:00,AMDは,Radeon Softwareの次期大規模アップデート「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition」(以下,Adrenalin 2020)を発表した。

画像(002)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

説明を担当したTerry Makedon氏(Senior Director of AMD software strategy & user experience,AMD)。「Radeon Softwareは私の長男だ」と述べていた
画像(022)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上
 Adrenalin 2020は大規模アップデートらしく,いくつもの新機能が盛り込まれているのだが,中でも目を惹くものは,ゲームにおけるフレームレート向上機能である「Radeon Boost」の実装と,スマートフォンやタブレット上でPCゲームのリモートプレイ機能を実現する「AMD Link」の改善だ。
 そこで本稿では,発表に先立って行われた記者説明会の内容から,Adrenalin 2020における注目のポイントを,これら2つの機能を中心に紹介していこう。


解像度を動的に変更してフレームレートの向上を図るRadeon Boost


 Adrenalin 2020注目の新機能であるRadeon Boostは,ゲーム映像が素速く動くときに,それをAdrenalin 2020が検出して映像の解像度を動的に下げることで,フレームレートの向上を図るという機能だ。

画像(021)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

Radeon Boostの説明を担当したPete Vagiakos氏(Software Product Manager,AMD)。「FPSにおいては,動きまわることや視点を動かすシーンが非常に多いが,そういった場面でRadeon Boostが生きてくる」と説明する
画像(024)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上
 たとえば,FPSやTPSで走って移動したり,視点を素早く動かしたりするときには,映像のディテールを低下させても,人間の目はその違いを認識しにくい。そこで,速いモーションを検知したときだけ,レンダリング解像度を低くしたうえでアップスケーリングしてから表示することで,フレームレートを向上できるというのがRadeon Boostの原理である。

 Radeon Boostは,ゲーム中にシームレスに実行され,それほど性能が高くないGPUであっても,従来よりも快適にゲームを楽しむことが可能となるそうだ。平均では,23%ものフレームレート向上を達成するとの説明であった。

画像(023)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 Radeon Boostは,Radeon Softwareのアプリケーション(以下,Radeon Software App)にある「Graphics」タブに設定項目があり,スイッチを有効にすると適用され,スイッチの下にあるスライダーで,最低解像度を50%,66.6%,83.3%の3種類に設定可能だ。

Radeon Software AppのGraphicsに用意されたRadeon Boostの設定項目(画像上側)
画像(025)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

Borderlands 3におけるRadeon Boostのデモ画像。分かりにくいと思うが,Radeon Boostを有効にすると,画面左上に緑の「●」が表示されるようになる
画像(026)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 ただ,Radeon Boostは,すべてのゲームで使える機能ではなく,リリース当初は以下に示す8タイトルに対応しているという。今後も順次対応ゲームを増やしていくとのことだ。

  • Overwatch
  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS
  • Borderlands 3
  • Shadow of the Tomb Raider
  • Rise of the Tomb Raider
  • Destiny 2
  • Grand Theft Auto V
  • Call of Duty: WWII

 なお,AMDの説明によると,プレイヤーキャラが登場しない,もしくは視点を動かしていないベンチマークモードのようなものでは,Radeon Boostは動作しないとのことだ。


AMD Linkの改善点


 PCゲームのストリーミング配信機能であるAMD Linkは,Adrenalin 2020でスマートフォンへのストリーミングだけでなく,Android TVやAppleの「tvOS」対応デバイスでも利用できるようになった。
 ストリーミング先のインタフェースは,新しいRadeon Software Appとデザインを統一しており,すべてのストリーミング機能へ簡単にアクセスできるよう,操作性の改善も行われているとのことだ。

画像(027)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 さらに,Adrenalin 2020のAMD Linkは,50Mbpsの高ビットレートや,x265ライブラリを用いたストリーミングプレイに対応し,より高品質な映像を実現した。それに加えて,デバイス側でゲーム映像のインスタントGif画像を作成することも可能である。
 新しいAMD Linkに対応するアプリケーションは,Android版が12月10日,iOS版が12月23日にリリースされる予定だ。

Pete氏がスマートフォンでBorderlands 3をリモートプレイする様子を披露した
画像(028)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


デザインが一新されたRadeon Software App

さまざな新機能がてんこ盛り


 Radeon BoostとAMD Link以外にも,Adrenalin 2020には多くの新機能や改良点が盛り込まれている。ざっくりまとめると,新機能や新要素には以下のようなものがある。

  • 「Radeon Installer」の改良
  • ユーザープロファイル機能
  • 「Game Center」
  • 「System Status」
  • Webブラウザ機能
  • 「Integer Display Scaling」
  • 「Direct Media Filters」

今回テスト用としてレビュワー向けに配布されたAdrenalin 2020。バージョンは「19.12.2」だった
画像(003)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 主な要素を順に説明していこう。


Radeon Installer


 まずAdrenalin 2020では,インストーラを新しいものに更新した。ワンクリックでセットアップが行えて,インストール時間は34%以上の短縮を実現しているという。もちろん,以前の設定を維持したまま上書きインストールが可能だ。

画像(004)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

レビュワー向けAdrenalin 2020をインストールしている様子。すでに日本語化もきちんと行われていた
画像(005)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


ユーザープロファイル


 Adrenalin 2020の機能は非常に多岐にわたるため,その設定を簡略化するため,AMDは新たに「Gaming」「eSports」「Standard」というユーザープロファイルを用意した。ユーザーが,任意のプロファイルを選択することで,簡単に設定を適用することが可能というわけだ。
 なお,GPUの設定に慣れたユーザーであれば,プロファイル選択をスキップして,今までどおり自分で細かく設定することもできる。

画像(006)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

GraphicsタブからGaming,eSports,Standardのプロファイルを選択して,簡単に設定を適用させることが可能になった
画像(007)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Radeon Software Appのアップデート


 AMDはAdrenaline 2020で,Radeon Software Appを大幅に改良して,ゲームをプレイしながらドライバソフト側の設定を確認したり,動画のキャプチャ,Webブラウジングが行える機能を導入した。

デスクトップから起動したRadeon Software App(上)と,ゲームをプレイ中の状態から起動した場合(下)では,Homeタブに表示される情報が変化する
画像(015)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上
画像(016)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 それに加えて,ゲームプレイ中でも[Alt]+[R]キーで,Radeon Software Appを起動可能となった。

ゲームを起動すると,「[Alt]+[R]キーでRadeon Software Appが起動できる」という告知が右上に表示された
画像(009)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

ゲームをプレイしながら,画面左端にRadeon Software Appを表示させて,ゲーム映像を確認しながら設定変更を行うことが可能だ
画像(010)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Homeタブ


 Radeon Software AppのHomeタブには,いくつもの新機能が加わっている。順に説明しよう。

●Game Center
 どのストアで購入したかに関わりなく,ゲームの起動が可能な機能。ゲームごとにRadeon Softwareの調整が行えるほか,「何時間そのゲームをプレイしたか」や「平均フレームレートはどの程度か」といった情報を表示できる。

Game Center
画像(011)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

●System Status
 使用しているPCが十分なパフォーマンスを備えているかを表示したり,ドライバのバージョン確認と自動アップデートを備えた機能。後述するAMD LinkでスマートフォンとPCを接続すると,接続先スマートフォンの状態も確認できる。

System Status
画像(012)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

●Media&Capture
 Media&Captureは,ゲーム画面のスクリーンショット保存や動画のキャプチャ,保存した画像ファイルや動画ファイルなどの一元管理をする機能だ。SNSを通じて,保存した画像や動画をほかのユーザーと共有することもできる。

Media&Capture
画像(013)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

●Webブラウザ
 Radeon Software AppにWebブラウザ機能を実装。これにより,ゲームを中断してほかのWebブラウザを起動することなく,ゲームをプレイしながら攻略情報を検索したり,動画を視聴したりすることが可能になる。

画像(014)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Integer Display Scaling


 NVIDIAのGeForce Driverにおける「GPU Integer Scaling」(整数スケーリング)と同等の機能「Integer Display Scaling」が実装となった。この機能は,GCNアーキテクチャのRadeon GPUで,OSがWindows 10の場合のみ利用できる。RX 5000シリーズのRDNAアーキテクチャにも,いずれ対応するだろう。

 Integer Display Scalingを有効にすることで,ピクセルが目立つドット絵調調グラフィックスのゲームを高解像度で表示しても,ピクセルがぼやけたようには表示されなくなるという。この機能はRadeonユーザーからの要望が最も多かったそうだ。
 なお,AMDによると,Integer Display Scalingを利用しても描画性能を犠牲にすることはないとのこと。

画像(017)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

Integer Display Scaling
画像(018)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Radeon Anti-Lag


 ゲームの操作遅延を低減する「Radeon Anti-Lag」は,2019年7月に導入となった機能だが,Adrenalin 2020では,Radeon RX 5000シリーズ以前のGPUにおけるDirectX 9のサポートを追加した。
 また,Adrenalin 2020では,Anti-Lagがドライバソフトのグローバル設定に組み込まれており,そこで有効に設定すると,インストールされているすべてのゲームで反映されるとのことである。

画像(019)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Image Sharpening


 ゲームの描画性能に対する悪影響を2%程度に留めながら,超解像処理によって画質の向上を図る「Radeon Image Sharpening」も,Adrenalin 2020で改良が行われた。具体的には,DirectX 11に対応するほか,鮮鋭化の適用量を調整したり,ゲームプレイ中に有効,無効を切り替えたりできるようになる。

画像(020)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Direct Media Filters


 Direct Media Filtersは,Microsoftの機械学習向け低レベルAPIである「Direct ML」をベースに,「Visual Noise Reduction」や「Upscaling Filter」を使って,画像や動画のノイズ低減やアップスケーリングを行う新機能だ。方向性は異なるが,機械学習を利用して映像を美しくするというのは,NVIDIAの「DLSS」に通じるところがあるかもしれない。

画像(029)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Streamingタブ


 Radeon Software Appの「Streming」タブは,ゲーム映像の実況配信を行う機能だ。Adrenalin 2020では,操作性を改善してさらに使いやすくなったという。

画像(030)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上


Tuningタブ


 Radeon Software Appの「Performance」に追加された「Tuning」タブは,GPUの設定を変更するオーバークロック向け機能である。初心者からベテランユーザーまで使いやすくなるように設計したとのことで,「Auto Tuning」機能やプリセットを用意したそうだ。

画像(031)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

 また,Performanceの「Metrics」タブでは,フレームレートやGPU温度などの情報をリアルタイムで表示,監視できるようになっている。

Metricsタブでは,ゲーム実行中のGPU使用率や動作クロック,電力状況などをリアルタイムでグラフ表示できる
画像(032)AMD,Radeon Softwareの大規模アップデート「Adrenalin 2020」を発表。新機能「Radeon Boost」で対応ゲームのフレームレートが向上

AMD公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Radeon Software

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月06日〜08月07日
タイトル評価ランキング
92
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
48
巨神と誓女 (BROWSER)
2020年02月〜2020年08月